Vol.17 様々な調からコード進行を借用して期待感を出し感情表現をするパズルのような曲。『A Dream Goes On Forever / Todd Rundgren』

公開日: : 最終更新日:2016/08/30 ANALYZE ,

A Dream Goes On Forever / Todd Rundgren

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

人間の寿命は平均で80歳くらいでしょうか。長いといえば長いですが、必ずしも寿命いっぱいまで生きれるとは限りません。

事故や事件、病気や災害などいつ人生が終わるかわかりません。

いつ終わるかわからない人生、その中で僕たちは何を残せるのでしょうか?

今回紹介するのはこの曲!

A Dream Goes On Forever / Todd Rundgren

なんとも切ない曲。邦題は『夢は果てしなく』ですね。短い曲でアウトロもなく、それでも心に深く残ります。

Todd Rundgrenはアメリカのシンガーソングライターです。

自分一人だけで家の中で楽曲を完成させる、一人宅録を早くにやり始めた人物ですね。多くの楽器演奏をするとても器用な人。

メロディメイカーの異名も持ち、ポップスからハードロックまで幅広くやっちゃうすごい人です。

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

A Dream Goes On Foreverの歌詞について

歌詞の一部を引用して見ていきましょう。

A million old soldiers will fade away
But a dream goes on forever
I’m left standing here, I’ve got nothing to say
All is silent within my dream
多くの兵士が亡くなっていくけど
この夢はいつまでも終わらないよ
僕はここで一人何も言わず
ただ静かな夢の中にいる

例題を出して自分の心境を説明しています。

兵士たちの平和への想いは、彼らが亡くなっても消えない。

残された僕たちもまた、夢と寄り添って生きているんだということですね。

A thousand true loves will live and die
But a dream goes on forever
The days and the years all go streaking by
But the time is stopped within my dream
多くの真実の愛が生まれては消えていく
でも夢は消えないよ
日々は駆け抜けていくけど
僕の夢は時を止めたまま

男女が別れても、その愛が語った夢は永遠だ。

だから未練が残る僕の時間もあのときのまま、思い出と夢の中で変わらずに君を想っている。そんな感じでしょうか。

We all have our everyday hopes and fears
And you’ll find no exception in me
But that doesn’t get me through a sea of tears
Over life’s biggest tragedy
みんな希望と悲しみの日々を送っていて
僕も例外じゃなくその中の1人さ
でも悲しみにくれることはないよ
人生においてそんな悲しいことではないよ

誰しもが希望を抱いて、そして果てて。みんなそうなんだから大丈夫と歌います。

今は人生最大の悲劇に見舞われたと感じているかもしれないけど、また良いことが起こるよと、ここでは励ましてくれます。

You’re so far away and so long ago
But my dream lives on forever
And how much I loved you you’ll never know
‘Til you join me within my dream
And how much I loved you you’ll never know
‘Til you join me within my dream
君はずっと遠くに、ずっと前にいなくなってしまったんだ
でも僕の夢は永遠なんだよ
どれだけ君を愛していたか
夢の中できっと分かるよ
どれだけ君を愛していたか
夢で会えたら分かってくれる

最後に君への想いを綴ります。きっと振られてしまって、でも忘れられずに彼女を思っているのでしょう。

夢の中では君に会えて、どれだけ愛していたかを伝えられるのに、もう君は帰ってこない。君という夢は永遠に帰ってこない。

そんな切ない歌詞です。

壮大なテーマでもあり、とっても個人的なことでもあり。

聴こえ方は様々だと思います。今の気持ちによって明るくも暗くもなる歌詞になっています。

歌詞を書く際の参考にしてくださいね。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

A Dream Goes On Foreverのコード進行について

コード進行を見ていきましょう。

ここでは、イントロ・コーラス・ヴァースとして考えていきます。

イントロ

イントロ1 譜面で
adgof1

キーエディターで
adgof2

A Dream Goes On ForeverのキーはCメジャーです。

Gm7→A7sus4→A7→Dm7→E7sus4→E7なのでⅤm7→Ⅵ7sus4→Ⅵ7→Ⅱm7→Ⅲ7sus4→Ⅲ7です。

途中に入るsus4コードはアクセントの役割なので、簡単にしたいならGm7→A7→Dm7→E7ですね。

セブンスコードは次へ進むためのセカンダリードミナントです。

頭のGm7は何かというと、簡単にしたGm7→A7→Dm7と弾くとわかると思いますが、Dマイナーのヨンゴーイチなんですね。

なので簡単にした後半のDm7→E7もAマイナーのヨンゴーです。

Cメジャーの曲なのですが、イントロ部分にはCメジャーのコード進行は使われていないんですね!

コーラスの頭へ向かうための、大きな大きな助走が行われています。

ヨンゴーイチの「イチ」に当たるコードが、次のヨンゴーイチの「ヨン」にすり替わるコード進行となっています。

マイナー感が強い助走ですね。

イントロ2 譜面で
adgof3

キーエディターで
adgof4

Am7→Am7/D→D7→Dm7/GなのでⅥm7→Ⅵm7/Ⅱ→Ⅱ7→Ⅱm7/Ⅴです。

場合によってはDm7/G→FM7/Gとして2拍ずつ弾いてあげるとレ→ミが美しく、歌い出しのガイドにもなります。

イントロ1ではマイナーキーの借用コード進行ばかりでしたが、イントロ2では一気に明るくなります。

Am7→Am7/D→D7、Am7/DはD7のリッチバージョンですから簡単にするとAm7→D7ですね。Gへ進むためのトゥーファイブです。

Dm7/GはG7のリッチバージョンですね、トニックであるCへ向かう、明るい期待感のある響きです。

やっとCメジャーで曲が始まるぞ! という期待と解放があるコード進行ですね。

イントロではDマイナー、Aマイナー、Gメジャーの借用コード進行で遠回りしてきました。

音楽理論的なコード進行ですので、このようなコード進行の作り方があるということを知っておくと応用が利くと思います。

コーラス

コーラス1 譜面で
adgof5

キーエディターで
adgof6

FM7→Em7→Dm7→E7→Am7なのでⅣM7→Ⅲm7→Ⅱm7→Ⅲ7→Ⅵm7です。

E7はAm7へ行くためのセカンダリードミナントですね。そこ以外はダイアトニックコードが並びます。

隣に移っていくのみ、最後に強進行と、イントロとは違い素直な流れです。

コーラス2 譜面で
adgof7

キーエディターで
adgof8

Gm7→C7→FM7→Em7なのでⅤm7→Ⅰ7→ⅣM7→Ⅲm7です。

Gm7→C7→FM7はFメジャーからの借用コード進行ですね、ニーゴーイチとなっています。

FメジャーはCメジャーの下属調であり近い調ですので、借用も違和感なく行えます。ほんのちょっとの浮遊感がありますよね。

そしてイントロで行われていたように、ニーゴーイチの「イチ」がCメジャーの「ヨン」に入れ替わり、終止感を与えることなくコード進行が続きます。

イントロ部分とは違い、取り入れやすい借用なので使ってみてはいかがでしょうか?

コーラス3 譜面で
adgof9

キーエディターで
adgof10

Dm7→G7→CなのでⅡm7→Ⅴ7→Ⅰです。

ここは素直なニーゴーイチですね。分かりやすい終止の仕方です。

歌詞の1節が終わりましたよの合図ですね、ここまでが一括りだよとコード進行でも丁寧に説明してくれています。

ヴァース

譜面で
adgof11

キーエディターで
adgof12

ヴァースに入っても、コード進行はコーラス2と3を繰り返すのみです。

ヴァースの最後だけ、コーラスにつなげるためにこのコード進行が入ります。

A7sus4→A7→FM7/G→G7なのでⅥ7sus4→Ⅵ7→ⅣM7/Ⅴ→Ⅴ7です。

A7sus4→A7はDへ進むためのセカンダリードミナントです。

他の部分ではありませんでしたが、このA7sus4→A7の部分のみメロディーもドとファにシャープが付き、Dメジャーになっています。

歌詞は『人生においてそんな悲しいことではないよ』となっていまして、ちょっと楽観的になっている部分ですよね。

そこの部分だけ長2度上のDメジャーで歌い、そしてすぐCメジャーに戻ってきてしまう。一時的な空元気だったようです。明るいのに、それがかえって悲しいですよね!

内声がレ→ド#→ド→シと半音で下降してくる美しいコード進行です。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

借用ばかりですが、この浮遊感がトッドの特徴だと言われています。

人の気持ちは1つのキーじゃ歌いきれないよって言われてるみたいです。

複雑な愛をさらりと歌うTodd、かっこいい。

この曲を演奏してるトッドの中で好きな動画はこちら。

画質も音質も悪いけど、ピアノだけで切なく歌うTodd。うっとり。

そしてギター1本でカヴァーしてるこちらもおすすめ!
>>>https://www.youtube.com/watch?v=MhDP-k7hxVo
埋め込み禁止なので、ぜひYouTubeで見てください。こんなに切ないギターカヴァーがあったでしょうか。美しすぎる...

GANO

Todd Rundgrenから影響を受けている人

Vol.14 短3度上のキーから和音を借用し、スムーズに元のキーに戻るコード進行。『Let Me In / Benny Sings』
Let Me In / Benny Sings どうも、GANO(@Past_Orange)です。 映画やドラマなどの物語では、かっこいい二枚目キャラよりちょっとドジな三枚目キャラに惹かれます。 三枚目キャ…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.122 ディスコソングらしい繰り返すためのコード進行。『Take Your Time (Do It Right) / S.O.S. Band』

Take Your Time (Do It Right) / S.O.S. Band どうも、GA

記事を読む

Vol.39 呑気な日々を送れるのは、戦いが終わったからなんだ。『Saturday in the park / Chicago』

Saturday in the park / Chicago どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.70 JazzとDrum’n Bassの融合『I’ve Been Hit / Kudu』

I've Been Hit / Kudu どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.25 動かないベース音は心の底でくすぶっている強い想い!『Shout / Tears For Fears』

Shout/Tears For Fears どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.131 近親調から”トゥーファイブワン”を借用して終止感を薄めるディスコサウンド。『Back Seat Lover / Mayer Hawthorne』

Back Seat Lover / Mayer Hawthorne どうも、GANO(@Past_

記事を読む

Vol.94 君がいるだけで毎日が心地良くなるね。『Breezy / Wouter Hamel』

Breezy / Wouter Hamel どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.111 悲しい過去と明るい未来の間にある前向きな感情。『ファビュラス / ビッケブランカ』

ファビュラス / ビッケブランカ どうも、GANO(@Past_Orange)です。 悲しい

記事を読む

Vol.107 終わらない夏が怪しく誘う。『The Bay / Metronomy』

The Bay / Metronomy どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.80 足を踏み鳴らせ!踊り狂おう!!明るいダンスナンバー。『Move Your Feet / Junior Senior』

Move Your Feet / Junior Senior どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.31 怒りながら「大好きよ!」って言っているところが女心の難しいところ。男はいつも翻弄される『Man In The Middle / Roos Jonker』

Man In The Middle/Roos Jonker どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑