Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Because We Can / Fatboy Slim

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

5年ぶりに復活となった漫才日本一を決める年末のお祭り、M-1グランプリ。皆さんご覧になられたでしょうか?

M-1グランプリは第1回より欠かさず見ていますが、5年ぶりの復活となった今回も良かった!

たった5年なのに「漫才」の形はこうも変化するのかと驚かされましたね。

 

話は音楽に。

M-1グランプリで常に印象に残るのは漫才師達が壇上に現れる祭の出囃子の曲ではないでしょうか?

「ケセガンガンガンガンガンガンガンガンガーン!!オォーオォ!オォーオォ!」

ってやつ。

今回紹介するのはそのM-1グランプリ出囃子曲!

Fatboy Slim – Because We Can

ビック・ビートといえばこの人、Fatboy Slimです。勢いあふれる出囃子の曲はFatboy Slimだったんですね〜。

さて、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Because We Canの歌詞やコード進行など

Fatboy Slimはトラックメイカー・DJであるため、打ち込みとサンプリングを用いて楽曲を制作します。

そしてベーシストでもあるので生演奏もそこに混ぜたりしまして、ジャンル分けは非常に難しいです。

デジタルなサウンドとロックなサウンドが混ざった楽曲、踊れればそれでいいと言わんばかりのお祭り騒ぎな曲がFatboy Slimらしいですね!

だからね、今回は歌詞もコード進行もなし!そこに意味はありませんから!!

Because We Can
Yes We Can
Everybody Can

だってできるじゃん!できるよ!!みんなできるぜ!!!みたいな歌詞なんですよ。訳す意味もないでしょ?

M-1グランプリでの「ケセガンガンガンガンガンガンガンガンガーン!!」は「Yes We Can Can Can Can Can Can Can Can Can!!」って言ってるんですね。

コード進行においても、FとB♭のみ!

もう別に歌詞とかコード進行とか、そういった曲ではないんです。

行け行け!!面白い漫才かましたれ〜!!って曲でいいと思います!

M-1グランプリの出囃子にこの曲を選曲した人が素晴らしいですね。

スポンサーリンク

最後に

例えば忘年会や新年会、2次会の席にてM-1グランプリのパロディをやろうって時にはBecause We Can / Fatboy Slimをぜひ使ってください!

曲が流れただけで「あ!M-1グランプリの曲だ!!じゃあ漫才やるんだな!!」ってなりますので、説明不要です。

GANO

「おはようございま〜す」でこの曲もいける!

Vol.22『 Private Eyes / Daryl Hall & John Oates 』
Private Eyes / Daryl Hall & John Oates どうも、GANO(@Past_Orange)です。 Daryl Hall & John Oates Daryl…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

コード進行パターン表

コード進行パターン表について どうも、GANO(@Past_Orange)です。 2016年

記事を読む

Vol.132 DiscoからWest Coast Hip Hopの流れをオマージュした1曲。『24K Magic / Bruno Mars』

24K Magic / Bruno Mars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.35 恋愛において「男はフォルダ保存、女は上書き保存」はフランス人も一緒?!『Crush! / Tahiti 80』

Crush! / Tahiti 80 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 恋

記事を読む

Vol.44 私たちは最高の愛を手に入れたのよ!『Best Of My Love / The Emotions』

Best Of My Love / The Emotions どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.57 コールセンターでのイライラの曲です。『Thanks For Your Time / Gotye』

Thanks For Your Time / Gotye どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.76 夢を追いかけたい、だから君とはいられない。『Pots Of Gold / Mamas Gun』

Pots Of Gold / Mamas Gun どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

Vol.87 フリジアン・スケールで怪しく問う。『What Do You Want? / Gotye』

What Do You Want? / Gotye どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.139 6/4の大きなノリが1つのコード進行を怪しく感じさせる。『King And Cross / Ásgeir』

King And Cross / Ásgeir どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.85 巡り巡ってやっと君と出会えたよ。『Runnin Around / Zak Waters』

Runnin Around / Zak Waters どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

Vol.121 一時転調とコードのスライドによって気持ちの高ぶりを表現する1曲。『Don’t Take Your Time / Roger Nichols & The Small Circle of Friends』

Don't Take Your Time / Roger Nichols & The Sma

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑