畑尾大翔(ハタオヒロト)という男

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 BLOG

畑尾大翔(ハタオヒロト)という男

男子サッカー日本代表監督にアギーレ監督が就任して1ヶ月。
代表戦はわずか2試合ですが、どうやらディフェンス面で悩みがち。
そんなアギーレにはこちら!

hiroto

ヴァンフォーレ甲府 畑尾大翔(ハタオヒロト)
ポジションはDF、身長は183cm
>>>公式プロフィール

FC東京U-18から早稲田大学に行き、病と戦いながらも常にサッカーをやってきた熱い男です!
そんな彼がとうとうプロになりました!
とても嬉しいので載せちゃいます。
サッカーに関しての詳しい情報は他のところでいくらでもあるから、
それ以外の部分を。迷惑だったら消します。

スポンサーリンク


彼は僕の高校の同級生で、2年のときに同じクラスになって仲良くなりました。
当時から身長あったしFC東京に所属してたからガタイMAXだった。
性格はすごい真面目、すっごい真面目。
あとデカイくせにすげぇ几帳面、細かい。
机の角にピッタリと教科書と筆箱そろえるような細かさ。しかもズラすと怒る。
この真面目で几帳面なところがプレイスタイルにも出ているのではないでしょうか。
すごいストイックで自分を追いつめるタイプのようにも感じました。

あとすごいリーダー体質だと思った。クラスのまとめ役というか、学年もまとめる感あったな。
しっかり周り見てるし、指示もガンガン出してくる。
でもしっかり自己主張もしてくる。プライドも強く持ってるので頑固なところもある。
強い意志というのはプロとして大事ですよね。彼にはそれがある。

怒ると怖い。

恋バナとか好き。

スポンサーリンク

st
この前柏レイソル戦を観戦しに行ったのですが、
中々プロ入りしたてでベンチ入りもギリギリな状態。(と聞いていました)
練習風景だけかなと思いきや、なんと途中出場!まさかのデビュー戦!
結果は0−3で負けてしまいましたが、ヒロトのデビュー戦を見れて僕は大興奮でした。

と、なんともまとまりない文章だけども、
アギーレ監督!アグレッシブなDF
畑尾大翔いますよ。

GANO

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

好きな物・事を否定されてもふくれないで。チャンスって考え方もあるよ

好きな物を否定されてもふくれないで どうも、GANO(@Past_Orange)です。 みな

記事を読む

ワードプレスが真っ白になってログインもできない状態に。そのとき気が付いたブログの大切さ

ワードプレスが真っ白になってログインもできない状態に どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

人生はゲーム!自分というゲームが楽しくて他のゲームが手につかない

ゲームが好き どうも、GANO(@Past_Orange)です。 僕は昔から引きこもり気質で

記事を読む

それを聴くならこれを聴け!とか、ルーツを辿れよ!とか。とりあえず気にしなくていい。

ルーツは辿らなくていい どうも、GANO(@Past_Orange)です。 音楽の趣味は千差

記事を読む

バレンタインデーBGM作成

バレンタインデーBGM作成 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 フリーBGM

記事を読む

友達の「応援してるよ」は「興味ないです」の裏返し。誰もあなたを見ていない

友達の「応援してるよ」は「興味ないです」の裏返し。誰もあなたを見ていない 音楽活動をしていますと公

記事を読む

GANOは結婚しました! 作詞作曲編曲・Webライティング・ブログ・八百屋など頑張っていきます

GANOは結婚しました! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 フリーランスと

記事を読む

2016年5月報告。ブログ3.5万PV、収入16.3万円。お金が入るようになると逆に冷静になる

2016年5月報告。ブログ3.5万PV、収入16.3万円 どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

説明好きな奴ほどブログを書いた方がいいって話

説明好きはブログで発散 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 人にはそれぞれ好

記事を読む

2016年4月報告。ブログ2.9万PV、収入20.1万円。Webライター業をスタートしました。

2016年4月報告。ブログ2.9万PV、収入20.1万円 どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑