Vol.99 レゲエの発音とエレクトロサウンドが怪しく絡む。『Go Shoppin’ / Bran Van 3000』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Go Shoppin’ / Bran Van 3000

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

音楽ジャンルには土地名がついたものも多くあり、それだけ地域によって音楽カラーが出ているわけです。

それは音色だったりリズムだったり発音だったり。ジャンルごとのその独特の表現が組み合わさるとなんとも言えない中毒性が出たりします。

今回紹介するのはこの曲!

Bran Van 3000 / Go Shoppin’

怪しい、なんだかとっても怪しい!

この怪しさがどうも癖になってしまいます。

歌詞がうまく聞き取れなくてどこの言葉かな〜と思ったら英語なのね。

めっちゃ訛ってます。これってレゲエの発音ですね!エレクトロサウンドにレゲエの歌が乗っかることで癖があり中毒性を増しています。

Bran Van 3000はカナダのグループ、主にエレクトロニカ系を作曲していますね。

そしてボーカルとして参加しているのがジャマイカのEek-A-Mouse。

僕ら日本人の知っているレゲエは明るくハッピーでちょっと早口な歌い方ですよね。

そのレゲエの歌い方をエレクトロに取り込むことでなんとも言えない中毒性を出しています。

さて、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Go Shoppin’の歌詞について

ファラミゴショッペニエ〜ンな歌詞ですが、英語ですよ!!

気になる部分を引用しますね。

Follow me go shopping
Me go shopping
Gonna follow me go shopping
Then me go shopping with you
買い物に行こうよ 僕と一緒に
さぁ一緒に買い物に行こう
君と買い物に行きたいんだ

訛ってますね〜。Diana KingのShy Guy思い出しますね。

さて繰り返されるこの部分、やたら買い物に誘ってきます。ただ誘ってきてるだけなんだけど、曲と相まってめっちゃ怪しい。

え、なんでそんな買い物誘ってくんの?他に目的がありそう

And now I love her so much
She was smooth and never rough
She use her tongue like a paint brush
そして今僕は彼女をすっごく愛してる
彼女はとても肌触りがスベスベで全然ザラザラしてなかったよ
彼女は舌を筆のように使うんだよ

おぉどうしたいきなりなんだかエロティック!
肌の質感は握手とか?肩組んだりとかで無理矢理確かめることができますが、舌使いはどうかな。
ペイントの筆みたいに舌を使うのか彼女は、そうか。なぞる感じでねぇ〜

I told her not to kiss him
But she wouldn’t listen
On my back she bit and
On her chest my name written
Just below her nipple
Her stomach filled with ripple
僕は彼女に他のやつとキスするなって言ったけど
彼女は聞かないだろうな
彼女は僕の背中に噛み付いて そして
彼女の胸の上に僕の名前を書いた
ちょうど乳首の下あたりにね
彼女の胃の中は波紋でいっぱいになったよ

キスするなよ!と注意しなければいけない相手ですので、元から複数の男性と関係を持っていたのでしょう。モテモテな彼女ですね、筆のように使うし。

胸の上に名前を書くって何ですかね。何で書くのでしょう?僕の名前というか、僕から出たもの??

波紋が出るってことは液体ですよね、胃の中ってことは飲んでますね。飲んでるよ液体を!!

舌を筆のように使って、液体を飲んでますね。何だか、熱くなるものがあります!

結局何を買いに行きたかったんでしょう。意味深になってきますよね!

スポンサーリンク

Go Shoppin’のコード進行について

コード進行は1パターンになります。

譜面で
go shoppin1

キーエディターで
go shoppin2

Bマイナーの曲です。Bm→A→G→F#mなのでⅠm→Ⅶ→Ⅵ→Ⅴmです。

ダイアトニックコードを一音ずつ下降させていっただけのコード進行です。シンプルですね!

最後のコードF#mをF#にしてBmへ進むためのドミナントにしたいところですが、この曲ではF#mが使われています。

F#を使えばもっと繰り返したい意志を感じられるのですが、そこはさらっとF#m。ガツガツしてないですね。

楽曲が淡々と買い物に誘っているだけなので、あまり強い進行は合わないのかもしれません。

ⅤmにするかⅤにするかでカラーが変わってきますね!

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

Go Shoppin’はTOYOTA WINGROADのCM曲で知りました。

怪しさとか泥臭さを楽曲が演出してますね。当時耳から離れませんでしたよ!

他ジャンルの掛け合わせで癖になる楽曲を作ってみてはいかがでしょうか?

GANO

JazzとDrum’n Bassの掛け合わせは如何でしょう?

Vol.70 JazzとDrum'n Bassの融合『I've Been Hit / Kudu』
I've Been Hit / Kudu どうも、GANO(@Past_Orange)です。 以前JazzにDrum'n Bassを組み合わせてポップスに落とし込んだイギリスのBen Westbeechを取り上げ…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.46 真夏に起こる切ない雪のラブストーリー。『Snow Men / 星野源』

Snow Men / 星野源 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 7月21日

記事を読む

Vol.87 フリジアン・スケールで怪しく問う。『What Do You Want? / Gotye』

What Do You Want? / Gotye どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.24 適度な借用がアクセントに。サビのコード進行がオシャレでクセになる!『オドループ / フレデリック』

オドループ/フレデリック どうも、GANO(@Past_Orange)です。 最近『フレデリ

記事を読む

Vol.41 悲しい日々を送っていても、いつか幸せがやってくるよ!『Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas』

Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas

記事を読む

Vol.101 複雑なコード進行、展開を感じさせない美しいメロディ。『What A Fool Believes / The Doobie Brothers』

What A Fool Believes / The Doobie Brothers どうも、GA

記事を読む

Vol.67 もう1杯飲んだら欠点も見えなくなるぜ。『One More Drink / Ludacris feat.T-Pain』

One More Drink / Ludacris feat.T-Pain どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.126 マイナーキー、スリーコードのみでコード進行を展開。痛みを感じるネオソウル。『Fool To Love / Nao』

Fool To Love / Nao どうも、GANO(@Past_Orange)です。 喜

記事を読む

Vol.50 ディスコを今風ポップにアレンジ!『Wrapped Up feat. Travie McCoy / Olly Murs』

Wrapped Up / Olly Murs どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.57 コールセンターでのイライラの曲です。『Thanks For Your Time / Gotye』

Thanks For Your Time / Gotye どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.48 恋の病にかかってしまった!楽しそうだから良しとす。『LUV PANDEMIC / TOWA TEI』

LUV PANDEMIC / TOWA TEI どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑