Vol.107 終わらない夏が怪しく誘う。『The Bay / Metronomy』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

The Bay / Metronomy

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

夏が近づいていますね。冬よりも夏が好きな方は海にでも遊びに行くのでしょうか?

その夏が永遠に終わらなかったら、まだ夏を好きでいるのでしょうか?

今回紹介するのはこの曲!

Metronomy – The Bay

イギリスのエレクトロ・ポップバンド Metronomyの怪しい1曲です。

スッカスカアレンジですし、ざらついたシンセ音が不穏ですよね。

古臭ささえ感じてしまいます、なんだこの魅力は!!

歌詞とコード進行を見ていきましょう!!

スポンサーリンク

The Bayの歌詞について

難解な歌詞を引用して見ていきましょう!

You may have the money
But you’ve got to go
It’s sensible
It’s sensible
And those endless seasons
That go on and on
Incredible
もし君がお金を持っていたら
いや無くても行かなきゃならない
これは定めみたいなものさ
そして終わりのない季節に
進み続ける
素晴らしいことだね

う〜む。The Bayですので、MVもありますし夏の歌だと思うのですが。

終わりのない季節とは、夏本当に終わるのかよ!みたいに感じることあるじゃないですか、それみたいな感覚のようにも思えるし、人間の感情のことにも思える。

夏しかない場所でしょうか、リゾート地ですよね。

どうしてもそこに来てしまう、運命のようなことを歌っているような。

But I’d sooner get out
And remember where we went last year
You said everything about it moved on your career
If you want to go
I’ll take you back one day
でも僕はすぐに逃げ出すよ
去年僕らがどこに行ったか覚えているかい
君は今までどのように生きてきたかを話した
君が望むなら
また君を連れて行こう

耐えられなくなって主人公は逃げ出してしまうんだけど、それでもまた君に言われたら戻ってきてしまう。

恋仲のような関係にも思えますが、それよりもっと、『君』は怪しい存在な気がします。

魔性の女でしょうか?

Because this isn’t Paris
And this isn’t London
And it’s not Berlin
And it’s not Hong Kong
Not Tokyo
If you want to go
I’ll take you back one day
It feels so good in the bay
It feels so good in the bay
なぜならここはパリじゃない
ロンドンでもベルリンでも
香港でも東京でもない
君が望むのなら
また連れて行くよ
入り江は最高さ

ここは世界各地の有名な都市ではないから、人もいないし自由だよ。と

この空間は最高だぜって歌ってます。怪しい、何て怪しいのだ。

You may have the body
But do you have the song?
Let’s make this happen
Let’s make this happen
And those endless beaches
That go on and on
It’s magical
君は大人だ
でも歌も歌えるだろ?
さぁ事を起こそう
終わりのない砂浜に
進み続けて
なんて不思議なんだ

君は大人だけど、子供のように歌って踊ることもできる。いろいろなことができるって意味ですね。

いろいろしちゃおうぜって、エロいですね。どこまで行っても砂浜で、ずっと夏。

映画インセプションの虚無のような異常性を感じてしまいます。

だからIncredibleでMagicalなのでしょう。竜宮城のような場所を歌っているのではないでしょうか?

難解です。ダメだと分かっていながらも取り憑かれてしまう魔性の女を相手にした曲ではないでしょうか。

怪しい!

スポンサーリンク

The Bayのコード進行について

ではコード進行を見ていきましょう!

今回はヴァースとコーラスで見ていきたいと思います。

ヴァース

ヴァース 譜面で
thebay1

キーエディターで
thebay2

キーはF#マイナーです。

F#m/C#→F#m/B→DM7→A→F#mなのでⅠm/Ⅴ→Ⅰm/Ⅳ→ⅥM7→Ⅲ→Ⅰmです。

トニックの第2展開形から始まったり、分数コードだったりとやや分かりづらいコード進行かと思います。

これはキーエディターを見てもらうと分かりやすいのですが、ド#とラが鳴っている状態を保っているからなんですね。

ベースラインが動いていますが、F#mのワンコード的な感覚なのではないでしょうか。

サウンドはエレクトロですので、ドローンとかペダルポイントとはまた違う(本来これらはベース音として使われる)、シグナルのような印象です。

ベースがはっきりと動くのに対し、上に乗っかる和音はつかみどころのないフワフワした小さなシンセ音。

乗っかる和音が表情で、ベースが感情なら、常に真顔なのに心の中ではいろんなことを考えている。

そんな怪しさが感じられるコード進行です。

コーラス

コーラス1 譜面で
thebay3

キーエディターで
thebay4

D→Bm→C#なのでⅥ→Ⅳm→Ⅴです。

コーラスに入ると先ほどまで変わらなかった表情が変化しだしました!

最後のC#が怪しさを出している犯人ですね。

D→Bmではレとファ#が共通音として保留されていますが、C#ではどちらも半音で下降します。

特にファはF#ハーモニックマイナーで出てくる音です。

C#はダイアトニックコードではありますが、半音の移動が強調されることでより違和感のある存在となっています。

コーラス2 譜面で
thebay5

キーエディターで
thebay6

D→Bm→F#m→EなのでⅥ→Ⅳm→Ⅰm→Ⅶです。

今度はC#の代わりにF#m→Eを使っています。

このコード進行だけ聴くと終止感の薄い循環コードですよね。

コーラス1の次にこのコード進行が出ることで、哀愁のようなものを感じます。

安心感があるのですが、その安心感がコーラス1を聞いた後にくるため、信用できない。

展開も音数も少ないのに違和感が出せる流れ。センスあるなぁ!

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

歌詞、コード進行ともに不確かで掴みどころのない内容となっています。

でも、なんだかわからないけど快楽に流されてしまう、そんな感情を表現しているとも感じます。

快楽に脳みそがやられてしまうのか…

GANO

避暑地に行きたい…

Vol.34 なんだか最近暑くなってきたから、これ聴いて涼しくなろうぜ『Eple / Röyksopp』
Eple / Röyksopp どうも、GANO(@Past_Orange)です。 僕は冬より夏が好きです。日本は春と秋の期間が短すぎてほぼ『寒い!』か『暑い!』しか言ってないようだけど、でも仕方ないです。 …

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.91 流行とか世代じゃなくて、君と話すのが好きなんだ。『Young Folks / Peter, Bjorn & John』

Young Folks / Peter, Bjorn & John どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.108 宇宙に放り出された宇宙飛行士の、恋人への想い。『See You Again / GANO』

See You Again / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.23 ミニマル・ミュージックってどんな気持ちで聴けばいいの?僕は「ミニマル=生活」だと思う『Electric Counterpoint / Steve Reich』

Electric Counterpoint/Steve Reich どうも、GANO(@Past_

記事を読む

Vol.3 1つのコード進行がループするディスコリバイバルな1曲。『Get Lucky / Daft Punk』

Get Lucky / Daft Punk どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.1 Ⅴ7の代わりにⅣ/Ⅴを使って上質で柔らかい響きに。『Rock With You / Michael Jackson』

Rock With You / Michael Jackson はじめまして、GANO(@Past

記事を読む

ここまでのGANO’s ANALYZEをListbandでおさらい。

ここまでのGANO's ANALYZEをListbandでおさらい。 どうも、GANO(@Past

記事を読む

Vol.132 DiscoからWest Coast Hip Hopの流れをオマージュした1曲。『24K Magic / Bruno Mars』

24K Magic / Bruno Mars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.22『 Private Eyes / Daryl Hall & John Oates 』

Private Eyes / Daryl Hall & John Oates どうも、GANO(

記事を読む

Vol.138 怪しさとヒネくれで進みコーラスでは急に素直になるコード進行。『Universal / Nate James』

Universal / Nate James どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.96 まっすぐな表現が可愛らしい曲!『Heartbeat / tahiti 80』

Heartbeat / tahiti 80 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑