Vol.141 すれ違う2つの心を、コード進行が優しく包む。『One Of These Hearts / Benny Sings』

公開日: : ANALYZE ,

One Of These Hearts / Benny Sings

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

恋愛での男女のすれ違いは必ず起こります。起こらないカップルがいたらどうしてそうなるか教えてほしいね。

すれ違いで生まれた亀裂を修復するのは難しい。どちらかが歩み寄らないといけません。

今回紹介するのはこの曲!

Benny Sings – One Of These Hearts

オランダのシンガーソングライター、Benny Singsの2015年の楽曲です。

Album「STUDIO」からのシングルカットとなりますね。リリックビデオとしてMVが制作されています。

Benny Singsらしい優しく語りかけるような曲となっていますね。

男性がなにやら険しい表情で紙をペラペラめくるMVですが、どんな内容なのでしょうか?

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

One Of These Heartsの歌詞について

歌詞の一部を引用して見ていきましょう。

One of these hearts
Is breaking apart because it knows
One of these hands
Is ‘bout to let go
Most of these words
Will come out all wrong and some too late
Cause one of these hearts
Has went its own way
どちらかの心は、知ることで粉々になって
どちらかの手は、離れていく
言葉たちの多くは間違いで、そして遅れて出てくる
だからどちらかの心は、自分のやり方で行ってしまうんだね

「One of these」でどちらか1つって意味ですね。この場合は男女どちらかはって意味になります。

仲良しだった2人が何かをきっかけに関係悪化、言葉は役立たずでうまくいかない。

だから2人はすれ違ったまま離れていってしまうんだねと、その状況自体を説明しているようです。

One of these days
One of these minds
Will not look back it will be made up
And it’ll take time
Before one of these hearts
Picks itself up and then
Skips a beat again
あの日やあの時の気持ちには戻れはしないし修復するには時間がかかるけど
あの頃の気持ちを思い出して
もう一度心を躍らせようよ

“One of these days One of these minds”は別の意味でも訳せますが、ここでは流れに沿ってあの日やあの時の気持ちとしてみました。

時は戻せないし、関係を修復するにも時間がかかってしまうけど、また仲良くやっていこうよと説得しています。

あの頃に戻るのではなく、傷を癒し理解しあって前進しようと話しかけます。

One of these hearts
Can no longer take the weight of love
Still one of these hands
Tries to hold on
Some of these tears
Will run out but most will flow in vain
Cause one of these hearts
Has went its own way
どちらかの心は、愛の重さに耐えられなくなっているのに
どちらかの手は、まだ強く握ろうとする
流れる涙の多くは、枯れて、でもまた流れようとして
だからどちらかの心は、自分のやり方で行ってしまうんだね

愛情のバランスが悪く偏っていて、強引に引きつけようとする側とそれが嫌で離れる側。悪循環にはまってしまったようにも感じます。

枯れたはずの涙もまた溢れてきて、耐えられずに離れてしまう。

う〜ん、説得は果たしてうまくいくのでしょうか?

よりを戻そうと語りかける内容となっています。

歌詞を書く際の参考にしてくださいね。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

One Of These Heartsのコード進行について

ではコード進行を見ていきましょう。

ここではヴァース・コーラスと考えていきます。

ヴァース

譜面で

キーエディターで

One Of These HeartsのキーはFメジャーになります。

FM7→B♭M7→C→Dm7→Gm7→Gm7/CなのでⅠM7→ⅣM7→Ⅴ→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅱm7/Ⅴです。

少し長いですが、流れが綺麗なのでこれで1つと考えます。

B♭M7→C→Dm7では、Cはパッシングとして入っているのでなくても良いです。

ただCが入るだけで順序立ててしゃべっているような、丁寧な歩みを感じますね。C7やCM7など7thを加えるとイメージが変わってしまうのでご注意を。

Dm7以降も強進行するのみですね。Gm7/CはC7の代用です。

C7だと強烈にトニックに戻りたくなるところを、分数コードを使うことで柔らかくほぐしています。

丁寧で美しいコード進行です。

コーラス

コーラス1 譜面で

キーエディターで

B♭M7→Am7→Gm7→A7→Dm7→Dm7/CなのでⅣM7→Ⅲm7→Ⅱm7→Ⅲ7→Ⅵm7→Ⅵm7/Ⅴです。

4度のB♭M7からダイアトニックコードを下降してきて、2度のGm7で切り返すコード進行です。

Am7を聴かせた後、Gm7を挟んでDm7へ進むためのセカンダリードミナントであるA7が現れるため、対比となりよりA7が切なく聴こえます。

最後のDm7/Cはベースをレ→ドと動かして頭のシ♭へスムーズにつなげるために挿入されています。

繰り返し使えるコード進行ですね。

A Dream Goes On Forever / Todd Rundgrenでは、似ているコード進行を使っています。

Vol.17 様々な調からコード進行を借用して期待感を出し感情表現をするパズルのような曲。『A Dream Goes On Forever / Todd Rundgren』
A Dream Goes On Forever / Todd Rundgren どうも、GANO(@Past_Orange)です。 人間の寿命は平均で80歳くらいでしょうか。長いといえば長いですが、必ずしも寿命い…

コーラス2 譜面で

キーエディターで

B♭M7→Am7→G7→Gm7/CなのでⅣM7→Ⅲm7→Ⅱ7→Ⅱm7/Ⅴです。

コーラス1と似たコード進行でして、コーラス1があってこそ威力がでると言えます。

G7はCへ向かうためのセカンダリードミナントですね。実際はCではなくGm7/Cですが、ドッペルドミナントだと言えます。

Gm7が来るべきところにノンダイアトニックコードであるG7がくるで、緊張感を与えることができます。

その緊張をGm7/Cで優しくほぐす、そんな流れのコード進行です。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

優しい楽曲の中には、優しく語りかけるような内容がありました。

これを読んでからもう一度MVを見ると、最後の最後に女性が立ち上がったかのような目線を男性が送っています。

女性は男性の元へ駆け寄ったのか、それとも説得が通じず部屋から出て行ってしまったのか。

あなたはどちらだと思いますか?

GANO

Benny Singsの過去曲はこちら

Vol.58 魔法が見せる夢なのか、それとも現実なのか。『Can You Believe It's Magic / Benny sings』
Can You Believe It's Magic / Benny sings どうも、GANO(@Past_Orange)です。 毎晩眠りにつくのに、眠る瞬間っていつなのか分かりませんよね。僕は結構一瞬で眠り…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.28 渋さがさらに切なさを強調する、嘆く男の失恋歌。『美しく燃える森 / 東京スカパラダイスオーケストラ』

美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.12 ヌルッと4回も転調する浮遊感のある大人な曲。『A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne』

A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne どうもGANO(@

記事を読む

Vol.143 大雑把なコード進行で美しさよりも大胆さ、流れを重視した曲。『Kids / MGMT』

Kids / MGMT どうも、GANO(@Past_Orange)です。 家族とのつながり

記事を読む

Vol.6.5『サンプリングってなに? Daft Punk編』

サンプリングってなに? Daft Punk編 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.11 流れるようなベースラインが明るさと怪しさを共存させる。『D.A.N.C.E. / Justice』

D.A.N.C.E. / Justice どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.133 2コード、1小節のループでも成立するかっこよさ。『Be (intro) / Common』

Be (intro) / Common どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.51 世間とはずれているかもしれないけど、僕は先を行っている!『Jerk It Out / Caesars』

Jerk It Out / Caesars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.55 さぁ踊ろう、君も一緒に!!『Do It / Tuxedo』

Do It / Tuxedo どうも、GANO(@Past_Orange)です。 今回は、先

記事を読む

Vol.29 嘘もホントも酸いも甘いも、すべて僕のことなんだ。優しく寄り添って歌う『フィルム / 星野源』

フィルム/星野源 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 4月より星野源の所属事

記事を読む

Vol.70 JazzとDrum’n Bassの融合『I’ve Been Hit / Kudu』

I've Been Hit / Kudu どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑