Vol.27 甘い歌声であなたを誘う!少しだけ上品に踊りたい。『Ballroom Girl / Tuomo』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Ballroom Girl / Tuomo

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

「なんかピアノ弾きながら歌ってよ!」などと言われたときに、困った経験はないですか?エレガントに弾けるほど上手くもないし、かと言って有名すぎるものは原曲との差でガッカリされる。

そんなときに使えるのが今回の曲のコード進行です。ちょっとオシャレで、ほぼ白鍵のみ。そして繰り返し弾いても気持ちが良いコード進行です!

 

今回動画が見つからず、試聴リンクの埋め込みも分からずなので、ウィジェットを貼り付けます!だれか試聴の埋め込み方教えて〜

Ballroom (9曲目です!わかりづらくてごめんなさい!!)

 

フィンランドのジャズピアニスト、Tuomoの楽曲です。バンドの際はジャズを中心としてやっているのですが、ソロになると急に歌い出し曲もソウル系が多めです。

非常に歌が色っぽくて、もうちょっとメジャーになってもいいとは思うのですが、フィンランドという土地柄出てくることも困難なんでしょうか。

 

ちなみにこのアルバムのリード曲『Don’t take it too hard』のMVの舞台は日本の新宿です!なぜ!!

なんで日本で撮ってるのかわからないぜ...楽曲自体はカーティス・メイフィールドみたいでしょ。

スポンサーリンク

歌詞について

大まかに訳すと『君をダンスに誘う歌』です。最近の曲でダンスに誘うというと、クラブでテクノやハウスなどのダンスミュージックに酔っ払いながら踊るイメージがついてしまいますが、

Ballroomは舞踏場という意味になり、社交ダンスパーティーに誘う曲だと思ってください。サビ内でも『タンゴ』や『チャチャチャ』と出てくるので、少し高貴なイメージですね。

 

小さい頃からずっと好きだった
最高のドレスを着て踊りに行こう
君のステップを見せてよ
そして僕に生きること、愛することを教えて
一晩中踊ろう!

 

と、こんな感じ。これは前半部分でして、後半になるとどんどん気持ちは高ぶって『Take Your best dress off,girl』なんて言っちゃうます。

 

いやさっき着ろ言ったのにもう脱がすんかい!!

 

この一言からだんだんとBallroom girlからBedroom girlになります。『名前を呼んで!』とか『回って!』とか、全部卑猥な意味に聴こえてきます。

やはりソウル系のダンスナンバーは2つの意味合いを持たせるものが多いですね。

スポンサーリンク

コード進行について

コード進行は4つのコードを4小節で回していきます。
tuomo1

この進行の肝は、セブンスコードの後に強進行せずに進むところです!

Dm7→G7ときたらCに行きたいですが、しっとりとAm7に。C7を借用してきたらFへ行きたいですが、ここもしれっとDm7に戻ってきます。この循環がオシャレですよね。

さらにC7だけB♭の黒鍵が出てきますが、それ以外は白鍵のみで演奏できるので余りピアノが得意じゃない人もすぐに弾けます!簡単でオシャレ、これを使って女の子をダンスに誘えばうまくいくかも

コード進行からの作曲

こちらのコード進行を使ってBGMを作ってみました。

ロイヤリティーフリー、フリーダウンロードです!2次使用にどうぞ!

フリーBGM素材「Cocktail,Shoes」by GANO DOVA
「Cocktail,Shoes」by GANO ニコニ・コモンズ

最後に

社交ダンスからベッドの上のダンスへ誘う歌詞と、4小節の循環コードが色っぽい曲です!

演奏に行き詰まった際は、使ってみてはいかがでしょうか?

GANO

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.43 可愛いあの娘を僕のものにしたい。だって可愛いからね!『Make Her Mine / Hipster Image』

Make Her Mine / Hipster Image どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.57 コールセンターでのイライラの曲です。『Thanks For Your Time / Gotye』

Thanks For Your Time / Gotye どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.46 真夏に起こる切ない雪のラブストーリー。『Snow Men / 星野源』

Snow Men / 星野源 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 7月21日

記事を読む

Vol.149 価値あるものはのし上がらないと分からない。『Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris』

Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris

記事を読む

Vol.3 1つのコード進行がループするディスコリバイバルな1曲。『Get Lucky / Daft Punk』

Get Lucky / Daft Punk どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.47 曖昧で不確かで言葉にできないような感情。『なんだかもう / Kidori Kidori』

なんだかもう / Kidori Kidori どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.110 iPhone iPad向けOS iOS 10のCM曲がカッコ良い!『Hey Hi Hello / Hollywood Wildlife feat.Fran Hall』

Hey Hi Hello / Hollywood Wildlife feat.Fran Hall

記事を読む

Vol.45 たとえ君が何者だろうと、愛しさに変わりはないよ『Some Day / We’ll Make It Right』

Some Day / We'll Make It Right どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.101 複雑なコード進行、展開を感じさせない美しいメロディ。『What A Fool Believes / The Doobie Brothers』

What A Fool Believes / The Doobie Brothers どうも、GA

記事を読む

Vol.145 元恋人と再び出会い口説き落とそうとする曲。『2nd Time Around / Tuxedo』

2nd Time Around / Tuxedo どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑