歌詞の書き方。近すぎず遠すぎず、丁度良い距離感を考えて書こう。音楽視力

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 作詞作曲法 ,

松本人志のお笑い視力

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

僕は昔からダウンタウンが大好きで、ごっつえぇ感じやガキの使いやあらへんで!!のDVDを揃えています。

特にガキ使の中で行われていたダウンタウン2人だけのフリートーク『ガキトーク』が好きで、今でも時々見ています。

 

あるフリートークの中で松本が『お笑い視力』という持論を展開しています。

お笑いと視力って似てるんです

遠くのものってすごく見えにくいじゃないですか?
お笑いも一緒で現実離れしすぎてると「はあ?」って感じでピンとこないから面白くないんです

反対に近すぎるとピントがボケてよく見えないじゃないですか?
お笑いで言ったらベタですよね。「そんなんわかっとるわ!」みたいな

物っていうのは丁度いい距離にあるものが一番良く見えやすいんです
お笑いもこれと一緒で、近すぎず遠すぎず丁度いいところのものが一番面白いんです

とってもタメになる話だと思います。あまりに離れたことを言うと電波ちゃんのような扱いを受けるし、ベタベタなことをやるとうざったがられる。

 

これって曲作りにも言える話だと思います。特に歌詞を書く場合にはしっかり距離感を意識して書かないといけません。

スポンサーリンク

歌う側と聴く側の距離感

歌詞を書くときに意識しなければいけないこと、それは聴き手にどんな情景を見せたいかということです。

制作する側は相手に伝えたいメッセージや見せたい景色があって、それを歌詞・メロディ・アレンジ・タイトルなどで組み立てていくわけですよね。

でも余りに詰め込みすぎてハッキリとしたメッセージや景色にしてしまうと、近すぎてピントがボケてしまうんです。

例えばラブソングを書く場合、誰が誰を好きで、お互いの名前は何で、年齢はいくつで、何曜日の何時に告白をして、さっきまでの気持ちと今の気持ちと君の気持ちはどうで、どこの場所でどんな空の色で風が吹いてて雨が降ってて今まさに...なんて明確な情景描写をしすぎてしまうとハッキリと見えすぎてしまって、聴き手の入る余地がないんです。

 

その歌詞の『僕』にも『君』にも『知り合い』にもなれなくなってしまう。

 

共感できるポイントよりできないポイントがはるかに上回ってしまうと聴き手は引いてしまうんですよね、お前の話なんか聴きたくないって。聴き手は少しでも自分に照らし合わせられる部分が欲しいんです、他人の恋愛事情に興味なんてないんですよ。

それが例えばアニメのキャラソンだったり、映画の主人公が歌う主題歌だった場合は別です。これはメインの作品をより楽しませる為の1つの手段で使っているだけですので、問題ありません。そこに聴き手が入る必要はないですからね。

 

音楽単体での作品として出す場合は、過度な情景描写は避けたほうが良いでしょう。

 

1つのことを深く掘り下げすぎることも避けたほうが良いです。

例えば『夜』について。夜で午前2時で月明かりに照らされて街灯が頼りでみんなが寝静まっていて星が輝いて暗くて手探りで...などとクドクド『夜』を説明してしまうと、しつこく感じてしまうんです。お笑いでいうところの『天丼』ですね。2・3回が限度でそれ以上説明するとしつこいんです。

ここまでが近すぎてピントがボケてしまう歌詞です。この逆のこと

 

過度な情景描写と1つについての掘り下げをほとんどしない場合が『遠すぎて見えない』状態です。

 

極端にいくと、『夜...好き〜』だけの歌詞。もうなんの歌なのか分からない、共感する場所がまったくなくてもダメなんです。遠すぎて見えない絵に興味なんか持てません。

もちろん音楽は歌詞だけではないので、最初に言ったように歌詞・メロディ・アレンジ・タイトルなど様々な要素で1つの情景を見せることを考えてください。

 

遠すぎず近すぎず、聴き手が入れるか入れないかのギリギリの情景描写が良い歌詞・良い曲になるのだと思います。

スポンサーリンク

年齢や予備知識で視力も変わる

視力は人それぞれです。年齢を重ねるごとに悪くなることもあれば、メガネをかけて補ったり。生まれつき悪い人もいますし、全員が見えやすい位置ってないんです。

音楽だって若い人にウケる曲、大人にウケる曲、こっちのジャンルが好きな人に届く歌詞、あっちの国で育った人に伝わる歌詞など様々です。

 

聴く人全員に響く曲はありません、どの層に響かせたいかを狙って書くことが大切です。

 

闇雲に書くのもエネルギッシュで良いですが、聴き手を想像して書くことも大事だと思いますよ。

 

その聴き手がたとえ1人であっても、その人に響く曲ならその曲は『良い曲』なんです。

 

ただその1人のためだけに曲を作り続けたい!そう思っても、その人の視力に合わせて曲を作れなければ離れていってしまうんです。闇雲に書くだけでは継続はできません。

自分の作りたいものと、聴き手の視力のバランスを考えて歌詞を書いていきましょう!

GANO

一人称も情報の一つですよ



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

コード進行パターン表をリニューアル。全調へ移調表示が可能です!使い方を解説します。

コード進行パターン表をリニューアル どうも、GANO(@Past_Orange)です。 コー

記事を読む

歌詞の書き方。一人称・二人称の選び方は立場や年齢を決定する。僕にするか私にするか、気をつけて書こう

日本語は口数が少ない どうも、GANO(@Past_Orange)です。 日本語の曲は英語の

記事を読む

【特別価格&クロスグレード有り】再現度の高いスラップベースが低価格で。Fujiya Instruments 「Organic Slapped Bass」

Fujiya Instruments 「Organic Slapped Bass」 どうも、GAN

記事を読む

2015年 Black Friday & Cyber Monday にて購入した音源・プラグイン

Black Friday & Cyber Monday どうも、GANO(@Past_Or

記事を読む

当ブログとコード進行パターン表でのディグリーネームについて。このままでいきますね!

ディグリーネームはどれが正しい? どうも、GANO(@Past_Orange)です。 先日、

記事を読む

【トライアル版あり】 NI Kontakt用ボーカル音源 「Yu’s Vocalise」 レビュー

NI Kontakt用ボーカル音源 「Yu's Vocalise」 どうも、GANO(@Past_

記事を読む

『コード進行と歌詞の関係性』その2。定番のコード進行の使い分けによって同じ歌詞でも意味が違って聴こえます。

前回までのおさらい どうも、GANO(@Past_Orange)です。 前回の記事『コード進

記事を読む

僕が既存の楽曲を考える際に、時代背景をあまり重視したくない理由

楽曲の解析 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 上部メニューにあるANALY

記事を読む

どんなコンペに参加すべきか? 参加すべきコンペの報酬や著作権譲渡など条件とは

どんなコンペに参加すべきか? どうも、GANO(@Past_Orange)です。 作詞や作曲

記事を読む

作業の効率化を図るなら『束縛』することが大事。ルールを作って楽曲を制作しよう。

作業の効率化を図るなら『束縛』することが大事 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail