シンプルでスッカスカなアレンジの楽曲を3曲紹介します。スカスカな曲はミックスが大変。

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 作詞作曲法

厚みのあるアレンジとスカスカなアレンジ

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

楽曲を作る工程の中で、一番時間がかかるのがアレンジ(編曲)の部分だと僕は思っています。

作詞や作曲は骨であり、編曲はその周りに付く肉の部分です。この肉付けが本当に大変!
厚みを出すべきか、スカスカでいくべきか...

 

厚みのあるアレンジとはどんなものか?

通常厚みのあるアレンジとは、高域から低域までしっかりとバランスの取れた楽曲のことを指しますが、 この話の場合は、厚みのあるアレンジ=目の前に絶えずいっぱいの音が鳴っている状態と解釈します。

例えば、日本のアイドルソングは厚いアレンジのものが多いなと感じます。


多くの歌声と音が常に重なっているような状態、ビッシリといった感じ。作るのがとても大変そうです!

 

こういった厚いアレンジよりも、スッカスカのアレンジの方が僕は好みだったりします。

なので、僕の曲自体もスカスカアレンジになりがち。 今回は僕が選ぶスカスカ楽曲3つを紹介します!

スポンサーリンク

スカスカなアレンジ曲3選

New Dress

オランダのシンガーソングライターRoos Jonkerの曲です。

カッスカス!!ピアノとパーカッションでなんとか間を埋めているような状態。

なので歌がハッキリ聴こえますね。スカスカなアレンジほど歌が誤魔化せなくなります。歌が上手くないとスカスカにはできない!

Black Sweat

言わずもがな、Princeです。

Beatとシンセ音のみ、異常にカスカスです。だからこそ際立つプリンスのセクシーな歌声。

 

これミックスするの大変だろうなぁ


Hot

Rosco P. Coldchain featuring Pusha T & Boo-Bonic

ファレルとチャドのプロデュースチーム『The Neptunes』により製作された楽曲です。

スカスカどころかBeatしかありません。Beatとラップのみ。

こんなやりようないものはないですよね。 過去最高にカスカス加減な曲です。

スポンサーリンク

スカスカなアレンジは難しい

上記3つはかなりのカスカス具合ですが、『音数少なくて楽に作れそう!』とはいきません。 音数が少ないということは、それだけ一つ一つがハッキリと聴こえてしまうということです。

スネア1発、ピアノの響き、歌もうまくないと成り立ちません。 そしてそれをまとめるミックス作業も大変です。なんせ音を誤魔化せないんですからね!

エンジニアの皆さん、これをカッコよく仕上げてしまうんだからさすがです。

 

最善の注意を払って作られるスカスカアレンジ楽曲。 だからこそ、骨となる作詞作曲も際立ちます。

たまにはスカスカアレンジに挑戦してみてはいかがでしょうか??

GANO



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

【キャンペーン中】初めて買うギター&ベース音源は JUNK GUITAR V1 & Organic Fingered Bass がオススメ!

初心者からプロまで愛用のギター&ベース音源 どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

プロのエンジニアさんに自作曲をフルブラッシュアップしてもらった場合のビフォーアフターを公開します

プロのエンジニアさんによる自作曲フルブラッシュアップ どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

僕が既存の楽曲を考える際に、時代背景をあまり重視したくない理由

楽曲の解析 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 上部メニューにあるANALY

記事を読む

ミュージシャンはクライアントワーカーなのか。過去に生きるか未来を作るか

ミュージシャンはクライアントワーカーなのか どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

コード進行パターン表をリニューアル。全調へ移調表示が可能です!使い方を解説します。

コード進行パターン表をリニューアル どうも、GANO(@Past_Orange)です。 コー

記事を読む

ロイヤリティフリーBGM。ドタバタ・日常・ラブコメディ系のストリングスが綺麗な楽曲公開

ドタバタ・日常・ラブコメディ系BGM どうも、GANO(@Past_Orange)です。 2

記事を読む

既存のコード進行からラグタイムを作ってみよう!コード進行の元ネタは『I Won’t Let You Down / OK Go』- コード進行からの作曲

ラグタイムを手軽に作ってみよう どうも、GANO(@Past_Orange)です。 既存楽曲

記事を読む

【特別価格&クロスグレード有り】再現度の高いスラップベースが低価格で。Fujiya Instruments 「Organic Slapped Bass」

Fujiya Instruments 「Organic Slapped Bass」 どうも、GAN

記事を読む

歌詞の書き方。何を書いていいか分からない?何でもいいんだよ。奥田民生に学ぶ作詞

歌詞の書き方。何でもいいよ どうも、GANO(@Past_Orange)です。 「歌詞を書き

記事を読む

作詞作曲。2回繰り返し3回目で捻り4回目で裏切る。困った時に使ってみよう!

作詞作曲に困った時 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 作詞作曲をされてる方

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail