Vol.25 動かないベース音は心の底でくすぶっている強い想い!『Shout / Tears For Fears』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Shout/Tears For Fears

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

僕はベースが大好きです。ベーシストってだけでヒイキしてしまうし、主役なんじゃないの?ってほどに目立つベースが大好きです。

そんなベースフェチの僕が、動かないベースも力強くて良いもんだと感じたのがこの曲です。

Shout/Tears For Fears

80年代の『音』を代表するようなアレンジで、聴き方によっては70年代よりも『古臭さ』が出てしまっていますが、そこも好きです。

スポンサーリンク

歌詞について

Tears For Fearsの楽曲は暗い内容のものがほとんどです。それはバンド名からも取れるように、彼らの音楽のテーマでもあります。

『Shout』叫べって意味ですね。

直球なメッセージで、

『閉塞的で、決まり決まった生活を強いられているんだろ?そんな偽りの笑顔はやめて、心の内を明かしてみろよ!』

というような意味合いです。サビで繰り返される『Shout』という言葉、それは力強く心を揺さぶります。単純に声を出せということだけでなく、心の内にある悲しみや怒りを解放するんだという想いがこの単語に込められています。

スポンサーリンク

コード進行・メロディについて

サビのコード進行とメロディを見てみましょう。

tff1

恐ろしくシンプル。コードは3コードだけですし、メロディはソ・ド・レしか使っていません。繰り返しサビが出てきては叫べと言ってきます。

ただ淡々と潜在意識を呼び覚まそうと、メロディはまったく飛躍せずに繰り返しやってきます。この変化しないほどに迫ってくるパワー、想いがしっかりメロディに込められていると感じます。

動かないベースが心を揺さぶる

やはりキモは動かないベースにあると思います。ベーシストなら手数を見せたいしアルペジオに動きたいと思うでしょうが、この曲はほとんどしません。ひたすらルートを叩くのみです。

太く力強く内臓を揺さぶってきます。歌詞とコードとメロディ、そして底から響くベース音。

奥底の感情をさらけ出せとすべてが言ってきます。ヒエ〜

コード進行からの作曲

サビのコード進行を使ってBGMを作ってみました。

オルゴールって寂しさでますよね〜

フリーダウンロード、ロイヤリティフリーです。2次使用にどうぞ!

フリーBGM素材「優しい踊り」by GANO DOVA
「優しい踊り」by GANO ニコに・コモンズ

最後に

当時のサウンドなのでどうしても古臭さが気になる方もいるかと思いますが、だからと言ってこのアレンジ以外でやるとパワーが半減してしまうのではないかと思います。

歌詞・コード・メロディ・ベース、どっしり重くのしかかる曲です。

『Shout』のような”動かない曲”も、煮詰まった際に作ってみてはどうでしょうか?

GANO




仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.125 強進行を繰り返すコード進行を束ねる、半音クリシェが美しい。『Don’t Know Why / Norah Jones』

Don't Know Why / Norah Jones どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.80 足を踏み鳴らせ!踊り狂おう!!明るいダンスナンバー。『Move Your Feet / Junior Senior』

Move Your Feet / Junior Senior どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.47 曖昧で不確かで言葉にできないような感情。『なんだかもう / Kidori Kidori』

なんだかもう / Kidori Kidori どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

Because We Can / Fatboy Slim どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.78 クリスマスは騒いで、振られたことなんて忘れちゃえよ。『傘はいらない / GANO』

傘はいらない / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。 そういえば2

記事を読む

Vol.126 マイナーキー、スリーコードのみでコード進行を展開。痛みを感じるネオソウル。『Fool To Love / Nao』

Fool To Love / Nao どうも、GANO(@Past_Orange)です。 喜

記事を読む

Vol.40 電気グルーヴ”Shangri-La”の元ネタの曲!『Spring Rain / Silvetti』

Spring Rain / Silvetti どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.50 ディスコを今風ポップにアレンジ!『Wrapped Up feat. Travie McCoy / Olly Murs』

Wrapped Up / Olly Murs どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.90 どんなに変わろうとしても、元に戻ってきてしまう。『Running / Computer Magic』

Running / Computer Magic どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

Vol.66 直球すぎて恥ずかしくなるラブソング。『I Like It / DeBarge』

I Like It / DeBarge どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail