Vol.48 恋の病にかかってしまった!楽しそうだから良しとす。『LUV PANDEMIC / TOWA TEI』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

LUV PANDEMIC / TOWA TEI

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

クラブミュージックというのは、いわゆるクラブという場所でかかっている音楽のことでして、もしもゴリゴリのデスメタルがクラブで流行っていたらそれはクラブミュージックとなります。

クラブミュージックとは流行と共にあり、どんどん変わっていくもの。Towa Tei自身はクラブミュージックじゃなくてダンスミュージックをやっていると言っていました。

昔から変わらずTowa Teiらしい踊れる音楽を作り続けているよってことですね。今回のLuv Pandemicも、Towa Teiらしく可愛らしい曲です。

LUV PANDEMIC TOWA TEI

細野晴臣、高橋幸宏、小山田圭吾という豪華かつおっさんホイホイな顔ぶれに加え、LEO今井、水原佑果という若い年代層も取り込むメンバーとなっています。とことんTowa Teiらしい!と感じました。好きです。

さて、豪華メンバーがMVで歌うLuv Pandemic、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

歌詞について

まずタイトルの「Luv Pandemic」について。このLuvはLoveのスラングですね。省略形といいますか、Loveよりさらに軽い表現。

もしこれがLove Pandemicだったら重〜い恋の病に感じますが、Luvで軽ノリな印象をイメージになっています。後味悪くはならないでしょう!もっと気軽に〜な感じですね。

いつも感じている
いつも感じていたい
いつも伝えている
いつも伝えていたい

Everybody knows.
Everybody wanna feel.
Everybody loves.
Every little pretty thing.
みんな知ってる、感じたい、好きな、小さくて可愛いもの。

タイトルだけでなく歌詞の内容も非常に軽ノリ、深い意味はないと僕は感じています。歌詞に意味なんて持たせると深読みしちゃって重いよ!って言われてるような気分にすらなってしまいますね!

もっと気軽に、響きとリズムで選ばれたような言葉が並んでいます。もっとLuvがみんなの心に流行ってほしいってことですね!暗い話は置いといて、LuvをPandemicさせようよ!みたいな

スポンサーリンク

コード進行について

サビ部分のコード進行です。動画では0:55からの部分ですね!

譜面で
luv

キーエディターで(譜面の5小節目からの部分)
luv1

キーはE♭メジャーですが、平行調(Cm)の同主調にあたるCメジャーと行ったり来たりしているような感覚でとてもお洒落です。(←こういうの楽典で散々やったのを思い出しました)

E♭メジャーとCメジャーの共通コードのCsus4を使ったり、C/Gのように展開型を用いて終止をぼやかしたりしています。B♭→C/Gの流れは非常に「ちょいワル」感を僕は感じてまして、ぜひぜひ使っていきたいなと思います!

最後に

電子音の塊のような可愛いTowa Teiらしい音作りでして、ピアノで弾くのではまったく印象が異なりますね!耳コピも正直不安です!!

流行りにのらずともかっこいい&可愛い音楽はいっぱいありますね!いかがでしょうか?

GANO

可愛いエレクトロはこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.113.5 ウクレレが可愛いポカリスエットのCM曲。「水色の車とウクレレ」,「こわいこわいは熱中症」&「ウクレレ(たべなきゃ)」篇

ウクレレが可愛いポカリスエットのCM曲 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.46 真夏に起こる切ない雪のラブストーリー。『Snow Men / 星野源』

Snow Men / 星野源 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 7月21日

記事を読む

Vol.102 逃げられない運命と苦悩の日々。『Padam / Benjamin Biolay』

Padam / Benjamin Biolay どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.19ピッチが上ずって聴こえる。『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル / Perfume』

パーフェクトスター・パーフェクトスタイル / Perfume どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.155 1つのコード進行をベースラインの変化でちょっとお遊び。『South Of The River / Tom Misch』

South Of The River / Tom Misch どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.42 熱く開放的な夜には、何かが起こる予感『Fire / Matt Bianco』

Fire / Matt Bianco どうも、GANO(@Past_Orange)です。 夏

記事を読む

Vol.69 大人の失恋は切なさもごまかしてしまう。『セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~ / 土岐麻子』

セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~ / 土岐麻子 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.103 見上げるほどの身長差の相手と、ライバルたちとの恋のカケヒキ。 『オ・モ・イ アプローチ / NI+CORA』

オ・モ・イ アプローチ / NI+CORA どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.134 映画「プラダを着た悪魔」で使用され強く美しい女性の曲として使われるようになった。『Suddenly I See / KT Tunstall』

Suddenly I See / KT Tunstall どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.6.5『サンプリングってなに? Daft Punk編』

サンプリングってなに? Daft Punk編 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail