Vol.36 世界で1番の美女、それは君だって言われたら女性は嬉しいのかな。『Number One / Tuxedo』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Number One / Tuxedo

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

大げさなくらい、嘘くさいほどの褒め言葉でも直接言われると女性は喜ぶというのは本当なのでしょうか?ただしイケメンに...みたいだと今回の曲はどっちに転ぶのか。

シンガーソングライターのMayer Hawthorneとトラックメイカー・プロデューサーのJake Oneのディスコ・ファンクユニット『Tuxedo』。以前メイヤーは記事で取り上げました。


かっこいいトラックとセクシーな歌声が合わさって最高にかっこいい曲に仕上がってます。ですが!テニスが下手。いや、これ狙って作ってるMVなんですがね、ナチュラルに下手さが出てて、2枚目な曲なのにちょっと抜けてる感じになってて笑えます。この2人球技下手なんだろうなぁ〜

MVはひとまず置いといて、楽曲自体はどうなってるのでしょうか?

スポンサーリンク

歌詞について。お決まりのド直球

ディスコ・ファンク・ソウルによくあるド直球のラブソングになっております。ファンク色が強いため、ちょっとチャラいお兄さんが歌っていると感じますね。

When I met you last night baby, you looked oh so lovely
I wondered if got to know ya, if you might be the one for me.
Next time you’re feelin’ kinda lonely.
Just pick up the phone and give me a call. And you can be my special lady.
And I promise baby, we can have it all

なんか軽いでしょ?たぶん、たぶんですけど、そんなしゃべったことないんじゃないかな?『君は僕の特別な人』とか『僕らはすべてを手にいれる』なんてウソ臭いですよね!!女性のみなさん、騙されてますよ!!

Cause I have never met a girl.Quite like you in the whole wide world
Oh because
You’re number one, second to none.

とうとう世界が出てきました。『世界で1番素敵だよ』と4回も言うんですよ!!ウソ臭くないですか!!!甘い声に騙されないで!!!!

この後も口説きはまだまだ続きます。特にウソ臭いのは

I’ll give you all my devotion, till we’re six feet underground

こんなの言えない、恥ずかしがり屋の日本男子には言えないです。ウ、ウソだ!!そんな紳士なはずがない!!!!騙されてますよ!!!!!!

とばかりに叫びたくなる、ド直球イケメンソングです。恥ずかしいほどに甘い言葉を垂れ流してくるので、これを言われた女性はメロメロになってしまうのでは?テニス下手なのに。

僕が女性だったら言われたいかも?

スポンサーリンク

コード進行。ほぼ動かず

ここもファンクならではの、同じコード進行をずっと使うやつです。

譜面で
スクリーンショット 2015-08-19 10.37.57

キーエディターで
スクリーンショット 2015-08-19 10.35.11

ほとんど動かずに漂うようなコード進行になっております。ここでのポイントは、マイナーとメジャー(DmとC)、そしてディミニッシュな響き(Cm7♭5)が行ったり来たりするところ。不安にさせたり、安心させたりさせていますよね。

歌詞の関係からいくと、本心から言ってるのかな?一夜限りの恋になるのでは?とミステリアスな男性の雰囲気を醸し出していると感じます。ミステリアスなところも女性は好きなんでしょ?やれやれ...

2面性を含ませるような歌詞を作った際には、こういったゆらゆら怪しく動くコード進行もありだと思います。

最後に

原曲はこちらですね

Snoop doggy dogg – aint no fun

SnoopとはTxuedoの2人とも交流があるので、喜んで使用を許可してくれたことでしょう!

ファンクならではのチャラさ、そしてそれでもウットリしてしまうような不思議な空間を演出してくれる楽曲です。アレンジも温故知新な仕上がりで楽しめますね!

さぁもう一度MVを見てください!この歌詞がアホくさくなるほどのテニスの下手さ!!

GANO



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.143 大雑把なコード進行で美しさよりも大胆さ、流れを重視した曲。『Kids / MGMT』

Kids / MGMT どうも、GANO(@Past_Orange)です。 家族とのつながり

記事を読む

Vol.67 もう1杯飲んだら欠点も見えなくなるぜ。『One More Drink / Ludacris feat.T-Pain』

One More Drink / Ludacris feat.T-Pain どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.74 ただ単純に素直にクリスマスを楽しもう!『Wonderful Christmas Time / Paul McCartney』

Wonderful Christmas Time / Paul McCartney どうも、GAN

記事を読む

Vol.8 3拍子のソウルナンバーを4拍子のハウスに変えてしまった力作。『Just A Little Lovin’ / Irfane』

Just A Little Lovin' / Irfane どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.39 呑気な日々を送れるのは、戦いが終わったからなんだ。『Saturday in the park / Chicago』

Saturday in the park / Chicago どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.22『 Private Eyes / Daryl Hall & John Oates 』

Private Eyes / Daryl Hall & John Oates どうも、GANO(

記事を読む

Vol.81 愛しているからこそ、今言わなければいけない。『Something About Us / Daft Punk』

Something About Us / Daft Punk どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.126 マイナーキー、スリーコードのみでコード進行を展開。痛みを感じるネオソウル。『Fool To Love / Nao』

Fool To Love / Nao どうも、GANO(@Past_Orange)です。 喜

記事を読む

Vol.114 短3度上のキーへ行ったり来たりして違和感なく場面変化を与える曲。『On My Way / Giovanca』

On My Way / Giovanca どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.3 1つのコード進行がループするディスコリバイバルな1曲。『Get Lucky / Daft Punk』

Get Lucky / Daft Punk どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail