Vol.133 2コード、1小節のループでも成立するかっこよさ。『Be (intro) / Common』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Be (intro) / Common

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

ラップって非常に難しいんですよ。韻を踏みつつ、なるべく意味の通るように歌詞を書かなくてはいけない。

さらにリズミカルに、ビートに絡むように歌わなければいけないし、時にはメロディもつけなくてはいけない。

今回紹介するのはこの曲!


Common – Be (Intro)

アメリカのラッパー、Commonの2005年の楽曲です。

Hip Hopは地域や時代によって色があり、この楽曲はEast Coast Hip Hopに分類されると思われます。

サウンドは生音サンプリングでちょい暗め、タイトなビートでジャズ系の印象です。

Be (Intro)の元ネタはこちら!


Albert Jones – Mother Nature

ん〜、イントロ部分を丸使いですね! 最高です。

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

Be (intro)の歌詞について

歌詞の一部を引用してみていきましょう。

と、言いたいところですが。ラップなので詳しい訳は割愛させていただきます。韻を踏んでいるためラップを訳すのは、とっても、とっても難しいのです。

かなり大幅に要約すると

先人たちのように自由な精神でありたい。
彼らには様々なことを教わった。
生命が生まれ死んでいく、それは多くの人生を変える。

今までの人生は私の詩に乗っていく。
この国のトップは嘘をつくし、殺人はなくならない。
どんなに声をあげても何も変わらない。
でも私たちの子供世代ならやり遂げるかもしれない。

亡くなった人たちを振り返ってもダメだ。
過去を振り返るのではなく、未来を眺めるのではなく。
今を強く生きなければ。

かなりの意訳です。もう、こうであって欲しいぐらいの意訳なので。

歌詞を書く際の参考にしてくださいね。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

Be (intro)のコード進行について

では、コード進行をみていきましょう。

Hip Hopですので、なんと1小節の繰り返しになります。

譜面で
be1

キーエディターで
be2

Be (intro)のキーはB♭メジャーになります。

E♭→DmなのでⅣ→Ⅲmです。

なんとも締まりのないコード進行ですが、ループし続けるのならこのような着地しないコード進行は使いやすいですね。

2コードのみですが、調性が見えやすいコード進行だと言えます。

これだけで良いんだよと言われているような気持ちになりますね。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

Hip Hopというジャンルは聴いていると、理論などを勉強しなくても始められるんだよ、気持ちよければそれでいいんだよと言ってくれているような気がします。

それぐらい構造がシンプルなんですよね。ただその分、ビートメイキングやミキシングが大変なのですが。

2コード、1小節のループのみ。かっこ良いです!

GANO

こちらは2小節のみ!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.99 レゲエの発音とエレクトロサウンドが怪しく絡む。『Go Shoppin’ / Bran Van 3000』

Go Shoppin' / Bran Van 3000 どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

Vol.124 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌! コード進行がやたら多いよ。『恋 / 星野源』

恋 / 星野源 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 TBS系火曜ドラマ「逃げ

記事を読む

Vol.41 悲しい日々を送っていても、いつか幸せがやってくるよ!『Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas』

Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas

記事を読む

Vol.60 別れの気配を感じ取ってる。今日はこんなにも良い日なのに『So Good Today / Ben Westbeech』

So Good Today / Ben Westbeech どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.125 強進行を繰り返すコード進行を束ねる、半音クリシェが美しい。『Don’t Know Why / Norah Jones』

Don't Know Why / Norah Jones どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.81 愛しているからこそ、今言わなければいけない。『Something About Us / Daft Punk』

Something About Us / Daft Punk どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.87 フリジアン・スケールで怪しく問う。『What Do You Want? / Gotye』

What Do You Want? / Gotye どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.39 呑気な日々を送れるのは、戦いが終わったからなんだ。『Saturday in the park / Chicago』

Saturday in the park / Chicago どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

Because We Can / Fatboy Slim どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.119 オートチューンヴォイスとポップでキュートな雨上がりハウス。『Rainbow / i-dep』

Rainbow / i-dep どうも、GANO(@Past_Orange)です。 雨をテー

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail