Vol.49 ディスコ好きベーシスト定番ソング!『Forget Me Nots / Patrice Rushen』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Forget Me Nots / Patrice Rushen

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

ディスコソングという括りは音楽ジャンルようにも聞こえますが、正確にはディスコで流れている音楽でして、今でいうクラブミュージックにあたります。

ディスコが流行っていた時代は70年代80年代なので、その時代の踊れる曲が『ディスコソング』になるわけですね。ジャンルで言えばソウル・ファンク・R&Bといったブラックミュージックが主流ですね。

そんなディスコソングの音作りとして重要なのは気持ちの良いキックとベースの重低音です。特にベースはスラップベースが気持ち良く多くのディスコ好きベーシストがディスコソングのスラップベースをカヴァーしたと思います。

今回紹介する曲もディスコど真ん中、スラップベースが気持ち良い定番ソングです!

Patrice Rushen – Forget Me Nots

まさしくディスコで踊っている曲となっていますね!4つ打ちのキックとスラップベースがとっても気持ち良い!

歌い踊ってたらサックスが目の前で吹き始めたりとなかなかにダサ面白いMVとなっております。82年の曲なのでその時代の雰囲気がとっても出ていますね。

Forget Me Notsのスラップベースが弾きたい!けど良く聞き取れないって方はこちらの動画がオススメ

時々出るドヤ顔で分かるように、ノリノリで弾いていて楽しい曲となっています。ブリブリのスラップベースってディスコ時代の特徴ですよね!

では楽曲に戻ります。歌詞、コード進行を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

歌詞について

ディスコ=直球ラブソングという印象があるぐらい、分かりやすく恋を歌った曲が多いです。Forget Me Notsもその1曲。

Sending you forget me nots
To help me to remember
Baby please forget me not
I want you to remember
あなたに忘れな草を送るわ、どうか覚えていて
ねぇ、お願い私を忘れないで、覚えていて欲しいのよ

1度目のForget me notsは「忘れな草」です。花言葉は『私を忘れないで』と『真実の愛』、あなたのことを強く愛しているということが分かりますね。2度目は語尾のsを無くしたForget me not、これはそのまま『私を忘れないで』の意味です。

1度目では花をそっと渡して、「これは忘れな草、忘れたりしないようにおまじないよ」と若干控えめですが、2度目では「ねぇお願い私を忘れないで!覚えていて!!」と感情が出てしまっているような言い回しとなっています。

ディスコソングらしく強く直球な歌詞が繰り返されます。

Those were the times we had
Sharing a joy that we thought would last
Memories of love and affection
Never really was just like a dream
私たちが共に喜び楽しむ、そんな日々があったわ
愛と愛情の思い出、それはまるで夢のようなひと時だった

やはり別れた後の未練タラタラソングのようです。女性は失恋後はスッパリ切り替えられるような話も聞きますので、もしかしたら別れて間もない話なのかもしれません。忘れな草を送れるくらいには近い存在なのでしょう。

Was it the simple things
That made me so crazy about you
Was it your charm or your passion
It’s not hard to believe
I love you and i need you so I…
とても単純なことだけど、私はあなたに惚れ込んだわ
あなたの魅力や情熱に、信じることはとても簡単なのよ
私はまだあなたを愛してる、必要なの!だから私...

確かな言葉は出てきませんが、相手の男性はとても魅力的だったようです。魅力的が故に信じすぎてしまい、浮気をされて捨てられてしまった。そんな印象です。

僕はこの最後の「I love you and I need you so I…』が大好きでして、この曲を聴くたび口ずさんでしまいます。歌詞の翻訳からは少しずれますが、LoveとNeedの一番相手に伝えたい言葉がしっかり1拍目と3拍目の強拍きているんです。

特にLoveは前の拍にまでかかるほど前のめりに伝えようとしています。それに対して3回も出てくるIは常に裏拍、弱く低い立場に出ているように感じます。でも!3回出てくるので、低い立場ながらも覚えておいて欲しい想いが込められています。とても口ずさみたくなるフレーズです。

歌詞としては、全体を通して未練が残っているのであなたに覚えておいて欲しい、できればまた一緒になりたい!という内容になっています。こんな切ない内容なのに、踊りながら歌っちゃうところがディスコですよね!

スポンサーリンク

コード進行について

サビの繰り返させれる4小節をピックアップです。

譜面で
スクリーンショット 2015-08-19 12.23.39

キーエディターで
for2

Patrice Rushenはピアニストなのでコード進行の展開が分数コードを使ったりと凝ったものになっています。

F#マイナーのこの曲、簡略化するとこんな感じ
for3

1小節ごとにコードが切り替わるシンプルなものとしても成立するのですが、しっかりディスコソングとして踊れるようにピアノでもアクセントを多く加えています。

特に3小節目の頭部分、すぐにF#m7に映るのではなく、2小節目最後のC#m7の音を残して半拍ずらしてF#m7へと移っています。これをすることにより3小節目のコードバッキングが弾んだものになり、裏拍が強調されたグルービーな展開となっています。

また4小節目もF#m7へ行くためのトゥーファイブもG#m7→C#7とあからさまに進行するのではなく、G#m7/C#として柔らかく上品な響きでの進行となっています。これは僕も多用するのですが、ガッチガチのトゥーファイブでは雰囲気に合わないな〜というときに使うと効果的です。

最後に

このForget Me Notsはディスコソングでも人気な曲でして、Hip Hop系でも多くサンプリングされています。有名なのはこちら

Will Smith – Men In Black

サビ部分を丸使いしていますね。実はサンプリングではなく弾き直しているのですが、ベースラインはそのままですね。

ディスコソングをサンプリングしたHip Hopは多くありますので、元ネタを調べると楽しいですよ!

GANO

Nu Discoはいかがでしょう?

Vol.27 甘い歌声であなたを誘う!少しだけ上品に踊りたい。『Ballroom Girl / Tuomo』
Ballroom Girl / Tuomo どうも、GANO(@Past_Orange)です。 「なんかピアノ弾きながら歌ってよ!」などと言われたときに、困った経験はないですか?エレガントに弾けるほど上手くもない…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.154 浮遊感の強いノルウェーのひんやりディスコポップ。『Fight or Flight or Dance All Night / Kommode』

Fight or Flight or Dance All Night / Kommode どうも、

記事を読む

Vol.129 ソウルミュージック定番のコード進行を使った曲。『A Woman Needs Love (Just Like You Do) / Ray Parker Jr.』

A Woman Needs Love (Just Like You Do) / Ray Parker

記事を読む

Vol.31 怒りながら「大好きよ!」って言っているところが女心の難しいところ。男はいつも翻弄される『Man In The Middle / Roos Jonker』

Man In The Middle/Roos Jonker どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.106 東京はゾンビばっかりでうんざりだ。『STAY TUNE / Suchmos』

STAY TUNE / Suchmos どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.134 映画「プラダを着た悪魔」で使用され強く美しい女性の曲として使われるようになった。『Suddenly I See / KT Tunstall』

Suddenly I See / KT Tunstall どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.67 もう1杯飲んだら欠点も見えなくなるぜ。『One More Drink / Ludacris feat.T-Pain』

One More Drink / Ludacris feat.T-Pain どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.76 夢を追いかけたい、だから君とはいられない。『Pots Of Gold / Mamas Gun』

Pots Of Gold / Mamas Gun どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

Vol.152 1つのコード進行を応用して1曲に『What You Won’t Do for Love / Bobby Caldwell』

What You Won't Do for Love / Bobby Caldwell どうも、G

記事を読む

Vol.55 さぁ踊ろう、君も一緒に!!『Do It / Tuxedo』

Do It / Tuxedo どうも、GANO(@Past_Orange)です。 今回は、先

記事を読む

Vol.127 ♭9や♭13が半音でぶつかり不穏な空気を演出する繊細な1曲。『Dream On / Aerosmith』

Dream On / Aerosmith どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑