Vol.22『 Private Eyes / Daryl Hall & John Oates 』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Private Eyes / Daryl Hall & John Oates

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

Daryl Hall & John Oates

Daryl Hall & John Oatesはその名の通りDaryl Hall と John Oatesのグループ。

70年代後半から80年代にかけてヒットを飛ばし、普段から音楽を好んでいない人も

「この曲聴いたことある!」

と言わせるぐらい有名な曲を出しています。

楽曲のジャンルとしてはAORだったりブルー ・アイド・ソウルってものに分類されます。

ブルー・アイド・ソウルとは白人がやる黒人音楽(ソウル)って意味ですが、

現代はそれよりも80年代を象徴する音楽って印象になってますね。もちろんAORって呼ばれも。

このグループはその最も有名なグループの1つに入ります。

ホール&オーツって略した呼び方もします。

僕のイメージとしては、ホールが作詞作曲編曲演奏などなどバリバリやって、

オーツがその他身の回りのケアとかお手伝いしまっせって感じです。

ホールだけでいいじゃん!とも思ってたのですが、

どうやらオーツのサポートがあってのDaryl Hall & John Oatesのようです。

ツーカーの仲ってやつかね

楽曲いきます!

今回は朝8時から「おはようございま〜す」と言いたくなるような1曲です。

Private Eyes/Daryl Hall & John Oates

おぅ、ホールイケメン。オーツおっさん...

81年リリースの作品。イントロのギターから聴いたことあるのでは?

ホールの色っぽい歌声とサビのクラップが癖になる曲です。

このサウンドも、とってもポップで時代を感じさせつつも今も色あせない

名曲といえます。

スポンサーリンク

歌詞について

Private Eyeとは私立探偵って意味です。Eyesとなると複数系ですが、

探偵達というより、両目でしっかり見ているよって意味が込められてます。たぶん

要約しますと、

僕は君を見てる、そして君は僕を見てる

だから君が作り話をしていることも見え見えなんだ

僕が頭でわからなくたって心が 感じ取ってしまうんだよ

君は僕から逃げられないのさ

僕の両目が君を見ているよ

君のすべてをね

すべてお見通しなんだぜ

君は言葉を、愛さえ使って僕を惑わす

何もかも思い通りにできる

でもそれじゃ満足できないんだ

僕に甘えようとしても

突き放そうとしても

ウソはダメなんだよ

君は僕から逃げられないのさ

どうして僕にウソをつくの?

僕はスパイだ、でも君の味方だよ!わかってるだろ?

どんな変装しても

僕にはわかってしまうんだよ

この目で見つめればね

常に見ているよってストーカーみたいですが、それよりも強烈な束縛って感じですね。

君は僕から逃げられないなんて、結構怖いよね。

ホールがイケメンで色っぽく歌うから良し。

スポンサーリンク

コード進行とメロディ

pe1

0:18〜

add9やsus4で色鮮やかにしている印象です。

pe2

0:42〜

サビの部分。イントロでも使われていたコード進行で、コードチェンジによって

リズムをつけています。印象深いフレーズとなってます!

pe3

1:46〜

ここはギターソロ部分。コードが動かずにギターが唸るのでとてもパワフルです。

Am7からA♭M7に移るところも怪しさから晴れやかになるようで気持ちがいいです。

pe4

2:17〜

この曲で僕が一番好きなところは、やはり最後のサビの部分。

前半では見られなかったE/G♯というコードがが入ってきます。

(♭系の曲ですが、G→G#→Aとしたかったのでこっちで表記してます)

これはAmに向かうためのⅤの展開系なわけですが、最後にきて明るかったサビに少し怪しさが。

ベースも半音でクリシェして、ぬるっとAm7になる。そしてメロディも少し変化している。

あれ?恋人の束縛がいつの間にかストーカー??みたいなテイストが少し入ってきているような。

僕の勝手な妄想ですがね。同じサビを繰り返すのでもこうやって変化をつけると、

飽きさせない展開になるんですね。お手本のような曲だな

特徴はCマジャーとCマイナーを行ったり来たりするところです。

♭している部分が多くあるのに、なんと美しいメロディ。そしてそれが色っぽさを出しています。

同主調からの借用はこうやってやるんだなと勉強になる曲ですね!Cでわかりやすいし。

コード進行からの作曲

サビのコード進行からのBGMを1曲作ってみました。

お手軽ハウスにしてみました。

ロイヤリティー、フリーダウンロードなので2次使用にどうぞ!

フリーBGM素材「Green&Dance」by GANO DOVA

「Green&Dance」by GANO ニコニ・コモンズ

最後に

今回は80年代の楽曲を紹介しました。

次は違う世代にしようかな?関連付けようかな??

GANO

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.43 可愛いあの娘を僕のものにしたい。だって可愛いからね!『Make Her Mine / Hipster Image』

Make Her Mine / Hipster Image どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.102 逃げられない運命と苦悩の日々。『Padam / Benjamin Biolay』

Padam / Benjamin Biolay どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.126 マイナーキー、スリーコードのみでコード進行を展開。痛みを感じるネオソウル。『Fool To Love / Nao』

Fool To Love / Nao どうも、GANO(@Past_Orange)です。 喜

記事を読む

Vol.20 AORのような美しいコード進行と転調と借用と完全音程と。『再見! / がんばれゴエモン』

再見! / がんばれゴエモン どうもGANO(@Past_Orange)です。 ゲーム音楽と

記事を読む

Vol.155 1つのコード進行をベースラインの変化でちょっとお遊び。『South Of The River / Tom Misch』

South Of The River / Tom Misch どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.111 悲しい過去と明るい未来の間にある前向きな感情。『ファビュラス / ビッケブランカ』

ファビュラス / ビッケブランカ どうも、GANO(@Past_Orange)です。 悲しい

記事を読む

Vol.130 マイナーキーのダイアトニックコードを使った基礎を固めた1曲。『ナイトステップ / フレデリック』

ナイトステップ / フレデリック どうも、GANO(@Past_Orange)です。 今まで

記事を読む

Vol.11 流れるようなベースラインが明るさと怪しさを共存させる。『D.A.N.C.E. / Justice』

D.A.N.C.E. / Justice どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.50 ディスコを今風ポップにアレンジ!『Wrapped Up feat. Travie McCoy / Olly Murs』

Wrapped Up / Olly Murs どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.138 怪しさとヒネくれで進みコーラスでは急に素直になるコード進行。『Universal / Nate James』

Universal / Nate James どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑