Vol.73 怪しく危なく魅力的な男に惹かれる。『Smooth Operator /Sade』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Smooth Operator /Sade

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

前々回で取り上げたThe bird and the Beeの曲でも悪い男に惚れている女性の歌でした。


今回もどうやらそんな感じ!いったいどうなっているんだ、女心!!

Sade – Smooth Operator

Sadeはイギリスの4人組バンド。初期作はジャズやソウルを中心とした楽曲で、アダルトな雰囲気が漂う曲ばかり。今回もかなり妖艶な雰囲気をバンバンに放っている曲ですよね、好きです。このサウンドに憧れますね。

では、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Smooth Operatorの歌詞について

Smooth Operatorとは口が達者で容量の良い人のことです。憎たらしいやつだ!みたいな悪口のような言い回しかな?

Diamond life, lover boy
He move in space with minimum waste and maximum joy
City lights and business nights
When you require streetcar desire for higher heights
輝くような生活 愛おしい人
彼は少ない浪費で遊び尽くし世界を飛び回る
街の光 ビジネスな夜
路面電車に乗るときだって高い所を選ぶ人

序盤から「この人いっつも旅行してるけど仕事してるの?お金どこから出るの?」感がプンプンの男ですね。遊びながらお金も調達して世界を飛び回っているみたい。路面電車でも高い場所を選ぶってところがプライドの高い男だと皮肉っていますね。でも、ラヴァーボーイです。

No place for beginners or sensitive hearts
When sentiment is left to chance
No place to be ending but somewhere to start
未熟者や繊細なやつは相手じゃない
感情的になったときチャンスは逃げる
終わりなんかない でもどこからか始まっている

No need to ask
He’s a smooth operator
聞くまでもない
彼はスムース・オペレーターよ

Coast to coast, LA to Chicago, western male
Across the north and south, to Key Largo, love for sale
海岸から海岸 ロスからシカゴへ 飛び回る男
北から南 キー・ラーゴへ 愛を振りまく男

これは完全に危ない男です。なぜ女性は危ない男に惹かれてしまうの!!口が達者でなぜかお金を持っている各地に愛人がいる男、なぜそんなやつと分かって惹かれてしまうのか。危険な恋に憧れてしまうのでしょうか。

Face to face, each classic case
We shadow box and double cross
Yet need the chase
顔を合わせてしまうことも前々からあるわ
私たちはいつでも騙し合う
でも追いかけていたい

A license to love, insurance to hold
Melts all your memories and change into gold
His eyes are like angels but his heart is cold
愛を得る資格 逃さないための保険
あなたは思い出も溶かしてお金に換えてしまうのね
彼の目は天使のよう でも心はとても冷たい

他の愛人と対面しても騙しあいが続くだけで男と別れる気はないみたいです。なにもかもをお金に換えて生きていて、心の底では誰も愛していないと分かっていてもその男に惹かれてしまうなんて、目を覚ましてください!!!

男として少し憧れてしまいますね。

スポンサーリンク

Smooth Operatorのコード進行について

コード進行は2パターンのみです。Aメロとサビが一緒なのでまずはそこから

譜面で
so1

キーエディターで
so2

Dマイナーの曲でⅠm→Ⅴm→Ⅳm→Ⅴmとマイナーコードのみの2小節繰り返しです。終わりのない繰り返しですね、スムース・オペレーターらしくただただマイナーコードを行ったり来たり。とってもシンプルで軽快なコード進行となっています。

続いてBメロ部分 その1
so3

キーエディターで
so4

Ⅳm7→Ⅴm7→Ⅰm→♭Ⅰaug→Ⅰm7/Ⅶ→#Ⅵm7♭5ですね。やはり後半のベース音が半音でレ→レ♭→ド→シと降りてくる場所がやりたいですよね!なんだか複雑そうにも見えなくもないですが、ファとラを弾きながらベースを下降していけば良いだけです!

ベース音のみが半音で下降していくだけなので簡単ですし、音の表情が毎回変わるので怪しさが出ます。ぜひ取り入れましょう!

そしてその怪しさ満点部分を差し替えてBメロ その2
so5

キーエディターで
so6

Ⅳm7→Ⅴm7→Ⅴm7/Ⅰです。その1で出てきた半音クリシェ部分は2回やると味が濃すぎるため、代わりにAm7/Dというコードを使用しています。またはD7(9,11)ですよね、テンションの高い複雑な響きです。入り混じった感情を音に出すとこんな感じなのでしょう、非常にアダルトな響きだと僕は感じます。

このように、癖になるコード進行は使いすぎると濃すぎて飽きてしまうので必要なところにスマートに使うと引き立ちます。ここぞ!ってときに使ってみましょう。

最後に

怪しい男に惹かれるのはなぜなんだ!と言ってきましたが、怪しい曲に惹かれてしまう僕も同じようなものですね。自分にはないものを持っている人に惹かれてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

GANO

怪しいというかちょっとヤバい



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.113 この愛自体がただの通り雨だったの。『みずいろの雨 / 八神純子』

みずいろの雨 / 八神純子 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 通り雨やスコ

記事を読む

Vol.105 サントリー ウイスキーのCMでおなじみ。『ウイスキーが、お好きでしょ / 石川さゆり』

ウイスキーが、お好きでしょ / 石川さゆり どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.98 仕事ばかりであなたに会えない。そんな私に何かしてよね! 『Whatcha’ Gonna Do For Me / Average White Band』

Whatcha' Gonna Do For Me / Average White Band どうも

記事を読む

Vol.84 韓国語と英語が美しく混ざるラウンジミュージック。『You Never Know / Clazziquai Project』

You Never Know / Clazziquai Project どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.69 大人の失恋は切なさもごまかしてしまう。『セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~ / 土岐麻子』

セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~ / 土岐麻子 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.47 曖昧で不確かで言葉にできないような感情。『なんだかもう / Kidori Kidori』

なんだかもう / Kidori Kidori どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.112 エレクトロファンクな1曲! 『I Don’t Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak & Smaak』

I Don't Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak &am

記事を読む

Vol.45 たとえ君が何者だろうと、愛しさに変わりはないよ『Some Day / We’ll Make It Right』

Some Day / We'll Make It Right どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.11 流れるようなベースラインが明るさと怪しさを共存させる。『D.A.N.C.E. / Justice』

D.A.N.C.E. / Justice どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.85 巡り巡ってやっと君と出会えたよ。『Runnin Around / Zak Waters』

Runnin Around / Zak Waters どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail