Vol.40 電気グルーヴ”Shangri-La”の元ネタの曲!『Spring Rain / Silvetti』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Spring Rain / Silvetti

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

電気グルーヴが1997年にリリースした『Shangri-La』はご存知でしょうか?

僕らの世代もドンピシャではないですが、電気グルーヴといえばこれだよね!ってほどに定番になっています。

この曲には元ネタがあります。それがこれ!

イントロやサビの部分はほとんど丸使いされていますね。スペインを拠点に活動していた、アルゼンチン出身のジャズピアノストSilvetti(もしくはBebu Silvetti)のSpring Rainです。

リリースは1977年。コードを弾むようにバッキングするピアノ、旋律を奏でるストリングス、4つ打ちのキック、16分音符で刻まれるタンバリンが特徴的で、ハウス・ミュージックの走りとも言われています。電子化が進むにつれて90年代2000年代に盛り上がっていったハウスですが、原型は70年代のディスコにあるようです!

スポンサーリンク

コード進行について

6分近くある長い曲ですが、コード進行は1種類です。

譜面で

springrain1

キーエディターで

springrain

Dm7(9)とEm7の2つのコードを2小節ごとに入れ替えるのみです。そして途中途中に駆け上がるストリングスやドラムのフィルによってこのコード進行が半音上がったE♭m7(9)とFm7(上がったと考えるとD#m7(9)とE#m7ですが)へと突然変わったり、また戻ったりします。それ以外の変化といえば音の差し引きぐらいです。聴く人によってはとっても退屈かと思います。

 

『同じことを飽きもせず何回も繰り返している曲』ですが、これが当時の『簡単に乗れて、知らなくても踊れる曲』だったのでしょう。

 

また、タイトルの『Spring Rain,春の雨』、あなたは春の雨にどんなイメージを持っていますか?夏の雨はジメジメとしたイメージ、秋の雨は乾燥した空気を潤してくれる、冬は凍えるほど冷たいイメージを僕は持っていますが、春の雨には特に何のイメージも持っていません。

強い主張はないのだけれど、でもないとなんだか寂しいような。まさに『Spring Rain』な曲だと感じます。

 

きっとこの曲は、ディスコやバーで会話を邪魔することなく流れることを想定して作られた曲なんだと僕は思います。音楽がメインではなくBGMとして使用されることを狙って作られたからこそ、ヒットしたのではないかと感じます。

スポンサーリンク

最後に

Silvettiの曲はイージーリスニング的なものも多く、うっすらと流しておくにはうってつけと言えます。アルバム内でいえばContigoもオススメです!

梅雨の時期はジメジメとして嫌ですが、この曲を聴いて爽やかな気持ちで乗り切るってのはどうでしょうか?

GANO

ハウス好きはこの曲もオススメ!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.29 嘘もホントも酸いも甘いも、すべて僕のことなんだ。優しく寄り添って歌う『フィルム / 星野源』

フィルム/星野源 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 4月より星野源の所属事

記事を読む

Vol.88 やりきれない日常と、自分自身から逃げ出したい。『The Reeling / Passion Pit』

The Reeling / Passion Pit どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.67 もう1杯飲んだら欠点も見えなくなるぜ。『One More Drink / Ludacris feat.T-Pain』

One More Drink / Ludacris feat.T-Pain どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.11 流れるようなベースラインが明るさと怪しさを共存させる。『D.A.N.C.E. / Justice』

D.A.N.C.E. / Justice どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.48 恋の病にかかってしまった!楽しそうだから良しとす。『LUV PANDEMIC / TOWA TEI』

LUV PANDEMIC / TOWA TEI どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.155 1つのコード進行をベースラインの変化でちょっとお遊び。『South Of The River / Tom Misch』

South Of The River / Tom Misch どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.136 1つのコード進行が懐かしさに潜む感情を引きずり出す。『夜を使いはたして feat. PUNPEE / STUTS』

夜を使いはたして feat. PUNPEE / STUTS どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.84 韓国語と英語が美しく混ざるラウンジミュージック。『You Never Know / Clazziquai Project』

You Never Know / Clazziquai Project どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.111 悲しい過去と明るい未来の間にある前向きな感情。『ファビュラス / ビッケブランカ』

ファビュラス / ビッケブランカ どうも、GANO(@Past_Orange)です。 悲しい

記事を読む

Vol.71 悪い人だけど、でもどうしても惹かれてしまう。『You’re a cad / The bird and the Bee』

You're a cad / The bird and the Bee どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail