Vol.39 呑気な日々を送れるのは、戦いが終わったからなんだ。『Saturday in the park / Chicago』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Saturday in the park / Chicago

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

家の近くには大きめの公園があります。休日にもなると子供達が縄跳びをしたりボール遊びをしたり、日陰でレジャーシートを弾いて眺めている親たちがいたり。とってもスローでのどかな風景を目にします。

ある公園の、ある土曜日。

Chicagoはアメリカのホーンセクションが目立つバンドです。なんとなく聴いたことがある曲、フレーズだと思います。ゆったりとして公園で聴きたい曲ですね。

さて、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

歌詞について

イントロ、そして繰り返されるサビが印象的です!!

Saturday in the park
I think it was the Fourth of July
土曜日の公園、たしか7月4日のね

7月4日とはアメリカの独立記念日のことです。そんな日に、呑気にベンチに座ってる。

People dancing, people laughing
A man selling ice cream, singing Italian songs
人々は踊って、笑って。アイスクリーム売りがイタリアの歌を歌ってるよ

Slow motion riders fly the colors of the day
A bronze man still can tell stories his own way
Listen children, all is not lost,
All is not lost, oh no, no,
呑気なライダーは記念日の旗を掲げてる。銅像の男の言葉はまだ生きているかな
聞きなさい子供たちよ、全てを失ったわけじゃない。全てを失ったわけじゃ...

幸せな日々が流れる公園。銅像は初代大統領ジョージ・ワシントンのことですね。全てを失ったわけではないということは、失ったものが少なからずあったということ。

Funny days in the park
Every day’s the Fourth of July
おかしな公園での日々、毎日が7月4日だね

People reaching, people touching
A real celebration
Waiting for us all
If we want it, really want it
人々は手と手を取り合って
本当の祝福が僕らを待ってるよ。僕らが望むなら、本当に望むならね

And I’ve been waiting such a long time
For the day
長い間こんな日が来ることを待っていたよ

記念日じゃなかろうとも、人々は手を取り合って笑いあう。そんな日々があることに感謝するような歌詞になっています。反戦ソングとなっているわけですね。

戦争で多くを失ったけど、今は幸せに生きている。また失う日々が来ないように、手をとり合おう。そんなメッセージを感じます。

 

独立記念日の1776年7月4日は、実はアメリカはまだ独立していません。当時はまだまだイギリスからの植民地支配を受けていて、士気を上げるために独立するぞ!と宣言を行ったのがこの日なんだとか。実際にアメリカが独立できたのは7年後の1783年、そこから憲法ができジョージ・ワシントンが大統領就任するのが1789年なので、しっかり国として成り立ったのは記念日から13年後。

なので、独立記念日はそこまで重要視されてないこともあり、呑気に公園のベンチに座っている人もいるとかいないとか。花火とBBQはやるらしいよ

スポンサーリンク

コード進行について

やはりサビのコード進行ですね。

譜面で
saturday

キーエディターで
saturday1

CメジャーのⅥ→Ⅱ→Ⅴ→Ⅰになっていて、ⅡがⅤに行くためのセカンダリードミナントであったり、Ⅴが分数コードになっていたりと複雑になってるように文字にすると思えちゃうんだけど、弾いてみると結構あるあるなコード進行かと感じます。

このコード進行のいいところは、トップノートがミーレーレレーってずっと鳴るところ。内声でソーソ♭ーファーミーと半音で下降していくところ。この2つがとっても美しいです。半拍食ってコードが入るところも好きです。

 

何の癖もないよくある循環コードであるだけに、『幸せが当たり前なるこんな日々』を待ち望んでいたと歌うこの歌詞にマッチしてるのかもしれません。

最後に

YUKIのメランコリニスタもこの曲をモチーフにイントロを作ってます。キーは違うけど

あと、サビを繰り返し聴きたい人にはこちらもオススメ!

Fafa Monteco – Saturday

ハウスなら何回繰り返しても許させる!

定番のコード進行で作曲してみてはどうでしょうか?

GANO

こっちもホーンアレンジがかっこいいよ!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.84 韓国語と英語が美しく混ざるラウンジミュージック。『You Never Know / Clazziquai Project』

You Never Know / Clazziquai Project どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.106 東京はゾンビばっかりでうんざりだ。『STAY TUNE / Suchmos』

STAY TUNE / Suchmos どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.42 熱く開放的な夜には、何かが起こる予感『Fire / Matt Bianco』

Fire / Matt Bianco どうも、GANO(@Past_Orange)です。 夏

記事を読む

Vol.44 私たちは最高の愛を手に入れたのよ!『Best Of My Love / The Emotions』

Best Of My Love / The Emotions どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.71 悪い人だけど、でもどうしても惹かれてしまう。『You’re a cad / The bird and the Bee』

You're a cad / The bird and the Bee どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.131 近親調から”トゥーファイブワン”を借用して終止感を薄めるディスコサウンド。『Back Seat Lover / Mayer Hawthorne』

Back Seat Lover / Mayer Hawthorne どうも、GANO(@Past_

記事を読む

Vol.27 甘い歌声であなたを誘う!少しだけ上品に踊りたい。『Ballroom Girl / Tuomo』

Ballroom Girl / Tuomo どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.12 ヌルッと4回も転調する浮遊感のある大人な曲。『A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne』

A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne どうもGANO(@

記事を読む

Vol.156 コード進行は1つだけ、メロディとアレンジで展開を。『Done For Me feat. Kehlani / Charlie Puth』

Done For Me feat. Kehlani / Charlie Puth どうも、GANO

記事を読む

Vol.5 Earth, Wind & Fire や Michael Jacksonへのリスペクトを感じるディスコソング。『Treasure / Bruno Mars』

Treasure / Bruno Mars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail