Vol.95 落ち着け、早まるな。法を破る行為はお前の脳天も破る。『Pause / Run-D.M.C.』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Pause / Run-D.M.C

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

自分の楽な方に、快楽に溺れていくことは、悪いとは言いません。

でもそれが身を滅ぼすことになるようなことであれば、一度落ち着いて考え直しましょう。

今回紹介するのはこの曲!


RUN-DMC – Pause

もう日本人が思うHip HopのイメージはほとんどRun-D.M.C.なんじゃないでしょうか。

アディダスのでかいスニーカーとか金ぴかのネックレスとかグラサンとか。古くからのHip Hopのスタイルを作ったのはこの世代の人たちですね。

さて、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Pauseの歌詞について

ラップなのでスラング入りまくりの韻踏みまくりで訳すのは難しいのですが、ザックリと。

まず、タイトルにもなっているPause、曲中でも何回も出てきますね。

Pause!休止です。止まれ!一回落ち着け!って感じですね。誰に言っているのでしょう?

AFROS!アフロですね、黒人ってことです。Brotherとも言っていますので、仲間って意味ですね。同朋ってニュアンスです。

仲間たちにやめとけ!!って言ってます。じゃあなにを?

be out there doin crack…コカインをやりに行って飛ぶのはもうやめろって言ってるんですね〜。

法を破る行為ってのはお前の頭も砕くことだって止めにかかってます。ハーブとか違法薬物についてですね。

そう、この曲はRun-D.M.C.が仲間たちに向けて犯罪に手を染めるな!ちょっと待て落ち着け!!って訴えている曲です。

かっこいいですよね、楽曲で仲間たちに訴えるってのは。1990年のアメリカの状態が分かりますね。

スポンサーリンク

Pauseのコード進行について

コード進行はコーラス部分の1パターンです。

譜面で
pause1

キーエディターで
pause2

B♭マイナーの曲ですね、ⅥM7→Ⅴ7→Ⅰm7→Ⅴaug7/Ⅳです。

ⅥM7→Ⅴ7→Ⅰm7までは定番のマイナー調、泣かせコード進行です。この後になにを持ってくるかで雰囲気を変えていくのだと思います。

PauseではⅤaug7/Ⅳです。これはⅡ7の代用ですね、Faug7/E♭であればラがシ♭に行きたくて仕方ない響となっています。

ⅥM7→Ⅴ7→Ⅰm7→Ⅱ7を使う際に、一部だけこちらを使うのもアリだと思います。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

Pauseのドラムパターンについて

せっかくなのでかっこいいビートをさ、ドラムパターンって感じで載せときます。

pause3

ドラムパターンも1小節を繰り返し鳴らすのみです。Hip Hopなのでサンプリングで回して使っていると思ってください。

3回繰り返したのち、4回目にだけタムというかなんというか、パーカッションの音が入ります。

Hip Hopなので跳ねまくってます!全体的に16分音符でスウィング100%、それ以上があるならそれ以上に設定するとそれっぽくなります!

ただし、Tom2(実際は別音色のキック?)だけは一切跳ねてません。ここポイントですね。

pause4

ずっと跳ねていたのに、1つの音色だけ跳ねずに刻んでくることで、そこだけ冷静になったようなスカした感じが出てます。

音数も少ないので、Hip Hop系のドラムキットで打ち込んでみましょう!

Hip HopやBreakbeats系はサンプリングなので面白い組み合わせ方をしてます。

このようなドラムパターンをポップスなど他のジャンルで使うとまた違った感じが出てオススメです!

最後に

Hip Hopの曲は、というかHip Hopで何かを伝えようとしている人たちは、何か社会的なメッセージを楽曲に盛り込もうとしています。

政治だったり薬物だったり、何か間違っているんじゃないかと訴えている曲が多い気がしますね。

普段疑問に思っている日常のことを、楽曲に入れてみてはどうですか?

GANO

Hip Hopをお求めなら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.127 ♭9や♭13が半音でぶつかり不穏な空気を演出する繊細な1曲。『Dream On / Aerosmith』

Dream On / Aerosmith どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.130 マイナーキーのダイアトニックコードを使った基礎を固めた1曲。『ナイトステップ / フレデリック』

ナイトステップ / フレデリック どうも、GANO(@Past_Orange)です。 今まで

記事を読む

Vol.108 宇宙に放り出された宇宙飛行士の、恋人への想い。『See You Again / GANO』

See You Again / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.75 去年のクリスマスは君に愛を捧げたのに。『Last Christmas / Wham!』

Last Christmas / Wham! どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

ARTISTS一覧

ARTISTS一覧 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 ANALYZEでは歌

記事を読む

Vol.57 コールセンターでのイライラの曲です。『Thanks For Your Time / Gotye』

Thanks For Your Time / Gotye どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.84 韓国語と英語が美しく混ざるラウンジミュージック。『You Never Know / Clazziquai Project』

You Never Know / Clazziquai Project どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.131 近親調から”トゥーファイブワン”を借用して終止感を薄めるディスコサウンド。『Back Seat Lover / Mayer Hawthorne』

Back Seat Lover / Mayer Hawthorne どうも、GANO(@Past_

記事を読む

Vol.27 甘い歌声であなたを誘う!少しだけ上品に踊りたい。『Ballroom Girl / Tuomo』

Ballroom Girl / Tuomo どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.154 浮遊感の強いノルウェーのひんやりディスコポップ。『Fight or Flight or Dance All Night / Kommode』

Fight or Flight or Dance All Night / Kommode どうも、

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail