Vol.96 まっすぐな表現が可愛らしい曲!『Heartbeat / tahiti 80』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Heartbeat / tahiti 80

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

口説くときにはくさいセリフの方が効果的だってこともありますが、素直にありのままを伝えるのが好きな方も多いはず。

全力で好きだってことが伝わればそれで良いんですね。

今回紹介する曲はこちら!


Tahiti 80 – Heartbeat

非常に可愛らしい曲ですね!イス回りすぎて歌いづらそう

フランスのポップバンド、Tahiti 80の初期作品ですね。最初からポップセンス抜群です!

さて、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Heartbeatの歌詞について

歌詞はとっても短くてですね、基本は繰り返しとなっています!

Enough for me is not much for you
Won’t you forgive me? That’s all I can do
Can you feel my heartbeat
When I’m close to you?

精一杯相手に愛を伝えているけど、どうも満足してくれないみたい。でも許して〜って言ってますね。必要以上に頑張らない感じ、穏やかな感じがしていいですね。

寄り添っているだけでドキドキしてるんだけど、わかる?って可愛いですね!こんなん言われたらハッとしますよね。

I’ll never find another way to say
I love you more each day
It’s quite romantic I know
That’s how I wanna feel today
I wanna feel this way

後半はちょっと自分に酔っている感じあります。ずっと酔ってるのかも!

自分に酔いしれていたとしても、君を全力で愛していることに変わりはないので問題ないですよね。

この歌詞の可愛らしさはシンプルな言い回しからも来ているのですが、これはフランス人が英語詞を書いているからですね。

日本人にもわかりやすい定型文のような歌詞で、ハキハキとしゃべっているように聞こえるため可愛らしさが増します。

日本語詞を書く際も同じことがいえるのかな?と思います。

幼く可愛らしい歌詞を書きたいならあえてかしこまって書く、大人っぽくしたいなら省略しまくって隠喩を多用するとか。

スポンサーリンク

Heartbeatのコード進行について

コード進行はヴァースとコーラスの2種類です!

ヴァース部分 譜面で
heartbeat1

キーエディターで
heartbeat2

Dメジャーの曲なのでGM7→DM7です。ⅣM7→ⅠM7ですね、これを2回繰り返しています。

メジャーセブンスコードを2つ繋げただけのシンプルなコード進行ですね、明るく爽やかで、少しリッチな印象を受けます。

このⅣM7→ⅠM7ってシンプルすぎて味気ないと感じるかもしれませんが、このアナライズコーナーではかなり出てきているコード進行です。

結構使われてて、メロディのつけ方が大事だよって感じですね。コードのみで変化が少ない分、メロディ凝れるよって感じ。

コーラス部分 譜面で
heartbeat3

キーエディターで
heartbeat4

DM7→D7→GM7→Em7です。ⅠM7→Ⅰ7→ⅣM7→Ⅱm7ですね!

D7はGM7へ行くためのセカンダリードミナントですね、DM7から7thの音を半音下げただけの繊細なコードチェンジです。

GM7→Em7も構成音が1つしか違わないので、繊細な動きをしていると感じます。

ダイナミックに動くというよりも、曲の内容から可愛らしい心の変化をコード進行でも表現していると言えますね。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

歌詞もコード進行も、アレンジも込みでシンプルな楽曲です。シンプルが故に可愛らしいですよね。

春にこんな爽やかな曲はいかがでしょうか?

GANO

Tahiti 80の最近はこんな感じ



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.121 一時転調とコードのスライドによって気持ちの高ぶりを表現する1曲。『Don’t Take Your Time / Roger Nichols & The Small Circle of Friends』

Don't Take Your Time / Roger Nichols & The Sma

記事を読む

Vol.61 UK Music Video Awards 2015に選ばれた。『Don’t Sing feat.Benny Sings / Data』

Don't Sing feat.Benny Sings / Data どうも、GANO(@Past

記事を読む

Vol.79 花嫁を奪って駆け落ち。それは道に迷うのか、それとも拓くのか。『Get Lost / Breakbot』

Get Lost / Breakbot どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.66 直球すぎて恥ずかしくなるラブソング。『I Like It / DeBarge』

I Like It / DeBarge どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.5 Earth, Wind & Fire や Michael Jacksonへのリスペクトを感じるディスコソング。『Treasure / Bruno Mars』

Treasure / Bruno Mars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.130 マイナーキーのダイアトニックコードを使った基礎を固めた1曲。『ナイトステップ / フレデリック』

ナイトステップ / フレデリック どうも、GANO(@Past_Orange)です。 今まで

記事を読む

Vol.27 甘い歌声であなたを誘う!少しだけ上品に踊りたい。『Ballroom Girl / Tuomo』

Ballroom Girl / Tuomo どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.149 価値あるものはのし上がらないと分からない。『Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris』

Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris

記事を読む

Vol.114 短3度上のキーへ行ったり来たりして違和感なく場面変化を与える曲。『On My Way / Giovanca』

On My Way / Giovanca どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.11 流れるようなベースラインが明るさと怪しさを共存させる。『D.A.N.C.E. / Justice』

D.A.N.C.E. / Justice どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail