Vol.155 1つのコード進行をベースラインの変化でちょっとお遊び。『South Of The River / Tom Misch』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE

South Of The River / Tom Misch

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

今住んでいる場所がベストな場所だと思えている人はどれほどいるのでしょうか。

田舎で育った人は、都会の生活に慣れたあと、田舎の生活に戻ることができるでしょうか。その逆も。

今回紹介するのはこの曲!


Tom Misch – South Of The River (Official Audio)

Tom Mischの2017年の楽曲です。

Tom Mischはイギリスのシンガーソングライター、トラックメイカー、ギタリストですね。若いのに多彩なミュージシャンです。

このSouth Of The Riverもトラックがシンプルで気持ちが良いですね!

South Of The Riverとは川の南側という意味もあれば、ある特定の場所を指す言葉でもあります。

Tom Mischはイギリス人かつロンドン出身なので、テムズ川より南の、南ロンドンを指しているのかもしれません。

南ロンドンはちょっと田舎? ちょっとのどかなんだとか。

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

South Of The Riverの歌詞について

歌詞の一部を引用して見ていきましょう。

I want to stay South of the River
With the chains and the gold
We could be out here together
But, you have places to go

「South of the River」はテムズ川より南、南ロンドンということでしょう。

南ロンドンのことでもあるし、南ロンドン側から川を眺めてる、川の南側と考えるとぴったりです。

「the chains and the gold」は、ギャングスターな感じではなさそうなので、輝かしい絆と考えてみました。

みんなで一緒に南ロンドンに集まってきたのに、いつしかバラバラになっていく。そんな情景が見えます。

Watching the sunshine blaze the gray
I don’t know why you wouldn’t stay
You should come South of the River
Where the loving is gold

太陽が薄暗く照らす、という表現なので夕日にしてみました。朝日の可能性もあるな〜と思いつつも、切ない感じが夕日かなと。

川沿いで夕日が沈むのを見ているのかもしれません。こんな風景を君といつまでも見ていたかった。そんな感じ。

外の世界に出なくても、ここにいれば幸せなのに。なんで君は出て行くんだい? わけがわからないよ。

そんな、離れ離れになる友人たちや恋人を思っている曲に感じます。

取り残された自分という悲しい聴き方もできますし、南ロンドン最高だよね! という賛歌にも聴こえますね。

歌詞を書く際の参考にしてくださいね。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

South Of The Riverのコード進行について

ではコード進行を見ていきましょう。

South Of The Riverは1つのコード進行を、ベースラインを変えることで2つのコード進行にしています。

コード進行1 譜面で

キーエディターで

South Of The RiverのキーはDマイナーになります。

Dm7→Bm7♭5→B♭M7/C→Bm7/A→Aaug add9なのでⅠm7→#ⅥM7♭5→Ⅵm7/Ⅶ→#Ⅵm7/Ⅴ→Ⅴaug add9です。

なにやら難しそうな字面ですね。

キーエディターを見てもらえると、そこまで大きな変化をしているわけではないことがわかります。持続音が結構ありますね。

ゆるやかな変化をベース音で複雑に見せている感じでしょうか。

半音の動きとベースのダイナミックさでバランスをとっているコード進行だと言えます。セクシーだと感じますね。

先ほども述べましたように、このコード進行のベースのみを変えて、ちょっと雰囲気の違うコード進行をもう1つ使っているんです。

コード進行2 譜面で

キーエディターで

Dm7→Bm7♭5/F→Gm9→Bm7/A→Aaug add9なのでⅠm7→#Ⅵm7♭5/Ⅲ→Ⅳm9→#Ⅵm7/Ⅴ→Ⅴaug add9です。

2小節目、3小節目のコードが違いますね。ただ構成音は変わりません。

コード進行1は不安(緊張)と緩和の繰り返しが強め、コード進行2は順次進行で流れに身を任すような感覚です。

ぶっちゃけそんな聴き心地は変わりません! ベースが自由に動いちゃってるぐらいの違いです。

コード進行1と2を入れ替えても大きく変化してるようには聞こえませんが、ちょっとした遊びとして、歌メロとの兼ね合いで差し替えてみても良いのではないでしょうか?

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

こんなクールなトラックなのに、ちょっと寂しい内容の曲ですよね。

日本で言えば「木綿のハンカチーフ」のような曲なのかもしれません。

GANO

別れの寂しさを感じる曲です



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.6.5『サンプリングってなに? Daft Punk編』

サンプリングってなに? Daft Punk編 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.43 可愛いあの娘を僕のものにしたい。だって可愛いからね!『Make Her Mine / Hipster Image』

Make Her Mine / Hipster Image どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.91 流行とか世代じゃなくて、君と話すのが好きなんだ。『Young Folks / Peter, Bjorn & John』

Young Folks / Peter, Bjorn & John どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.68 ディスコ・クラシックスとして有名!『A Night To Remember / Shalamar』

A Night To Remember / Shalamar どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.10 ハーモニックマイナーやメロディックマイナーをコードに活かしたNu-Disco。『Baby I’m Yours / Breakbot』

Baby I'm Yours / Breakbot どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.108 宇宙に放り出された宇宙飛行士の、恋人への想い。『See You Again / GANO』

See You Again / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.27 甘い歌声であなたを誘う!少しだけ上品に踊りたい。『Ballroom Girl / Tuomo』

Ballroom Girl / Tuomo どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.74 ただ単純に素直にクリスマスを楽しもう!『Wonderful Christmas Time / Paul McCartney』

Wonderful Christmas Time / Paul McCartney どうも、GAN

記事を読む

Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

Because We Can / Fatboy Slim どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.131 近親調から”トゥーファイブワン”を借用して終止感を薄めるディスコサウンド。『Back Seat Lover / Mayer Hawthorne』

Back Seat Lover / Mayer Hawthorne どうも、GANO(@Past_

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail