Vol.135 ドミナントを多用し勢いをつけたダンスナンバー。『Chance and Fly feat. Hamish Stuart / The Baker Brothers』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE , ,

Chance and Fly / The Baker Brothers

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

「日本人ウケの良い楽曲」という分類の仕方がありますよね。キャッチーなメロディーでノリの良いリズム。

その反面、玄人には軽すぎてウケない曲になりがちなのですが、こちらの曲はどうでしょうか?


Chance & Fly feat. Hamish Stuart / The Baker Brothers

イギリスのJazz Funk BandであるThe Baker Brothersの2008年の楽曲です。

ダン・ベイカーとリチャード・ベイカーの兄弟が始めたバンドだったのでThe Baker Brothersなのですが、2016年現在は2人とも脱退。

ベイカーブラザーズのいないThe Baker Brothersとなっています。僕的には複雑。この楽曲では2人ともいますのでね。

ボーカルをとるのはあのAverage White BandのHamish Stuartです!

イギリス人が黒いサウンドをやるということでは大先輩になりますね。志が一緒なのでしょう。

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

Chance and Flyの歌詞について

歌詞を見ていきましょう。

……と、言いたかったのですが、なぜか歌詞が見つかりません。

残念ですね〜。

見つかり次第追加しますので、よろしくお願いします。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

Chance and Flyのコード進行について

では、コード進行を見ていきましょう。

ここでは、イントロ・ヴァース・コーラス・間奏・アウトロと考えていきます。

イントロ

イントロ1 譜面で
caf1

キーエディターで
caf2

Chance and FlyのキーはA♭メジャーになります。

D♭→Cm→B♭m→A♭なのでⅣ→Ⅲm→Ⅱm→Ⅰです。

Ⅳからダイアトニックコードを順番に降ってくるコード進行です。

終止しますよ〜終止しました〜と丁寧な感じがしますね。

淡白ではなく順序だてて説明してくれる優しい先生的なコード進行だと僕は感じます。

If I Ain’t Got You / Alicia Keysや、Man In The Middle / Roos Jonkerも7thを加えた同じコード進行を使っています。



イントロ2 譜面で
caf3

キーエディターで
caf4

Fm→F♭→G♭→Fm→E♭m→B♭mなのでⅥm→♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅵm→Ⅴm→Ⅱmです。

F♭(Eと同じです)がハッとさせますね、このままE♭へ進みたくなります。

その流れを踏まえつつ、A♭メジャーの下属調D♭メジャーからコード進行を借用してきます。

G♭→Fm→E♭mの部分ですね、E♭メジャーならⅣ→Ⅲm→Ⅱmです。

Fmというピボットコードを経由しつつ、Fm→F♭で起きたE♭へ向かいたい流れをE♭mで消化、またピボットコードのB♭mで着地する技ありなコード進行です。

ポップでキャッチーなコード進行ですが、聴く人が聴くと知的な感じを与えられます。

ヴァース

ヴァース1 譜面で
caf5

キーエディターで
caf6

D♭m→Fm/CなのでⅣm→Ⅵm/Ⅲです。

D♭m、これは同主調A♭マイナーからの借用和音です。

なので出だし1発目にD♭mが来るだけでグッと怪しい感じが出ていますね。

Fm/CがA♭メジャーのコードなので、メジャーキーとマイナーキーを行ったり来たりしているようで怪しさが増しています。

ヴァース2 譜面で
caf7

キーエディターで
caf8

D♭m→Fm/C→Fm/B♭なのでⅣm→Ⅵm/Ⅲ→Ⅵm/Ⅱです。

ヴァース1の最後にFm/B♭が加わった形です。

Fm/B♭はB♭7を少しまろやかにした和音なので、Fm/C→Fm/B♭でE♭へ向かうためのトゥーファイブができています。

こちらもD♭mのマイナー感とトゥーファイブのメジャー感が良い対比となっていると感じます。

ヴァース3 譜面で
caf9

キーエディターで
caf10

D♭m→Fm/C→B♭mなのでⅣm→Ⅵm/Ⅲ→Ⅱmです。

ヴァース1と2の変形になりますね。変形ですが、効果は異なります。

ヴァース2と違いはB♭mしかありませんが、Fm/B♭はB♭7であるので向かう先が違います。

こちらはレ♭→ド→シ♭と降ってくることに加え、ダイアトニックコードであるB♭mを使用することでトニックに戻る落ち着いた流れを作っています。

ヴァース1と2の変形でありますが、効果はイントロ1と似ています!

コーラス

コーラス1 譜面で
caf11

キーエディターで
caf12

D♭→Cm→B♭m→B♭m/E♭なのでⅣ→Ⅲm→Ⅱm→Ⅱm/Ⅴです。

これは定番のコード進行、Ⅳから降りてきてトゥーファイブする形です。

丁寧に終止することを説明しながらも、落ち着きすぎずトゥーファイブでしっかりと盛り上げています。

恋 / 星野源や、Believe In Me / Todd Rundgrenでも似たようなコード進行を使っていますよ。


コーラス2 譜面で
caf13

キーエディターで
caf14

Fm→F♭→E♭m→E♭m/A♭なのでⅥm→♭Ⅵ→Ⅴm→Ⅴm/Ⅰです。

ここではイントロ2同様に、下属調のD♭メジャーから借用されています。

D♭メジャーと考えると、Ⅲm→♭Ⅲ→Ⅱm→Ⅱm/Ⅴですね。実はコーラス1と似ているんです!

Ⅲから降ってきてF♭をいれて半音での流れを作りつつ、トゥーファイブをする丁寧で勢いのあるコード進行です。

近親調からこのようにガッツリコード進行を借りてくることもできます。

間奏

間奏1 譜面で
caf15

キーエディターで
caf16

F♭→E♭→E♭♭→D♭なので♭Ⅵ→Ⅴ→♭Ⅴ→Ⅳです。

これに関してはメジャーコードのスライド! としか言いようがありませんね。

勢いある明るいコード進行です。飛び道具的に、メロディーを乗せるよりは最後のコードに着地するまでの助走のように使うと良いです。

間奏2 譜面で
caf17

キーエディターで
caf18

E♭→E♭♭→D♭→E♭m7♭5/B♭♭なのでⅤ→♭Ⅴ→Ⅳ→Ⅴm7♭5/♭Ⅱです。

E♭→E♭♭→D♭の流れは間奏1同様にメジャーコードのスライドですね。

間奏2ではトニックに戻るための準備をしっかりとしています。

D♭→E♭m7♭5/B♭♭はフォーファイブの変形、E♭7ではなくE♭m7♭5/B♭♭を使うことで明るすぎない前進感&ベースをB♭♭(ラですね)にすることで半音下降でA♭に着地することができます。

スカすようにぬるっとトニックに戻るためのコード進行だと言えます。

アウトロ

アウトロ 譜面で
caf19

キーエディターで
caf20

アウトロといいますか、アウトロに向かうためにコーラスの最後の最後に入れられたコード進行を紹介します。

Fm→F♭→B♭♭→E♭♭→C♭→D♭♭なのでⅥm→♭Ⅵ→♭Ⅱ→♭Ⅴ→♭Ⅲ→♭Ⅳです。

フラットばかりですいません。The Baker Brothersの代わりに謝っておきます。

F♭から強進行でまずB♭♭へ、この時点でドッペルドミナントになっていますね。トリプルドミナントですね、これ言わないでしょうが。

つまり勢い重視のメジャーコード連発コード進行です。

最後のC♭→D♭♭でD♭mへ戻るための流れを作っています。パワーがすごい

明るく軽快に演奏されていますが、実はこのような知的な流れが確認できる曲となっています。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

軽快で聴きやすく、SoulやFunkの入りには十分ですが、玄人ウケも良い楽曲だと思います。

Hamish Stuartってのがまたいいですよね!

GANO

Average White Bandの楽曲もぜひ聴いてみてください!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.31 怒りながら「大好きよ!」って言っているところが女心の難しいところ。男はいつも翻弄される『Man In The Middle / Roos Jonker』

Man In The Middle/Roos Jonker どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.119 オートチューンヴォイスとポップでキュートな雨上がりハウス。『Rainbow / i-dep』

Rainbow / i-dep どうも、GANO(@Past_Orange)です。 雨をテー

記事を読む

Vol.126 マイナーキー、スリーコードのみでコード進行を展開。痛みを感じるネオソウル。『Fool To Love / Nao』

Fool To Love / Nao どうも、GANO(@Past_Orange)です。 喜

記事を読む

Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

Because We Can / Fatboy Slim どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.154 浮遊感の強いノルウェーのひんやりディスコポップ。『Fight or Flight or Dance All Night / Kommode』

Fight or Flight or Dance All Night / Kommode どうも、

記事を読む

Vol.149 価値あるものはのし上がらないと分からない。『Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris』

Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris

記事を読む

Vol.45 たとえ君が何者だろうと、愛しさに変わりはないよ『Some Day / We’ll Make It Right』

Some Day / We'll Make It Right どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.81 愛しているからこそ、今言わなければいけない。『Something About Us / Daft Punk』

Something About Us / Daft Punk どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.97 ギターとホーンセクションがめっちゃかっこいい!『ショコラ・ティアラ / 三村かな子 (CV:大坪由佳)』

ショコラ・ティアラ / 三村かな子 (CV:大坪由佳) どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

Vol.69 大人の失恋は切なさもごまかしてしまう。『セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~ / 土岐麻子』

セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~ / 土岐麻子 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail