Vol.149 価値あるものはのし上がらないと分からない。『Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE , , ,

Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

絵画の価値ってわかりますか? 何が上手くて何が下手か、僕にはよくわからないのですが。

芸術作品というものは、そのもの自体に決まった価値があるのではなく、受け取る側が価値を見いだすものなのでしょう。

何も知らない赤ちゃんは、金塊よりもガラガラが大事という話もありますよね。

今回紹介するのはこの曲!


Calvin Harris – Slide (Audio Preview) ft. Frank Ocean & Migos

スコットランドのDJ Calvin Harrisの2017年の楽曲です。アルバム「Funk Wav Bounces Vol. 1」に収録されますね。

Calvin HarrisはEDMの人という印象があり、積極的に聴いてはいなかったのですが、このSlideはすごく良い!

というか「Funk Wav Bounces Vol. 1」がかなり良いと感じています。

EDM路線から、ソウル路線にシフトしたのでしょうか?

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

Slideの歌詞について

歌詞の一部を引用して見ていきましょう。

I might
Empty my bank account
And buy that boy with a pipe
Buy that boy with a pipe
I might, I might

「パイプを持つ少年」とはピカソの絵画ですね。今ちょろっと調べてみたんですけど、最高額が130億円!

なんで130億円の絵が欲しいのさって気持ちもそうですが、それよりも口座に130億円入っていることの方が驚き。

お金なんてのはただの紙で、価値はないんだよ。価値あるものを手に入れよう、そんなことを言いたいのかなと思います。

Do you slide on all your nights like this?
Do you try on all your nights like this?
Put some spotlight on the slide
Whatever comes, comes through clear

タイトルにある「Slide」が出て来ました。Do You Slideの部分のSlideは、自分の腰がスライドしているってことですね。前後か、上下か。

こんな風に毎晩楽しみたいかい? と言ってますね。挑発的です。やれるもんならやってみろ、って葉っぱをかけているようですね。

そして2つめの「Slide」、スポットライトの光をスライドさせるって意味ですね。

でかいライトがなくたって、小さなスポットライトがあればいい。

1つ1つを照らしていって、真実を見ていけばいいさと言っているようです。

挑発的なようで、やはりどこか励まされているようにも感じますね。

親の七光りがなくても、でかでかとLEDライトが天井にぶらさがってなくても、のし上がっていける。

そうやってやってきたんだ俺はと、だからお前ものし上がってこい。そんな鼓舞するような内容に聞こえます。

持ち前のライトで真実を見極めて、価値あるもの(例えばピカソの「パイプを持つ少年」)を見つけろ、そんな感じです。

歌詞とは離れますが、この「Do you」の入り方が絶妙で僕は大好きです。

4拍目より少し遅く入る「Do you」、このタイム感がたまりませんね!

歌詞を書く際の参考にしてくださいね。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

Slideのコード進行について

ではコード進行を見ていきましょう。

Slideは4小節をぐるぐると回るのみの構成となっているので、ここではコード進行をスライド1、スライド2と考えていきます。

スライド1 譜面で

キーエディターで

SlideのキーはC#マイナーになります。コード進行的にはC#マイナーに聞こえますね。

AM7→G#m7→G#m7/C#なのでⅥM7→Ⅴm7→Ⅴm7/Ⅰです。

トニックのC#mで終わらせずに、G#m7/C#という分数コードでリッチなんだけど曖昧な響きになっています。

機能としてはC#mなのですが、G#m7/C#がそのままC#7になることもあるので、不確かで不安定な印象を受けますね。

ふわふわとして気持ちのよいコード進行です。G#m7をG#7に代えるとあからさまに悲しさが出ますので、選んで使ってくださいね。

スライド2 譜面で

キーエディターで

F#m9→G#m7→AM9なのでⅣm9→Ⅴm7→ⅥM9です。

スライド1とほとんど同じ響きで、オッとなるのは最後のAM9ぐらいですよね。

これはF#m9はAM7のベースをF#に変えただけだからです。

ベースを動かしただけですが、AM7が明るめだったのに対し、こちらはちょっと悲しげ。儚げですね。

AM9での9thはスライド1に戻るときに同じ響きにならないよう入れているのでしょう。9thが入ることで少しリッチな響きになっています。

全体的にすごくシンプル、使いやすいコード進行だと言えます。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

なんだか優雅なようにも聞こえるし、少し悲しげにも聴こえる曲です。

豊かな生活とは、今までの努力の上に成り立っているってことを考えてしまいます。

ピカソの絵画には、それを書くまでの人生すべてが含まれているから価値があるのではないでしょうか?

GANO

過去を振り返る



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.121 一時転調とコードのスライドによって気持ちの高ぶりを表現する1曲。『Don’t Take Your Time / Roger Nichols & The Small Circle of Friends』

Don't Take Your Time / Roger Nichols & The Sma

記事を読む

Vol.147 『カーセンサー』CM曲。dim7やらm7♭5が多いよ。『Fun! / シンリズム』

Fun! / シンリズム どうも、GANO(@Past_Orange)です。 原田泰造さん、

記事を読む

Vol.78 クリスマスは騒いで、振られたことなんて忘れちゃえよ。『傘はいらない / GANO』

傘はいらない / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。 そういえば2

記事を読む

Vol.148 満島ひかりさんの澄んだボーカルが迷宮に魅かれる。『ラビリンス / MONDO GROSSO』

ラビリンス / MONDO GROSSO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.136 1つのコード進行が懐かしさに潜む感情を引きずり出す。『夜を使いはたして feat. PUNPEE / STUTS』

夜を使いはたして feat. PUNPEE / STUTS どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.26 情けない男とそれをあざ笑う女。MVも強い女全開!『Smile / Lily Allen』

Smile/Lily Allen どうも、GANO(@Past_Orange)です。 僕には

記事を読む

Vol.28 渋さがさらに切なさを強調する、嘆く男の失恋歌。『美しく燃える森 / 東京スカパラダイスオーケストラ』

美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.108 宇宙に放り出された宇宙飛行士の、恋人への想い。『See You Again / GANO』

See You Again / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.42 熱く開放的な夜には、何かが起こる予感『Fire / Matt Bianco』

Fire / Matt Bianco どうも、GANO(@Past_Orange)です。 夏

記事を読む

Vol.24 適度な借用がアクセントに。サビのコード進行がオシャレでクセになる!『オドループ / フレデリック』

オドループ/フレデリック どうも、GANO(@Past_Orange)です。 最近『フレデリ

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail