Vol.115 ベースを動かすだけでドラマチックなコード進行ができているハウスミュージック。『Crazy Talk / Space Cowboy』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Crazy Talk / Space Cowboy

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

今回は、和音は一切動かさずにベースのみを動かしている曲を紹介します。

とっても簡単にドラマチックな印象を与えるコード進行ができちゃいますよ。


Space Cowboy – Crazy Talk

Fatboy Slimの一番弟子と言われているSpace Cowboyの2003年の楽曲です。

荒いストリングスのサンプリングとブリブリのベースがカッコ良いですね!

Acoustic Versionもかなりカッコ良いです。


Space Cowboy – Crazy Talk (Acoustic Version)

こりゃいいね。アルバムの1曲目に入っているので興味がある方は聴いてみてください。

では、歌詞とコード進行、そしてサンプリングされた元ネタを見ていきましょう!

スポンサーリンク

Crazy Talkの歌詞について

歌詞を引用して見ていきましょう。

I said I love you
when you turned around
and walked away
You said you’ll meet me
and you’ll give me love in return
“”
for we are running out of time
So baby what do you need
This is crazy talk

どうもネット上にはこの一部の歌詞しか載っていないんですよね。

一部分だけになってしまいますが、どんな内容か想像してみます。

片思いの相手にずっと愛を伝えてきたけど、振り向かせることができたら何だか怖くなって逃げてしまった模様。

以前までの追いかける立場に慣れてしまったんでしょうね。

こんなことをやっていても時間はドンドン過ぎていく。

どうすることが最善なんだい? とワザワザ聞いちゃうなんて狂ってるよなってことではないでしょうか?

う〜ん、もうちょっと確実な情報が欲しいですね。

スポンサーリンク

Crazy Talkのコード進行について

ではコード進行を見ていきましょう。

Crazy Talkはコーラスもヴァースもあったもんじゃないので、A・B・C・D・EとAcosticと考えていきます。

A

A1 譜面で
ct1

キーエディターで
ct2

Crazy TalkのキーはC#マイナーです。

C#m→C#m/E→G#mなのでⅠm→Ⅰm/Ⅲ→Ⅴmです。

C#m→G#mと考えてもいいですね。

ベースラインが気持ちよいように間にC#m/Eを入れたという形です。

ダンスミュージックなのでベースが肝になっていますね。

A2 譜面で
ct3

キーエディターで
ct4

A→B→C#なのでⅥ→Ⅶ→Ⅰです。

メジャーコードをスライドして並べたコード進行ですね。

そのため非常に明るく、勇敢な印象を与えてくれます。

勝利のファンファーレ作りたいって時はこのコード進行から作ってみるとバッチリです。

B

譜面で
ct5

キーエディターで
ct6

A1を繰り返したのち、Bになります。

F#m→BなのでⅣm→Ⅶです。

強進行を使い前進する、期待感を高めるコード進行ですね。

このままEに進むと平行調のEメジャーでいうニーゴーイチになります。

C

C1 譜面で
ct7

キーエディターで
ct8

C#m→E/B→A#m7♭5→AなのでⅠm→Ⅲ/Ⅶ→#Ⅵm7♭5→Ⅵです。

ややこしく見えますが、C#mを抑えながらベースを下降していく形と考えてください。

最後のAだけはC#mを抑えたままだとAM7になってゴージャスすぎるのでご注意を。

非常にドラマチックなコード進行だと言えます。

ベースを下降していくだけでリハーモナイズができていますね!

C2 譜面で
ct9

キーエディターで
ct10

C#m→E/B→F#m→BなのでⅠm→Ⅲ/Ⅶ→Ⅳm→Ⅶです。

こちらはC1とBを組み合わせたコード進行ですね。

マイナーの響きとメジャーの響きが交互に来てバランスが良いですね。

交互に入ることで響きがより印象的に聞こえます。

D

譜面で
ct11

キーエディターで
ct12

C#m→C#m/F#→AM7→C#m7/BなのでⅠm→Ⅰm/Ⅳ→ⅥM7→Ⅰm7/Ⅶです。

これは画像を見てもらえばよりわかると思うのですが、C#mを抑えたままベースを動かすだけです!

C1でも同じような手法でしたが、こちらの方はもう全く和音を動かす必要なし。

ベースラインのみ動かせば情景が変わっていく便利なコード進行です。

リハーモナイズが上手くされていますね。

E

譜面で
ct13

キーエディターで
ct14

C#m→C#m7/B→AM7→C#m7/BなのでⅠm→Ⅰm7/Ⅶ→ⅥM7→Ⅰm7/Ⅶです。

こちらもDとほぼ同じで、C#mを抑えながらベースを順番に動かすだけです!

非常に簡単なコード進行なのに、どちらもドラマチックな印象を与えてくれますね。

メロディを変えずにコード進行だけを差し替えていくリハーモナイズが多く使われている楽曲です。

Acoustic

譜面で
ct15

キーエディターで
ct16

Acoustic Versionのキーは、一応Cマイナーとしておきます。

Dm7→Em7→Cm7→Dm7なのでⅡm7→#Ⅲm7→Ⅰm7→Ⅱm7です。

マイナーコードをスライドさせるだけの単純なコード進行です。

単純ですが、非常にファンキーでカッコ良いコード進行ですよね!

マイナーコードをキーにとらわれず繋げていくと、このようなコード進行が出来上がります。

ぜひ活用してみてくださいね!

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

Crazy Talkの元ネタは?

Crazy Talkはハウスミュージックですので、元ネタとなる楽曲が存在します。

Dexter Wansel – New Beginning

非常にソウルな1曲ですね!

サンプリングされているのは聴いてのとおり冒頭部分ですね。

サンプリングからハウスを作りたい方は、このようなアプローチを参考にしてみてください。

最後に

ベースを動かすだけの簡単なコード進行が多く使われている楽曲でした。

和音が変わらないので、基本的なメロディを変えずにコードを変える、リハーモナイズすることができます。

ぜひ作曲に使ってくださいね。

GANO

師匠のFatboy Slimも聴きませんか?



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.155 1つのコード進行をベースラインの変化でちょっとお遊び。『South Of The River / Tom Misch』

South Of The River / Tom Misch どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.92 ピアノとホーンセクションがかっこいいハウスナンバー 『Mousetrap / Sounds Of Life』

Mousetrap / Sounds of Life どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

Vol.142 Funkyなワンコードからリハーモナイズし哀愁あるサウンドに変化する曲。『Souffles H / MONDO GROSSO』

Souffles H / MONDO GROSSO どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.75 去年のクリスマスは君に愛を捧げたのに。『Last Christmas / Wham!』

Last Christmas / Wham! どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.106 東京はゾンビばっかりでうんざりだ。『STAY TUNE / Suchmos』

STAY TUNE / Suchmos どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.83 大人の恋はチョコのように甘い。の?『Love Chocolate / GANO』

Love Chocolate / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.104 かつて僕らはポップキッズと呼ばれ、そして君を愛していた。『Pop Kids / Pet Shop Boys』

Pop Kids / Pet Shop Boys どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

Vol.97 ギターとホーンセクションがめっちゃかっこいい!『ショコラ・ティアラ / 三村かな子 (CV:大坪由佳)』

ショコラ・ティアラ / 三村かな子 (CV:大坪由佳) どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

Vol.11 流れるようなベースラインが明るさと怪しさを共存させる。『D.A.N.C.E. / Justice』

D.A.N.C.E. / Justice どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.32 たった2小節の終わらないループトラックが、薬物依存に訴えかける『Sometimes I Rhyme Slow / Nice&Smooth』

Sometimes I Rhyme Slow / Nice&Smooth どうも、GANO

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail