Vol.147 『カーセンサー』CM曲。dim7やらm7♭5が多いよ。『Fun! / シンリズム』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE

Fun! / シンリズム

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

原田泰造さん、石橋けいさんが出演する「カーセンサー」のCM、2017年頭より放送されているのですが、ご覧になられましたでしょうか?


カーセンサーCM 未来の僕たちが遊びに来た!SUV編

カーセンサーCM 未来の僕たちが遊びに来た!ミニバン編

車選びによって生活が変わるという内容になっています。

1年後の自分が嬉しそうに会いに来てくれると、1年間楽しく過ごせそう!

さて、お話は楽曲へ。このカーセンサーのCMで使われている曲がこちらです。


シンリズム「FUN!」

日本のシンガーソングライター、シンリズムの2017年の楽曲になります。

アルバム「Have Fun」の収録曲になりますね。カーセンサーのCM用に書き下ろしたものをアルバム用に作り直したみたい。

爽やかな曲調と歌声が、春から夏の暖かい季節にぴったりですね。ドライブにもピッタリ!

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

Fun!の歌詞について

歌詞の一部を引用して見ていきましょう。

気まぐれにさっと決めたSaturday
今朝は晴れた
なんとなくで悪いかい?

荷物を詰める間ならば
マップでも開いて
ここに行きたいって希望は聞くよ

休日の土曜日に、なんとなくドライブに出かけようと誘ったみたいです。

なんとなくってのがいいですよね、ガッツリ予定を組んでない分、時間に追われることもないですから。土曜だから次の日も休みだし。

「荷物を詰める間」ってことは、まだ家の中ですね。もし実家暮らしの恋人とドライブに行く場合だったら、運転する側は準備万端なはずですからね。

一緒に住んでて「今日はドライブに行かない? なんとなく。準備するからその間に行きたいとこ思いついたら言ってよ、ないならテキトーに行こう」って感じ。

フラッとドライブに誘えるぐらい”家族”な感じが伝わってきます。

直感でスッと決めたSunday
いきなりでも、
電話かけていいかい?
誘うよ きっと

ここは2番の歌詞。1番だと一緒に住んでいる感じがしたのですが、2番では電話をかけて誘っている。また別の人たちのドライブを歌っているようです。

誰か特定の主人公がいて、そのドライブの歌というよりは、それぞれの生活の歌のよう。鼻歌も弾むような週末自体を歌っていますね。

僕たちの未来は まだ
広がっていく途中なのかもね

君との思い出は まだ
固まっていく途中なのかもね

1番サビ&2番サビの歌詞になります。

カーセンサーのCMは1年後の自分達をイメージさせるものでした。それに合わせて歌詞も未来を創っていくような内容になっています。

「未来が続く」のではなく「未来は広がる」というところがポイント!

続くだと道幅の変わらないまっすぐな1本道で変化がないような気がしますが、広がるだと道幅がドンドン広がって選択肢が増えているような気がします。非常に前向き!

「固まっていく」もそうですね。思い出は時間とともに増えていくものですから、一生固まることはありません。固まる時は、別れや亡くなる時。

その時が来なければ、ずっと「固まり続けていくもの」ですから、この表現の方が明るく感じます。

非常に爽やかで、前向きで、家族の暖かみを感じる内容となっています。タイアップらしくカーセンサーのCM内容とシンクロしているのも楽しいですね。

歌詞を書く際の参考にしてくださいね。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

Fun!のコード進行について

ではコード進行を見ていきましょう。

ここではイントロ・Aメロ・Bメロ・サビ・アウトロと考えていきます。

イントロ

イントロ1 譜面で

キーエディターで

Fun!のキーはGメジャーになります。

GM7→CM7→Am7♭5なのでⅠM7→ⅣM7→Ⅱm7♭5です。

安定したトニックから強進行し4度へ。

CM7からAm7♭5により、ミ→ミ♭と半音で下がりますよね、ここでもう1つ半音で下がりたい! という欲求が生まれます。

非常にトニックに戻りたい! そんな不安定な響きがⅡm7♭5です。

ちょっと癖のある循環コードとなっています。

イントロ2 譜面で

キーエディターで

GM7→CM7→Cm7→Dm7→E♭M7→Cm7なのでⅠM7→ⅣM7→Ⅳm7→Ⅴm7→♭ⅥM7→Ⅳm7です。

GM7→CM7はトニックからの強進行ですね、イントロ1と同じ。

変わっているのは後半部分、Cm7→Dm7→E♭M7→Cm7です。

ここ、B♭メジャーからの借用になりますね。

Gメジャーの同主調はGマイナー、Gマイナーの平行調がB♭メジャーです。

シャープ1つとフラット2つ、遠いようで近い調なんですね。

Aメロ

Aメロ1 譜面で

キーエディターで

イントロ1を繰り返したのち、Aメロ1となります。

GM7→G#m7♭5→CM7→Cm7→Dm7→E♭M7→Cm7なのでⅠM7→#Ⅰm7♭5→ⅣM7→Ⅳm7→Ⅴm7→♭ⅥM7→Ⅳm7です。

このコード進行はイントロ2とさほど変わりませんね。G#m7♭5が入っただけです。

GM7→G#m7♭5ときたらAm7へ行きたいし、G#m7♭5→CM7の流れも特に重要ではないので、なんとなく入れてみたって感じがします。

Aメロ2 譜面で

キーエディターで

GM7→G#m7♭5→CM7→D#dim7→B7なのでⅠM7→#Ⅰm7♭5→ⅣM7→#Ⅴdim7→Ⅲ7です。

前半部分はAメロ1と同じ、違うのは後半部分です。

D#dim7→B7、ここはB7を1つでよいところにD#dim7を挟んだという感じでしょうか。

B7は次のEm7へ進むためのセカンダリードミナントでして、4拍伸ばすと結構悲しさが強烈でてしまう。

だから事前に構成音の近いD#dim7を入れてみた、そんな感じ。怪しさと浮遊感が加わった形になりますね。

Bメロ

Bメロ1 譜面で

キーエディターで

Em7→Dm7→G7→CM7→F7なのでⅥm7→Ⅴm7→Ⅰ7→ⅣM7→♭Ⅶ7です。

Em7→Dm7→G7→CM7は、Gメジャーの下属調Cメジャーからの借用になります。

Cメジャーだと考えるとⅢm7→Ⅱm7→Ⅴ7→ⅠM7ですね、よくあるやつです。

借用コード進行により浮遊感を出しつつ、最後にB♭へ向かうためのセカンダリードミナントであるF7で、さらに変化することを匂わせています。

恋 / 星野源でも似たコード進行が使われています。

Bメロ2 譜面で

キーエディターで

B♭M7→D7なので♭ⅢM7→Ⅴ7です。

B♭M7は同主調Gマイナーの平行調B♭メジャーのトニックとも考えられます。前のコードがF7なのでトニックに着地した感もあるっちゃあある。でも借用なので浮遊感が単発でありますね。

そこにGメジャーのドミナントD7を持ってくる。強引とも感じますが、急遽トニックに戻ろうとしているようにも感じます。

とにかく明るいコード進行ですね!

サビ

サビ1 譜面で

キーエディターで

GM7→G#m7♭5→Am7→D7なのでⅠM7→#Ⅰm7♭5→Ⅱm7→Ⅴ7です。

ベースが半音ずつ上がっていき、トゥーファイブする定番のコード進行です。

If I Ain’t Got You / Alicia Keysでも似たコード進行が使われています。

サビ2 譜面で

キーエディターで

Em7→Dm7→CM7→D#dim7なのでⅥm7→Ⅴm7→ⅣM7→#Ⅴdim7です。

ドミナントのD7をマイナーにするだけでCメジャーのようなコード進行になっていますね。

ドミナントという強烈な響きをマイナーに変えると浮遊感が出る、と覚えておくとたまに応用して使えます。

D#dim7はAメロ2で出てきたCM7→D#dim7→B7の流れを匂わすために使われていますので、このコード進行単発で使う場合は次のコードに合わせて置き換えていくと良いです。

サビ3 譜面で

キーエディターで

Bm7→A#dim7→Am7→D7なのでⅢm7→#Ⅱdim7→Ⅱm7→Ⅴ7です。

A#dim7はBm7とAm7をよりスムーズにつなげるために挿入されています。

なので、ここをA#m7♭5・A#m7・A#M7・A#7・A#aug7など、置き換えていくとそれぞれのカラーが出てきます。

好みに合わせて置き換えて使ってみましょう!

アウトロ

アウトロ1 譜面で

キーエディターで

GM7→G#m7♭5→Am7→A#dim7なのでⅠM7→#Ⅰm7♭5→Ⅱm7→#Ⅱdim7です。

サビ1と似てますね、最後がA#dim7になっただけです。

ベースが半音で上がっていく、そこに合わせてコードを付けていったような進行です。

ここでのA#dim7は、F#9の根音省略形とも言えますね。次のBm7へスムーズに繋がるようになっています。

アウトロ2 譜面で

キーエディターで

Bm7→Em7→Am7→D7なのでⅢm7→Ⅵm7→Ⅱm7→Ⅴ7です。

ダイアトニックコード、すべて強進行の前進する力の強いわかりやすいコード進行ですね。

D7からトニックに落ち着いても良いですし、ベースをスケールを下るように(このキーならレ→ド→シ)動かして頭から繰り返すことも可能です。

使いやすいコード進行ですよ!

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

爽やかさを強調するために、あえて隙間に不穏な響きを多く入れた楽曲でした。

明るさは暗さがないとわからない、そんなことが言える構造の楽曲となっています。日本らしい!

GANO

コード進行の多さはこちらも



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.136 1つのコード進行が懐かしさに潜む感情を引きずり出す。『夜を使いはたして feat. PUNPEE / STUTS』

夜を使いはたして feat. PUNPEE / STUTS どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.87 フリジアン・スケールで怪しく問う。『What Do You Want? / Gotye』

What Do You Want? / Gotye どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.38 梅雨を乗り切る日照り乞い。あなたは太陽みたいな人ね!『Sunshower / Dr. Buzzard’s Original Savannah Band』

Sunshower / Dr. Buzzard's Original Savannah Band

記事を読む

Vol.115 ベースを動かすだけでドラマチックなコード進行ができているハウスミュージック。『Crazy Talk / Space Cowboy』

Crazy Talk / Space Cowboy どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.140 天にも昇る心地、それは気持ちだけ? 歌詞とコード進行がガッツリ絡まる。『Cloud 9 / Jamiroquai』

Cloud 9 / Jamiroquai どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.109 何をしても振り出しに戻る。君がいないとダメなんだ。『Baby Come Back / Player』

Baby Come Back / Player どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.134 映画「プラダを着た悪魔」で使用され強く美しい女性の曲として使われるようになった。『Suddenly I See / KT Tunstall』

Suddenly I See / KT Tunstall どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.80 足を踏み鳴らせ!踊り狂おう!!明るいダンスナンバー。『Move Your Feet / Junior Senior』

Move Your Feet / Junior Senior どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.73 怪しく危なく魅力的な男に惹かれる。『Smooth Operator /Sade』

Smooth Operator /Sade どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.78 クリスマスは騒いで、振られたことなんて忘れちゃえよ。『傘はいらない / GANO』

傘はいらない / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。 そういえば2

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail