Vol.119 オートチューンヴォイスとポップでキュートな雨上がりハウス。『Rainbow / i-dep』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Rainbow / i-dep

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

雨をテーマにした曲が結構好きでして、それは雨が悲しみのメタファーとして使われるからなんですね。

今回紹介する曲は、そんな雨が止んで虹が出たよって曲です。


i-dep / Rainbow

ナカムラヒロシを中心とする音楽ユニットi-depの代表曲です。

爽やかなハウスやラウンジミュージックを作る方々でして、Rainbowも可愛らしいハウスソングとなっています。

ラーララと大声で歌いたくなっちゃいますね!

では、歌詞とコード進行を見ていきましょう。

スポンサーリンク

Rainbowの歌詞について

歌詞を引用して見ていきましょう。

To trace my futurama
I need your laughter
It feels all right now
We’ll be stepping out to see a rainbow

Futuramaとは”Future”(未来)と”Panorama”(パノラマ)を組み合わせた造語だそうです。


未来予想図ってことですね。こんな未来になって欲しいという願いのようなものでしょう。

その未来予想図にあなたの笑顔が必要なのよってことですね。

悲しみの雨は止み、笑顔の虹が出ているから見に行こうよという内容です。

You know I’m crazy enough ‘bout you, is that right?
Wherever you go in the sun I’m always stand by you

あなたに夢中だから、そばにいるわと言います。

非常に愛を感じる!

We spend the life together
I believe in magic
It feels all right now
Kissing in the season and let the wind blows

いつまでも2人一緒にいることは当たり前のようなことかもしれないけど、奇跡(魔法)のようなものかもしれないってことではないでしょうか?

奇跡的に一緒にいれることを嬉しく思うと。

いつまでも一緒にいようねって歌詞になっています。

すごい可愛らしい歌詞ですよね。

そしてとても女性的だと僕は思います。

スポンサーリンク

Rainbowのコード進行について

では、コード進行を見ていきましょう。

1つのコード進行でできていまして、ちょっとした応用もあるので2パターンを載せたいと思います。

譜面で
rainbow1

キーエディターで
rainbow2

RainbowのキーはE♭メジャーです。

A♭M7→A♭M7♭5→Gm7→B♭m7なのでⅣM7→ⅣM7♭5→Ⅲm7→Ⅴm7です。

A♭M7♭5という特殊なコードが出てきますね。これはA♭M7(11)ですね。

ただこのままだと5thを弾いたままになってしまうので、5thを半音下げるという表記にしました。

ベースも和音の位置も近場を動くだけの繊細なコード進行です。

注目すべきはA♭M7♭5を入れることで目立つ5thに当たるレ(ミ♭♭)の音。

内声にてミ♭→レ→レ♭の流れができています。美しい!

借用のB♭m7がもしB♭7だったらこの半音下降は生まれないので、うまくできているなと感じますね。

応用 譜面で
rainbow3

キーエディターで
rainbow4

同じコード進行ですが、曲中ではもう一工夫されているので載せておきます。

A♭M7→A♭M7♭5→A♭m7♭5→Gm7→B♭m7なのでⅣM7→ⅣM7♭5→Ⅳm7♭5→Ⅲm7→Ⅴm7です。

A♭m7♭5が入ることにより半音の流れが2つ追加されます。

ソ→ソ♭→ファとド→ド♭→シ♭ですね。

3つの半音の流れが美しいコード進行になっています。

B♭m7からサラッと頭のA♭M7に戻っていますが、もっと劇的にしたい場合は最後にE♭7を加えるとトゥーファイブワンが出来上がります。

好みの方を使ってみてくださいね!

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

悲しみがあるから笑顔も生まれる、何もなかったら感情なんてないよって感じに聴こえまして、ちょっと切なさも感じちゃいますね。

このコード進行のみで1曲作れるので、メロディーを工夫して作ってみてはいかがですか?

GANO

悲しみの中にいたって大丈夫さ



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.111 悲しい過去と明るい未来の間にある前向きな感情。『ファビュラス / ビッケブランカ』

ファビュラス / ビッケブランカ どうも、GANO(@Past_Orange)です。 悲しい

記事を読む

Vol.68 ディスコ・クラシックスとして有名!『A Night To Remember / Shalamar』

A Night To Remember / Shalamar どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.113.5 ウクレレが可愛いポカリスエットのCM曲。「水色の車とウクレレ」,「こわいこわいは熱中症」&「ウクレレ(たべなきゃ)」篇

ウクレレが可愛いポカリスエットのCM曲 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.157 自信満々で傲慢で悪い男、でも惹かれてしまう。わかっているから、今すぐ走り去ってほしい 『High Horse / Kacey Musgraves』

High Horse / Kacey Musgraves どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.138 怪しさとヒネくれで進みコーラスでは急に素直になるコード進行。『Universal / Nate James』

Universal / Nate James どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.106 東京はゾンビばっかりでうんざりだ。『STAY TUNE / Suchmos』

STAY TUNE / Suchmos どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.117 いたるところに半音の流れ。たくさんの繊細で美しいコード進行。『Back Down To Earth / Michelle Shaprow』

Back Down To Earth / Michelle Shaprow どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

Because We Can / Fatboy Slim どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.132 DiscoからWest Coast Hip Hopの流れをオマージュした1曲。『24K Magic / Bruno Mars』

24K Magic / Bruno Mars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.81 愛しているからこそ、今言わなければいけない。『Something About Us / Daft Punk』

Something About Us / Daft Punk どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail