Vol.67 もう1杯飲んだら欠点も見えなくなるぜ。『One More Drink / Ludacris feat.T-Pain』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

One More Drink / Ludacris feat.T-Pain

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

お酒でやらかしてしまった経験ありますか?酔っ払いすぎて記憶をなくしちゃうなんて人もいますよね、財布落としたとか携帯落としたとか。

あともう一杯だけ、もう一杯だけを続けるから飲み過ぎてしまうんです。なんでも適量がいいですよ!

今回紹介するのはこの曲!

Ludacris – One More Drink ft. T-Pain

う〜!MVを見ただけで飲み過ぎはやめておこうって気になりますね!!男性主観のストーリーですが、腕をちぎって逃げるほどの相手だったってことで大目に見てください。

Ludacrisはアメリカ南海岸Hip Hop、サウス・ヒップホップのラッパーです。最近では映画ワイルドスピードシリーズにも出演するなど俳優業もこなしています。

サウス系ではありますが、このOne More Drinkは結構ウエスト寄りな深く重たい後ろノリなサウンドとなっています。かっこいい。

さて、どんな曲になっているのでしょうか?

スポンサーリンク

One More Drinkの歌詞について

ラップは訳すの大変なので甘えで割愛!T-Painが歌うサビの部分を

If I take one more drink, I’m gon end up fuckin you
Is that what you wanna do shorty?
If I take one more drink, I’m gon end up fuckin you
You too
もしもう一杯飲んだら俺は君とヤっちゃうな 君はどうしたいんだ?
もしもう一杯飲んだら俺は君とヤっちゃうね 君もそうだろ

おぉ〜なんてサビ!f◯ckinに限らず、飲み過ぎちゃうとやらかすぜってことを終始歌っているわけですね。ん〜、さすがHip Hop。

ここでのgonはgoing toの略のgonnaのさらに略したものです。またshortyはスラングで可愛らしい女性のことです。shawtyとも言うみたい。こうゆうのは習いませんからね〜Hip Hopの和訳は大変です!

スポンサーリンク

One More Drinkのコード進行について

コード進行はさすがHip Hop!基本的に2小節の繰り返しのみです!

譜面で
on1

キーエディターで
on2

Cマイナーの曲ではあるのですが、そんなキーも気にせずにⅠ→Ⅳsus4→Ⅳadd9です!最後のFadd9は第3音のラを抜いたomit3ですね。たぶんこれで合ってます。

1度なのにCmでなくCであるところ、FかFmかもわからずsus4とadd9で持っていくところなどはっきりしたものが見えないけどなんだか気持ちが良い感覚、これこそ飲み過ぎた時のフワフワ感を表していますね!

不確かではあるけど、なんだか明るく終わりのないループを作りたいときに使うといいでしょう!CmのメロディでCを使うところがミソですからね!!

One More Drinkのドラムパターンについて

わざわざ載っけなくてもいいじゃないとも思いますが、ちょっとドラムパターン見てくださいよ。

on3

この曲、キックとズシャッとしたクラップのみでできているんです!しかも2小節のループのみです。音数なんと9発!日々せっせと打ち込んでいる皆さん、どうですか?

こうなってくると音色選びが重要になってきますね。芯がありつつモコモコとしたキックを選び、ズシャッとしたクラップを選ばなくてはいけません。2拍目の頭のキックが抜けているところもかっこいいですね!

どうしても頭にキックを入れたくなりますが、あえて抜かしてクラップのズシャッ!!って音の余韻を聴かせるようにしてあげるとクールに決まるのかもしれません!!

最後に

お酒でやらかしちゃった後はOne More Drinkでも聴いて反省しつつ、笑い話に昇華させてくださいね。

GANO

踊って忘れちゃおう!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.39 呑気な日々を送れるのは、戦いが終わったからなんだ。『Saturday in the park / Chicago』

Saturday in the park / Chicago どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.150 あなたが考えたときにはすでに実現してる! 『You Are The Universe / The Brand New Heavies』

You Are The Universe / The Brand New Heavies どうも、

記事を読む

Vol.38 梅雨を乗り切る日照り乞い。あなたは太陽みたいな人ね!『Sunshower / Dr. Buzzard’s Original Savannah Band』

Sunshower / Dr. Buzzard's Original Savannah Band

記事を読む

ARTISTS一覧

ARTISTS一覧 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 ANALYZEでは歌

記事を読む

Vol.24 適度な借用がアクセントに。サビのコード進行がオシャレでクセになる!『オドループ / フレデリック』

オドループ/フレデリック どうも、GANO(@Past_Orange)です。 最近『フレデリ

記事を読む

Vol.117 いたるところに半音の流れ。たくさんの繊細で美しいコード進行。『Back Down To Earth / Michelle Shaprow』

Back Down To Earth / Michelle Shaprow どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.6 ネチネチとした感情をコード進行でも表現した楽曲。『Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra』

Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra

記事を読む

Vol.100 ナヨナヨして言い訳ばかりだけど、あなたがいないとダメなんだ。『Believe In Me / Todd Rundgren』

Believe In Me / Todd Rundgren どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.108 宇宙に放り出された宇宙飛行士の、恋人への想い。『See You Again / GANO』

See You Again / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.143 大雑把なコード進行で美しさよりも大胆さ、流れを重視した曲。『Kids / MGMT』

Kids / MGMT どうも、GANO(@Past_Orange)です。 家族とのつながり

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail