Vol.62 RapはまたQ-Tipだ!MVはまたMichel Gondryだ!なんだかクセになる『Go / The Chemical Brothers』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Go / The Chemical Brothers

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

The Chemical Brothersのニューアルバムが出るたびに僕は「あ、今回はダメだな。前のThe Chemical Brothersの方が良かった」と必ず思うんですね。今回の『Born in the Echoes』も同じく1回目はそう思ったんです。

でもね、これも毎回なんだけど、数日経った後になんだかThe Chemical Brothersの曲が頭の中に浮かぶんです。「あれ、この曲なんだっけ?」って最近聴いた曲を漁ってやっと思い出した時に「うわ!やっぱThe Chemical Brothers最高!」ってなるんです。なんでしょう、この脳の奥にこびりつくような中毒性は。


The Chemical Brothers – Go

参加してるのはGalvanizeでもRapを務めたQ-Tipです。


The Chemical Brothers – Galvanize

うん、この曲も出たとき「そうでもないな」って思ったんだけど、その後めっちゃ聴いた。不思議だねThe Chemical Brothersって。

そして、MVを担当しているのはMichel Gondryです!Michel GondryとThe Chemical Brothersは以前もタッグを組んでいますね。


The Chemical Brothers – Star Guitar

Star Guitar何回見てもかっこいい。なんですかこの映像リンクの気持ち良さ!さすがです。


The Chemical Brothers – Let Forever Be

引き込まれます。映像と音楽の噛み合わせ方がたまりません!!

話はGoに戻ります。さて、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Goの歌詞について

歌詞についてですが、ダンス・ロックな楽曲ですしRapなので聴き心地と歯切れの良さを重視されてて訳すのは難しいです。訳しても意味なさそう。というか大変で...

ということで、繰り返される主要部分をちょっとだけ!

Oh, no time to rest
Just do your best
Oh, what you hear is not a test
We’re only here to make you Go

Can’t think, can’t sleep, can’t breathe
Everybody jumpin’ out of they mind
Everybody goin’ out of they skins

Go!行け!と鼓舞していますね。休んでばかりいないで行動に移せ、何も臆することはないぞ!というメッセージが込められています。現状じゃあ息もできないような苦しい状況だろ?ってことなのではないでしょうか。すごいザックリ...

スポンサーリンク

Goのコード進行について

コーラス部分のコード進行ですね。

譜面で
go1

キーエディターで
go2

Dマイナーの曲なので『Ⅰm→Ⅰm7/Ⅶ→#Ⅵm7♭5→ⅥM7→Ⅰm7/Ⅶ』となります。まぁでも最後のDm7/Cは入れなくても良いかなぁ〜って感じですね。

コード進行となると複雑に感じるかもしれませんが、Dmからスタートしてベースラインが下降していくのみです!ベースをレ→ド→シ→シ♭と動かせばこの渋いコード進行になる訳ですね〜。Goのアレンジだと渋さがうまい具合に隠されています。ピアノ一本で弾くと悲しいメロディが浮かんできそうですが、Q-TipのRapでカッコよく決まっています!

最後に

結構テクノとかブレイクビーツとか歌詞やコード進行が重視されてない音楽も紹介したいんですが、なかなかこのブログのコンセプトに合うものがなくて困ってたりします。

良い紹介方法はないだろうか...

GANO

エレクトロ好きはこちらもどうぞ



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

Because We Can / Fatboy Slim どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.116 JINRO のCM曲! メジャーとマイナーを行き来するアゲアゲなコード進行。 『割る! / 岡崎体育÷JINRO』

割る! / 岡崎体育÷JINRO どうも、GANO(@Past_Orange)です。 「MU

記事を読む

Vol.24 適度な借用がアクセントに。サビのコード進行がオシャレでクセになる!『オドループ / フレデリック』

オドループ/フレデリック どうも、GANO(@Past_Orange)です。 最近『フレデリ

記事を読む

Vol.104 かつて僕らはポップキッズと呼ばれ、そして君を愛していた。『Pop Kids / Pet Shop Boys』

Pop Kids / Pet Shop Boys どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

Vol.68 ディスコ・クラシックスとして有名!『A Night To Remember / Shalamar』

A Night To Remember / Shalamar どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.5 Earth, Wind & Fire や Michael Jacksonへのリスペクトを感じるディスコソング。『Treasure / Bruno Mars』

Treasure / Bruno Mars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.39 呑気な日々を送れるのは、戦いが終わったからなんだ。『Saturday in the park / Chicago』

Saturday in the park / Chicago どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.123 主要三和音を使った1つのコード進行のみで飽きさせずに聴かせる1曲。『Comes And Goes (와리가리) / hyukoh (혁오)』

Comes And Goes (와리가리) / hyukoh (혁오) どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.72 なんか可愛く見えてきた。『なんでやねんねん / 浜田ばみゅばみゅ』

なんでやねんねん / 浜田ばみゅばみゅ どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.108 宇宙に放り出された宇宙飛行士の、恋人への想い。『See You Again / GANO』

See You Again / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail