Vol.80 足を踏み鳴らせ!踊り狂おう!!明るいダンスナンバー。『Move Your Feet / Junior Senior』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Move Your Feet / Junior Senior

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

今回紹介するのは明るいダンスナンバー。ダンスナンバーと言っても夜中に踊り狂うクラブでかかるような怪しくちょっと危ない香りのするダンスナンバーではございません。

ホームパーティーで流れてみんなで踊るような、なんだかハッピーな気持ちになるダンスナンバーです。

クラブでも流れると思うけど、最近の流行とはちょっと違ったダンスナンバーです。


Junior Senior – Move Your Feet

どうでしょう?非常に明るくおチャラけた印象を受けるダンスナンバーではないでしょうか。MVもドット絵で可愛いですね!

このMove Your Feetはゲーム『Dance Dance Revolution』にも使用されているので、ご存知の方も多いかと思います。

Junior Seniorはデンマークのヒップホップグループ。

ヒップホップというとまたマッチョな黒人をイメージする人もいるとは思いますが、Junior Seniorの曲はとっても明るくてポップなサウンドです。

ヒップホップグループという枠ではなくダンスロック系のミュージシャンとしても紹介されています。2008年に解散しちゃってますね。

とっても明るくて楽しい気持ちになれるダンスナンバー、さてどんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Move Your Feetの歌詞について

繰り返される歌詞『Everybody, move your feet and feel united Oh oh oh』はサンプリング(元ネタがわからない)でして、何回も繰り返されます。

それ以外のラップ部分も特に意味はないので、ザックリと引用しますね!

Everybody, move your feet and feel united
Oh oh oh, yeah
We’re going downtown, oh yeah

もうこんなザックリな訳になっちゃいますね。これだけなんです!

ラップ部分も「レコードに針落として歌おうぜ、ビートを止めんな、足を鳴らせ」ぐらいです。

歌詞がどうこうってよりもどれだけ歯切れが良いかがポイントの曲ですね!楽しければそれでよし。

スポンサーリンク

Move Your Feetのコード進行について

サビがどこかもわかりませんしコーラスとヴァースってわけでもないので、『Everybody〜』の部分をAメロ、その後のインスト部分をBメロとして紹介します。

Aメロ部分、譜面で
myf1

キーエディターで
myf2

キーも決めづらいですが、この部分のメロディを軸に考えてGメジャーとしますね。

Aメロ部分はⅢm7→Ⅱm7ですね。これを繰り返すのみ!

なんの変哲もないコード進行ですよね、このコード進行とメロディだけだったら全然踊れませんが、ホーンが弾んでいたりベースがスライドしていたりとアレンジ面で踊らせている印象です。

そしてなにより、このAメロがあるからこそBメロがカッコ良く聴こえるんです。

Bメロ部分 譜面で
myf3

キーエディターで
myf4

本来Aマイナーのコード進行ですが、AメロがGメジャーなのでそっちで考えましょう。

Ⅴm→Ⅵm→Ⅱmです。こちらもなんの変哲もないコード進行ですが、なぜか「クール!」って叫びたくなりませんか?

まずはAメロのAm7から強進行してBメロに移っていること、スムーズですよね。スムーズなんだけどコード進行の頭からⅤmという借用で始まるんです。

GメジャーからAマイナーにスムーズに転調しているわけなんだけど、コード進行が転調前後の調の共通コードでない部分がおチャラけた感じを出しています。

そしてAメロでは1小節ごとにふんわりとコードが移っていたのですが、Bメロでは2拍ずつカッチリと音を切ってコードが移っています。

ふんわりとカッチリの組み合わせ方が絶妙。踊らせる曲なんだからずっとふんわりもずっとカッチリも嫌でしょ?ちょうど良い塩梅になっているんですね。

 

ヒップホップらしくどこかからサンプリングしてきたのでしょうが、そのサンプリングセンスが光る楽曲アレンジとなっています。

最後に

昨今ではメインでEDMとカウンターでディスコリバイバルが盛り上がっています。Move Your Feetも2003年の曲ですがディスコリバイバルに含ませたいぐらいですね。

このようにヒップホップ的な楽曲アレンジでのアプローチも面白いので、取り入れてみてはいかがでしょうか?

GANO

ディスコリバイバルいいよ



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.69 大人の失恋は切なさもごまかしてしまう。『セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~ / 土岐麻子』

セ・ラ・ヴィ~女は愛に忙しい~ / 土岐麻子 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.99 レゲエの発音とエレクトロサウンドが怪しく絡む。『Go Shoppin’ / Bran Van 3000』

Go Shoppin' / Bran Van 3000 どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

Vol.51 世間とはずれているかもしれないけど、僕は先を行っている!『Jerk It Out / Caesars』

Jerk It Out / Caesars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.82 ぶつかっててもクセになるリフ!!『Soul Flower (Remix) / The Pharcyde』

Soul Flower (Remix) / The Pharcyde どうも、GANO(@Past

記事を読む

Vol.1 Ⅴ7の代わりにⅣ/Ⅴを使って上質で柔らかい響きに。『Rock With You / Michael Jackson』

Rock With You / Michael Jackson はじめまして、GANO(@Past

記事を読む

Vol.41 悲しい日々を送っていても、いつか幸せがやってくるよ!『Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas』

Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas

記事を読む

Vol.6 ネチネチとした感情をコード進行でも表現した楽曲。『Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra』

Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra

記事を読む

Vol.53 作られた幸せの上に生きているのではないか?『Feel Good Inc. / Gorillaz』

Feel Good Inc. / Gorillaz どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.50 ディスコを今風ポップにアレンジ!『Wrapped Up feat. Travie McCoy / Olly Murs』

Wrapped Up / Olly Murs どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.27 甘い歌声であなたを誘う!少しだけ上品に踊りたい。『Ballroom Girl / Tuomo』

Ballroom Girl / Tuomo どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail