Vol.52 AppleのCMで聴いたことあるはず!『CHANNEL SURFING Feat. KOOL KEITH / FEATURE CAST』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

CHANNEL SURFING Feat. KOOL KEITH / FEATURE CAST

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

前回に引き続きAppleのCM曲です!前回分はこちら


AppleのiPodはとても革命的でした。当時中学生だった僕にとってもAppleのCMは特別に感じたし、映像も音楽もカッコよく感じました。AppleのCM=センス良いみたいな。それは現在も変わりませんが

そんなAppleのCMの中で1番印象に残っているCMがこちら!


覚えている方いるでしょうか?iPodとiTunesの初期のCMですね。このCMで流れているブレイクビーツが大好きでよく検索したものです。

使わている曲(実際はちょっと違う?)がこちら


CHANNEL SURFING Feat. KOOL KEITH / FEATURE CAST

当時Feature Castと検索しても全然出てこなかったのですが、どうやらイギリスのDJのようですね。今検索するとFeature Castのミックスやマッシュアップが結構出てきます。当時はこの曲が欲しくてしょうがなかったんだけど、CDなんてなくて泣き寝入りしてました。

このChannel SurfingはDJならではのサンプリングでできております。まずオケに使われているのがこちら。


Corduroy – London England

こちらもイギリスです。コーデュロイはアシッドジャズバンドですね、渋いです。ターンテーブルで早回しにして使っているのでキーはこちらが低め。

裏で流れているボンゴはApacheのイントロのようだけど、聞き比べると違うような?


Incredible Bongo Band – Apache

Apacheはブレイクビーツの定番ソングです。Apacheをサンプリングした曲も多くあります。

そしてフューチャリングとされているKool Keith、実際に楽曲に参加しているわけでなく、こちらもKool KeithがMCを務めるHip HopグループのUltramagnetic MC’sの曲をサンプリングしたものです。


Ultramagnetic MC’s – Poppa Large

1:14からのKool Keithのラップ部分がサンプリングされています。

 

このように各曲のいいとこ取りをして1曲を作り上げられてるんですね。すごくカッコ良い!

カッコ良いサンプリングで構成されているこの曲、内容はどうなっているんでしょうか?

スポンサーリンク

歌詞について

歌詞はUltramagnetic MC’sのPoppa Large内のラップ部分です。

Now I’m back to funk, freak the funk,
Hype the funk, swipe the funk and all that junk.

CHANNEL SURFING内では順番が入れ替わっていまして、Back→Swipe→Freak→Hypeとなっていまが、上記のままに訳しますね。

HypeはHip Hopで使われる際は騙すとか隠すとか誤魔化すって意味で使われます。なので直訳するとこんな感じになります。といってもHip Hopですので、韻を踏んで歯切れの良くラップするための歌詞です。

だから僕的に解釈してしまうと、「俺はファンクに染まり酔って、ファンクを食う」って感じです。

ラップのリズムが曲の4拍子に対してポリリズムとなっていて、とても気持ちが良いです。口に出したいラップ。

スポンサーリンク

コード進行について

コード進行もブレイクビーツですので永遠ループです!

譜面で
ch1

キーエディターで
ch2

コード進行がどうの言う曲ではないのですが、一応ね。

コードCで終止するのでCメジャーになっていますが、それ以外のB♭、Gm、E♭はすべて同主調のCマイナーからの借用になります。

なのでコードCの部分をCmに変えるとスッキリします。スッキリしすぎてしまうと面白みにかけるので、あえてメジャーで終止するのがアシッドジャズ(原曲がコーデュロイなので)のカッコ良いところでしょう。

最後に

歌詞云々、コード進行云々言ってきましたか、そんなことはさておきとってもカッコ良いブレイクビーツです!

CMのブレイクダンサーが羨ましいですね!!

GANO
サンプリングについてはこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.84 韓国語と英語が美しく混ざるラウンジミュージック。『You Never Know / Clazziquai Project』

You Never Know / Clazziquai Project どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.40 電気グルーヴ”Shangri-La”の元ネタの曲!『Spring Rain / Silvetti』

Spring Rain / Silvetti どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.65 傷心な彼女へ仲直りの電話。『Please Please Please Me / Talc』

Please Please Please Me / Talc どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.119 オートチューンヴォイスとポップでキュートな雨上がりハウス。『Rainbow / i-dep』

Rainbow / i-dep どうも、GANO(@Past_Orange)です。 雨をテー

記事を読む

Vol.121 一時転調とコードのスライドによって気持ちの高ぶりを表現する1曲。『Don’t Take Your Time / Roger Nichols & The Small Circle of Friends』

Don't Take Your Time / Roger Nichols & The Sma

記事を読む

Vol.19ピッチが上ずって聴こえる。『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル / Perfume』

パーフェクトスター・パーフェクトスタイル / Perfume どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.21『Bluebird / Wings』

Bluebird / Wings どうもGANO(@Past_Orange)です。 僕は

記事を読む

Vol.79 花嫁を奪って駆け落ち。それは道に迷うのか、それとも拓くのか。『Get Lost / Breakbot』

Get Lost / Breakbot どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.141 すれ違う2つの心を、コード進行が優しく包む。『One Of These Hearts / Benny Sings』

One Of These Hearts / Benny Sings どうも、GANO(@Past_

記事を読む

Vol.138 怪しさとヒネくれで進みコーラスでは急に素直になるコード進行。『Universal / Nate James』

Universal / Nate James どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail