Vol.65 傷心な彼女へ仲直りの電話。『Please Please Please Me / Talc』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Please Please Please Me / Talc

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

スマートフォンの普及と共にSNSサービスも増え、連絡手段が何パターンもある現代において電話をわざわざかけるってことは少なくなりました。僕は荷物の再配達の時に電話かけるぐらいです。

大事な要件の場合にのみ電話を使うって人も多いですよね。メールやLINEより、やっぱり声で伝えなきゃいけないって場面もある。

彼女の機嫌を損ねた時は、電話が一番気持ちが伝わりそうですね。

今回紹介するのはこんな曲!


Talc – Please Please Please Me

TalcはイギリスのBlue Eyed SoulなJames KnightとNichol Thomsonのユニット。そのスッカスカでおしゃれなサウンドからわかるように、僕の大好物な音楽を作っています。

Talcの2人はスタジオミュージシャンをやっていたり、大物バンドにサポートとして参加していたりと演奏実力は抜群。歌も歌えるしギターもベースもピアノも、管楽器もいけちゃうマルチプレーヤーですね!

楽曲のほとんどを2人でアレンジし演奏しているので、アルバムを通してブレが全くありません。Talcかなりオススメです。

さて、話は戻ってこの曲、どんな内容なのでしょうか?

スポンサーリンク

Please Please Please Meの歌詞について

では歌詞を見ていきましょう!

Pick up the phone and call in sick today
No man can argue with lady pains
Nothing to do but stay in bad
Let’s make some toast, that’s slang for hot bread
Let’s stay in and get bored together

淡々と歌う韻の効いた歯切れの良い歌詞ですよね!最初の2行ですべてを語ってしまっているのもイギリスっぽいと感じるのはBeatlesが頭をよぎるからでしょうか。

どうやら彼女と喧嘩をしてしまったようで、凹んだまま仲直りの電話をしているみたい。いつものように『トーストを焼こう!』の掛け声で朝食を作り、何気ない1日を過ごそうよって歌ってます。

Because there’s nothing on T. V.
Except Natasha Kaplinski
So let’s make some entertainment
You and me, what can it be?
Close the door and be inside today
Away from the hoards
There’s a way I know to entertain
And stop being bored

ナターシャ・カプリンズキーはイギリスのニュースキャスターのようですね、日本のミヤネさんのような位置でしょうか?hoardsは貯蔵って意味ですが、世の中のことかな〜と思います。日常のことかと思いそう訳しました。

君がいないと退屈だよ〜って電話してるわけですね。謝るより次につながる提案をしている感じ。

Let’s have today off to have a sit down think
Leave the washing up in the sink
Time to concentrate on you and me
I think it’s time for two separate tea’s
Let’s stay in and get bored together

もう彼女は家に来ているのかな?来ているような言い回しをしていますが、僕個人としてはまだ電話の中での口説き文句であってほしい!

Please Please Please me.

最後に繰り返されるPlease Please Please Me。ここ大好きです、ちょっと切なさがありますよね。

自己中心的な言い回しをして仲直りを図っているので、怒る人は怒りますよね。これは不器用な男の下手な仲直りなんじゃないかと僕は思います。

謝り方がわからなくて、遠回しな言い方になってしまう。このダメ男感がツボですね、共感してしまいます。

誰もが二枚目のようにカッコよく決められるわけじゃないんですよね。

スポンサーリンク

Please Please Please Meのコード進行について

ヴァース部分はCmのワンコードなので割愛、コーラス部分を取り上げます。

譜面で
tal1

キーエディターで
tal2

E♭メジャーの曲なのでⅣM7→Ⅲm7→Ⅱm7→Ⅴm7→Ⅰ7となりますね。最後のB♭m7→E♭7はA♭M7へ進むためのトゥーファイブです。比較的簡単なコード進行のように感じるので、取り入れやすいと思います。

ポイントとしては、Fm7からB♭m7へのベースの駆け上がりですね。勢いよく駆け上がって借用和音に着地する瞬間は切なさが増してグッときます。応用して使っていきたいですね!!

最後に

Talcの2人ですが、ホームページが見当たりません。近年楽曲のリリースもないし、もしかしたら解散してしまったのかもしれません。非常に残念です。

実力者の2人なので裏方として音楽に関わっているとは思うのですが、またTalcとして楽曲をリリースする日々が来ることを祈っています。

GANO

シンプルにおしゃれなコード進行はこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.99.5 ポカリスエットのCM曲、これってもしかして『D.A.N.C.E. / Justice』じゃない?

新しいポカリスエットのCM曲 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 4月より放

記事を読む

Vol.157 自信満々で傲慢で悪い男、でも惹かれてしまう。わかっているから、今すぐ走り去ってほしい 『High Horse / Kacey Musgraves』

High Horse / Kacey Musgraves どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

ARTISTS一覧

ARTISTS一覧 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 ANALYZEでは歌

記事を読む

Vol.100 ナヨナヨして言い訳ばかりだけど、あなたがいないとダメなんだ。『Believe In Me / Todd Rundgren』

Believe In Me / Todd Rundgren どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.10 ハーモニックマイナーやメロディックマイナーをコードに活かしたNu-Disco。『Baby I’m Yours / Breakbot』

Baby I'm Yours / Breakbot どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.127 ♭9や♭13が半音でぶつかり不穏な空気を演出する繊細な1曲。『Dream On / Aerosmith』

Dream On / Aerosmith どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.67 もう1杯飲んだら欠点も見えなくなるぜ。『One More Drink / Ludacris feat.T-Pain』

One More Drink / Ludacris feat.T-Pain どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.6 ネチネチとした感情をコード進行でも表現した楽曲。『Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra』

Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra

記事を読む

Vol.90 どんなに変わろうとしても、元に戻ってきてしまう。『Running / Computer Magic』

Running / Computer Magic どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

Vol.79 花嫁を奪って駆け落ち。それは道に迷うのか、それとも拓くのか。『Get Lost / Breakbot』

Get Lost / Breakbot どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail