Vol.74 ただ単純に素直にクリスマスを楽しもう!『Wonderful Christmas Time / Paul McCartney』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Wonderful Christmas Time / Paul McCartney

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

11月を入って12月25日までいたるところでクリスマスソングを耳にしますよね!定番クリスマスソングを聴くと今年ももう終わりなんだなとしみじみしてしまいます。

皆さんは「これが私の1番のクリスマスソング!」という曲はありますでしょうか?

今回紹介するのはこの曲!


Paul McCartney & Wings – Wonderful Christmas Time

Wingsの名前が付いていますが、実際はPaulが一人で全部のパートを録音したソロシングルです。シンセサウンドを取り入れたエレクトロな1曲となっています。MVが楽しそう!

Paul McCartnyの歌声が心に染み渡りますね、僕はクリスマスソングはまずこの曲を取り上げたかった。

さて、どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Wonderful Christmas Timeの歌詞について

歌詞を見ていきましょう!

The mood is right
The spirits up
We’re here tonight
And that’s enough

Simply having a wonderful Christmas time

The party’s on
The feeling’s here
That only comes
This time of year

まさしくSimply!シンプルにクリスマスを楽しもうよって歌詞になっていますね。1年間なんやかんやあったし、今も何かが起きているかもしれない。でも、クリスマスの今夜みんなここにいるんだからそれでいいじゃないか!楽しもうよクリスマスを!!そんなメッセージが込められていますね。

The word is out
About the town
To lift a glass
Ahhh don’t look down

The choir of children sing their song
They practiced all year long

Simply having a wonderful Christmas time

ここの部分はクリスマスの夜が来るまでの日々を歌っています。クリスマスが来るよってだけでなんだか幸せだね!そんな風に歌っている気がします。

去年のクリスマスを思い出して、今年も素敵な夜になるといいなと想像するだけで楽しくなりますよね。そんな気持ちにさせてくれる1曲です。

スポンサーリンク

Wonderful Christmas Timeのコード進行について

ヴァースとコーラス部分の2つを見ていきましょう!

ヴァース 譜面で
wc1

キーエディターで
wc2

キーはBメジャーなので、ⅠM7→Ⅳ/Ⅰ→Ⅴ/Ⅰ→Ⅰとなります。ベースがずっと変わらずⅠのBのままですね!コードBを弾いたまま上の伴奏がどんどん変化していくとも考えられます。最初のコードもBM7と書いてありますが、弾く時のイメージはD#m/Bの方ですね。

低音が同じ音で固定されたままコードが変化していく、この手法を「ペダル・ポイント」と呼びます。また、低音部で持続して鳴り続ける音を「ペダル・トーン」と呼びます。この4小節はペダル・ポイントで、ペダル・トーンはBだよってことになります。

このペダル・ポイントを使うことで情景が徐々に広がっていくような印象を与えることができます。人から人へ、じんわりじんわりと幸せムードが伝わって街中がクリスマスの幸せムードに染まる、そんな情景をペダル・ポイントで表現していると感じます。

トップノートもA#→B→C#→D#と上昇していて、どんどん明るくなっていく様がよく表現されていますよね!

続いてコーラス部分 譜面で
wc3

キーエディターで
wc4

Ⅱm→Ⅴ→Ⅲm→Ⅵの後にⅣ→♭Ⅶ→Ⅰとなっています。メジャーコードと強進行ばかりの力強く明るいコード進行ですね!唯一の借用はAのみ、これは同主調のBマイナーからの借用和音になります。通常ならE→F#→BとやりたいところをAを持ってくるところが洒落ていますね。

素直なコード進行を続けてきたので最後の最後でちょっと借用で一癖つける、そんなやり方です。そこを踏まえてもシンプルな構造になっているので、作曲に取り入れてみてはどうでしょうか?

最後に

Tuxedoもこの曲をカヴァーしてますよ!


Tuxedo – Wonderful Christmastime

ディスコリバイバルなサウンドに色付けされてはいますが、アレンジは結構原曲に近いですよね?それはやはり当時のPaulのアレンジが新しいものだったからだと思います。原曲もTuxedoカヴァーも良いですね!

GANO

シンプルに愛を歌ってる



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.28 渋さがさらに切なさを強調する、嘆く男の失恋歌。『美しく燃える森 / 東京スカパラダイスオーケストラ』

美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.12 ヌルッと4回も転調する浮遊感のある大人な曲。『A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne』

A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne どうもGANO(@

記事を読む

Vol.62 RapはまたQ-Tipだ!MVはまたMichel Gondryだ!なんだかクセになる『Go / The Chemical Brothers』

Go / The Chemical Brothers どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

Vol.6.5『サンプリングってなに? Daft Punk編』

サンプリングってなに? Daft Punk編 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

Because We Can / Fatboy Slim どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.67 もう1杯飲んだら欠点も見えなくなるぜ。『One More Drink / Ludacris feat.T-Pain』

One More Drink / Ludacris feat.T-Pain どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.143 大雑把なコード進行で美しさよりも大胆さ、流れを重視した曲。『Kids / MGMT』

Kids / MGMT どうも、GANO(@Past_Orange)です。 家族とのつながり

記事を読む

Vol.139 6/4の大きなノリと6/8の小さなノリが1つのコード進行を怪しく感じさせる。『King And Cross / Ásgeir』

King And Cross / Ásgeir どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.142 Funkyなワンコードからリハーモナイズし哀愁あるサウンドに変化する曲。『Souffles H / MONDO GROSSO』

Souffles H / MONDO GROSSO どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.90 どんなに変わろうとしても、元に戻ってきてしまう。『Running / Computer Magic』

Running / Computer Magic どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail