Vol.92 ピアノとホーンセクションがかっこいいハウスナンバー 『Mousetrap / Sounds Of Life』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Mousetrap / Sounds of Life

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

ダンスミュージックは常に新しいものに移り変わっていきますね。いろんな方向に細分化されて新しさを押し出すために新しいジャンル名がつけられ続けています。

だからこの曲も細かいジャンル分けでいけばしっかりと名前があるんだろうけど、純粋に「ハウス」でいいのかなって感じ。

今回紹介するのはこの曲!


Mousetrap (Look What the Cat Dragged in Mix) / Sounds Of Life

う〜ん、かっこいい!シンプルに四つ打ちのハウスって感じです。

美しいピアノ、唸りを上げるようなホーンセクション、シャープなドラム、チープなシンセ音。

どこかからサンプリングしてきてダンストラックに変えてしまうのがハウスというジャンルですよね。

このMousetrapは2001年にドイツのリリースされた楽曲で、当時は大流行りしてました。覚えやすいフレーズが繰り返されるだけなのでダンスフロア向けなんですね。

Sounds Of Lifeと検索しても違うものがわんさか出てきてしまいますが、作曲者はMartin Buttrichというドイツ人。

現在は主にスタジオミュージシャンとして活動していまして、MadonnaやMuse、Fatboy SlimやBootsy Collinsとお仕事をしています。

Native InstrumentsのMachineを使っているようで、使ってるぜ〜ってプロモーションしてますね。

今や大物となった彼の若かりし時に使ったのがこのMousetrapなんですね〜。

どんな曲なのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

Mousetrapのコード進行について

Mousetrapとはネズミ捕りのことですね。臆病者を捕まえるって感じに使ったり、顧客をとらえる新商品って意味があったりします。

また、小さなナイトクラブなんて使われ方もしてまして、2000年代当時のハウスムーブメントに沸くクラブシーンを指しているような気もします。

コード進行は1パターンのみ!

譜面で
mousetrap1

キーエディターで
mousetrap2

Aマイナーの曲なので、Ⅰm→#Ⅶm♭5→Ⅲ/Ⅶ→#Ⅵm7♭5です。ややこしく見えますね!

単純に考えると、ただただベースが半音ずつ下がっていくだけのコード進行です。

マイナー曲において和音はⅠmを弾きながらベースのみ下がっていくパターンは定番ですよね。


このⅠm→♭Ⅰaug→Ⅰm7/Ⅶ→#Ⅵm7♭5を使おうと思った際に、いや待てよ、Ⅰm→#Ⅶm♭5→Ⅲ/Ⅶ→#Ⅵm7♭5も捨てがたいな!

ってな具合でどちらにするか選んでみるのも良いですね。

Ⅰm→♭Ⅰaug→Ⅰm7/Ⅶ→#Ⅵm7♭5は正統派で直球に悲しい感じ。

今回のⅠm→#Ⅶm♭5→Ⅲ/Ⅶ→#Ⅵm7♭5は悲しいんだけど明るい響きも隠れててドラマチックな感じです。

どちらが曲調にハマるか試してみるのも楽しいですよ!

スポンサーリンク

最後に

ハウスの文化は70年代後半からありますが、クラブシーンで火がついたのは2000年代初期です。

この時期はやたらハウスばっかり流れていましたね!一発屋と呼ばれる曲たちがあふれていましたよ。

ピアノが美しいハウスナンバー、作ってみてはいかがですか?

GANO

フランスのハウスもオススメ!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.134 映画「プラダを着た悪魔」で使用され強く美しい女性の曲として使われるようになった。『Suddenly I See / KT Tunstall』

Suddenly I See / KT Tunstall どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.25 動かないベース音は心の底でくすぶっている強い想い!『Shout / Tears For Fears』

Shout/Tears For Fears どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.121 一時転調とコードのスライドによって気持ちの高ぶりを表現する1曲。『Don’t Take Your Time / Roger Nichols & The Small Circle of Friends』

Don't Take Your Time / Roger Nichols & The Sma

記事を読む

Vol.77 お寿司に感情があるなら、こうであって欲しい。『たまごの気持ち / GANO』

たまごの気持ち / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。 毎月1曲歌

記事を読む

Vol.45 たとえ君が何者だろうと、愛しさに変わりはないよ『Some Day / We’ll Make It Right』

Some Day / We'll Make It Right どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.143 大雑把なコード進行で美しさよりも大胆さ、流れを重視した曲。『Kids / MGMT』

Kids / MGMT どうも、GANO(@Past_Orange)です。 家族とのつながり

記事を読む

Vol.33 純粋な気持ちで音楽を作ることを忘れてはいないだろうか?『Walking on the clouds / 藤原さくら』

Walking on the clouds / 藤原さくら どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.103 見上げるほどの身長差の相手と、ライバルたちとの恋のカケヒキ。 『オ・モ・イ アプローチ / NI+CORA』

オ・モ・イ アプローチ / NI+CORA どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.62 RapはまたQ-Tipだ!MVはまたMichel Gondryだ!なんだかクセになる『Go / The Chemical Brothers』

Go / The Chemical Brothers どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

Vol.50 ディスコを今風ポップにアレンジ!『Wrapped Up feat. Travie McCoy / Olly Murs』

Wrapped Up / Olly Murs どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail