映画『シャザム!』スーパーパワーもらったら大人もこうなるよ! 家族は血ではなく絆で繋がっている。

公開日: : 映画

映画『シャザム!』スーパーパワーもらったら大人もこうなるよ!

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

2019年4月19日に日本でも公開となった『シャザム!』を観てきました!

見た目は大人、中身は子供なヒーロー映画ですね。

では、まず予告編を観ていきましょう!


映画『シャザム!』US版予告【HD】2019年4月19日(金)公開

明るく笑えそうなヒーロー映画のようです!

DCEUは明るい路線になっていく感じがありますね。

『シャザム!』はこんな人にオススメ!

どんな人が『シャザム!』を楽しめるか考えてみました。

・明るいヒーローものが見たい人
・親子で映画を楽しみたい人
・家族という言葉に敏感な人

こんな感じ。

まず、ダーク路線なヒーローものが苦手な人にオススメ! 最近のDCは比較的明るいですが、シャザム! は飛び抜けて明るいです。シリーズものでもないので入りやすい。

そして家族で映画を楽しみたい人。アニメはドラえもんやコナン、クレヨンしんちゃんなどやってますけど、実写ならシャザム! ですね。

最後に『家族』って言葉に敏感な人。愛されて育ってきていなかったりして、家族っているのかなって思っている人にオススメです。

ではネタバレを含んだ感想を載せていきますね!

スポンサーリンク

『シャザム!』 子供だけでなく大人もスーパーパワー欲しい!


出典:YouTube

見た目は大人、中身は子供という設定なので、公式でも逆コナンなんて言っちゃってます。笑えます。コナンも中身16歳なんでそんなビリーと変わらないという部分も笑えます。

というか、というかですね。ビリーと工藤新一がかわらないっていうか、スーパーパワーなんて大人だって欲しいんですよ!

ほぼ15歳だろうが16歳の探偵だろうが28歳のブロガーだろうが、スーパーパワーもらったらビリーみたいになっちゃうよ!

そりゃちょっと目立ったことしてお金もらいたいし、痛いことはいやだから戦いたくないし。

すごく明るくて正直な映画だなって思いましたね。楽しいじゃんシャザム!

そんでもって、ヴィランのサドも子供の頃にシャザム! の能力がもらえず、そのときの気持ちが捨てきれないでいる人。

サドの内面もビリーと、フレディと変わらないんです。

スーパーパワーが欲しくて、子供の頃の苦しみから解放されたくてもがいているんですよね。

登場人物の中でサドが一番子供っぽいなと感じましたよ。だから間違っちゃうし、本当に酷いのはお父さんだったよね。

『シャザム!』 家族にはなっていくもの


出典:YouTube

子供がスーパーヒーローに変身できたらどんなことするんだろう? という部分が大枠で、予告も非常にコミカル。

きっと頭空っぽにして終始笑って終わるんだろうなと思っていたら、結構ウルウルする場面が。

サドは実の父と兄に弱虫で嘘つき呼ばわりの厄介者扱いをずっと受けていて、家族に愛されていないで心が歪んでしなった存在。

ビリーは行方不明になった母親を見つけるも、まったく受け入れてもらえず。

どちらも血筋での家族に愛されなかった人なんですよね。似た者同士です。

スーパーパワーを持つビリーとサドを、ヒーローとヴィランという真逆の存在(かつ表裏一体)にしたのは、新しい家族の存在。

サドは孤独を選んできたためにヴィランに、ビリーは血の繋がりはないが自分のために戦ってくれる養兄弟たちと受け入れヒーローに。

自分のために戦うか、誰かのために戦うかが2人をわけました。

家族の絆は血が繋がっているからあるのではなく、この人を守りたいという気持ちがあるからなんですよね。

血が繋がってなくても家族になれる、家族がいれば強くなれる!

わかりやすく、胸が熱くなる部分もしっかりある映画でした。

スポンサーリンク

『シャザム!』 が好きならこの映画も観てね


出典:YouTube

子供が大人になっちゃった! な展開が楽しい本作を観て、面白いなと思った人はこちらもオススメ!

ジングル・オール・ザ・ウェイ

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のクリスマス映画です。

息子へのクリスマスプレゼントとしてヒーローフィギュアを約束したのに、ギリギリになっても手に入れられず奮闘するパパを描いた映画です。

人気でどこいっても品薄なフィギュア、欲しいのは主人公だけじゃない。他のパパも子供のために戦う!

家族で楽しめるドタバタコメディですよ。家族愛とヒーロー、『シャザム!』と共通するテーマです。

ビッグ

トム・ハンクス主演のハートフルコメディ。

こちらは子供が大人になっちゃった! な展開が一緒ですね。子供心を持ったまま大人になったら、すごく楽しい。

けど、大人は子供に戻りたい。大人になるってなんだろう? と考えさせられる部分もある映画です。

『シャザム!』でおもちゃ売り場でピアノの音が鳴るマットを踏むシーンは『ビッグ』からの引用ですね。

バットマン

ちょっと毛色が変わって、ダーク路線ですが、『バットマン』もどうでしょうか。

同じDCなのでバットマンネタが入ってましたし、サドとビリーの初対面シーンでサドが静かに降りてくる感じはバットマン登場シーンと同じですね!

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

ダーク路線のDC大好きですが、『アクアマン』や『ヴェノム』みたいな楽しいDCも大好きです。

僕もスーパーパワー欲しい!

GANO

どんなに裏切られようと、息子のすべてを愛してる



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

2018年3月に観た映画! 『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』『リメンバー・ミー』『ペンタゴン・ペーパーズ』『のび太の南極カチコチ大冒険』

2018年3月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 3月は劇場

記事を読む

『ベイビー・ドライバー』は音楽好きにオススメ! カーチェイス&ガンアクションが音楽と共鳴するノリノリ映画

『ベイビー・ドライバー』は音楽好きにオススメ! どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は原作知らなくてもOK! サイバーパンクな映像とアクションを楽しむ映画

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は原作知らなくてもOK! どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

2017年9月に観た映画! 暗号解読して戦場で逃げてベアクロー出してタキシードきめてバイクで走ってクモを食べました。

2017年9月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 9月は劇場1

記事を読む

映画『グリーンブック』友情は下らないルールを壊していける。批判も含めて差別を考えるきっかけに

映画『グリーンブック』友情は下らないルールを壊していける どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

映画『アクアマン』は映画の楽しいシーンの全部盛り! 強引に繋げてるけど映像と音楽の迫力でオールOK

映画『アクアマン』は映画の楽しいシーンの全部盛り!話 どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

2017年12月に観た映画! 高層ビルにぶら下がり貝殻を頼りに偽教師として探偵に同行しウソを本当にして伝統芸能した後ぶっ壊して寝台列車に乗りました

2017年12月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 12月は家

記事を読む

『ゲット・アウト』は新しい角度で楽しむ映画。観ている最中はホラーでありサスペンスだけど、観終わるとコメディに変わります。

『ゲット・アウト』は新しい角度で楽しむ映画 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

映画『ファントム・スレッド』 愛がもたらす変化は人生を豊かにするか。男女で見え方が分かれる映画。

映画『ファントム・スレッド』 愛がもたらす変化は人生を豊かにするか どうも、GANO(@Past_

記事を読む

『ザ・マミー』はトム・クルーズの腹筋を観る映画。週末テレビでやってたら家族で片手間に観てね

『ザ・マミー』はトム・クルーズの腹筋を観る映画 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail