Vol.41 悲しい日々を送っていても、いつか幸せがやってくるよ!『Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE , ,

Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

雨=悲しみという表現の裏には、晴れ=幸せというメッセージが込められています。雨の中をひたすら歌うことで晴れの良さを説明するような、そんなネガティブでありながらポジティブを与える曲が好きだったりします。実際、悲しいときに悲しい曲を聴くと心が晴れるということもあるそうです。

今回はこの曲。

Raindrops Keep Falling On My Head / B. J . Thomas

1969年の曲で、まだ作詞・作曲・歌の人が分かれているのが主流だったころの曲です。特に作曲のBurt Bacharachが好きで、この曲はBacharachのハッピーな作曲が印象的です。はねたリズムとスキップするようにウキウキとしたメロディーはかなりの影響を受けていると思います。僕の曲にスウィングするものが多いのもそのせい。

邦題は『雨にぬれても』。悲しみの中にいてもってことですね!そして弾むメロディー、いったいどんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

歌詞について ポジティブな考え方

とっても明るい曲ですが、主人公は悲しみの中にいます。でも、すっごい前向きな曲!

Raindrops keep fallin’ on my head
And just like the guy whose feet are too big for his bed
Nothin’ seems to fit
Those raindrops are fallin’ on my head, they keep fallin’
雨が僕に降り続ける まるで足が長すぎてベッドに収まらない男みたいに
何もうまくいかないんだ
雨は降り続ける、僕に向かってずっと

明るい曲調からは考えられないような歌詞です。悲しみの淵にいる男の歌ですね!体のサイズがベッドをオーバーしてしまってる状態は、なんだかリラックスできないし縮こまって寝なきゃいけないので窮屈ですよね。さらに体にあったサイズのベッドを買えないという貧困の部分も見え隠れします。何もかも上手くいかない、悪いことばかりだよとネガティブまっしぐらな出だしなのですが、これを明るく歌うことで次の歌詞につながります。

So I just did me some talkin’ to the sun
And I said I didn’t like the way he got things done
Sleepin’ on the job
Those raindrops are fallin’ on my head, they keep fallin’
だから僕は太陽に言ってやったんだ
君のそのやり方は僕の好みじゃないな 仕事サボってるんじゃないかい?
雨は降り続ける、僕に向かってずっと

ここで少しとぼけたような展開になります。『太陽さん、止まない雨はないって言うんだから、そろそろ顔を出してごらんよ?』と、山あり谷ありの人生の谷の部分から山を見つめるような、少し大人の余裕を感じさせる素敵な部分です。まだまだ雨の中にいるのですが、こんなに苦労してきたのだからもう幸せになってもいいだろ!!と焦るのではなく、ゆったりと自分を信じて待ち続けているような印象を受けます。この姿勢を見習いたいですね!

そして注目すべき最後の部分です。

Crying’s not for me
‘Cause I’m never gonna stop the rain by complainin’
Because I’m free Nothing’s worrying me
泣く必要なんてないよ
愚痴ったって雨は止んでくれない
だって僕は自由だから 何も悩むことはないんだよ

この曲ってたった一人っきりで歌ってる曲だと思うんです。だから自問自答しているような感じでして、最後の部分だって自分に言い聞かせているんだと思います。きっと泣いているし、悩んで『なんで俺だけこんな辛い思いを!』って愚痴ってたりする。けどそれは自由との引き換えに得た代償であって、絶対成功してやるんだから!!という無理やりポジティブにしているようにも聞こえる。

 

このポジティブともネガティブとも取れる二面性を表現しているところがこの曲の良いところ!歌詞は悲しみの中なのに曲はとっても明るい。絶妙なバランスで成り立っていますね。

スポンサーリンク

コード進行について

この手の曲にAメロとかサビという構造はないと思うので、冒頭部分と言っておきます。ヴァースとコーラスでいうとヴァースの方かな?

楽譜で
raindrop

キーエディターで
raindrop1

注目すべきは出だし4小節の展開、ベースはFに固定されたままコードがF→FM7→F7と変化していきます。安定したⅠが3和音から4和音と感情が膨れ上がり、そしていつの間にかB♭M7(Ⅳ)へ行くためのF7(Ⅴ)へと変化しているんですね。そして内声がF→E→E♭→Dと半音で下降していく、この悲しくも美しい表現が秀逸です。その一方でベースはF→B♭と強進行することで場面が変わるような印象を強め、次のAm7へのつなぎとなっています。

このコード進行がゆっくりと降り出した雨が次第に強くなり悲しみに落ちていく、そんな印象を与えてくれます。悲しい広がり方なんだけど、4小節すべてのコードが明るいメジャーの響きなので、『悲しくても前向き』という曲自体のテーマに沿っていて、清々しさをも感じます。ん〜、素晴らしい。

 

キーをCに置き換えるとC→CM7→C7→FM7ですね。美しく、かつ使いやすいコード進行なので1度使用をオススメします。このコード進行で作り出すだけで歌のイメージがつきそうなぐらい素敵な進行です。

最後に

B.J.Thomasの歌も好きなのですが、Burt Bacharachの作曲のみを楽しみたい方はこちらもオススメ

Burt Bacharach – “Raindrops Keep Falling On My Head”

歌なしのオーケストラアレンジですね。作曲のみの素晴らしさを確認したいときは作曲家がアレンジしたこういったものを聴くと良いと思います。ポップスのオーケストラバージョンを作りたい方にも参考になるかと思います。

 

今の僕には『フリーランスやアルバイトって自由でもあれば辛いことも多いよね、でも頑張っていこうよ!』って曲にも聴こえてきます。時代が変わっても愛される名曲、こんな現代日本のあなたにもきっと寄り添ってくれるはず。

GANO

雨の中、太陽を見つけたい人はこちらもどうぞ!

Vol.38 梅雨を乗り切る日照り乞い。あなたは太陽みたいな人ね!『Sunshower / Dr. Buzzard's Original Savannah Band』
Sunshower / Dr. Buzzard's Original Savannah Band どうも、GANO(@Past_Orange)です。 今年の関東の梅雨入りは6月上旬になりそうですね。すでに梅雨に入…


仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.10 ハーモニックマイナーやメロディックマイナーをコードに活かしたNu-Disco。『Baby I’m Yours / Breakbot』

Baby I'm Yours / Breakbot どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

Vol.94 君がいるだけで毎日が心地良くなるね。『Breezy / Wouter Hamel』

Breezy / Wouter Hamel どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.78.5 M−1グランプリの出囃子「ケセガンガンガンガンガン!」の曲。『Because We Can / Fatboy Slim』

Because We Can / Fatboy Slim どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.1 Ⅴ7の代わりにⅣ/Ⅴを使って上質で柔らかい響きに。『Rock With You / Michael Jackson』

Rock With You / Michael Jackson はじめまして、GANO(@Past

記事を読む

Vol.79 花嫁を奪って駆け落ち。それは道に迷うのか、それとも拓くのか。『Get Lost / Breakbot』

Get Lost / Breakbot どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.45 たとえ君が何者だろうと、愛しさに変わりはないよ『Some Day / We’ll Make It Right』

Some Day / We'll Make It Right どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.96 まっすぐな表現が可愛らしい曲!『Heartbeat / tahiti 80』

Heartbeat / tahiti 80 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.129 ソウルミュージック定番のコード進行を使った曲。『A Woman Needs Love (Just Like You Do) / Ray Parker Jr.』

A Woman Needs Love (Just Like You Do) / Ray Parker

記事を読む

Vol.39 呑気な日々を送れるのは、戦いが終わったからなんだ。『Saturday in the park / Chicago』

Saturday in the park / Chicago どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.138 怪しさとヒネくれで進みコーラスでは急に素直になるコード進行。『Universal / Nate James』

Universal / Nate James どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑