Vol.112 エレクトロファンクな1曲! 『I Don’t Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak & Smaak』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE , ,

I Don’t Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak & Smaak

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

ソロとしても、そしてTuxedoとしても大活躍なMayer Hawthorne、現代ソウルの代表格です。

そしてゲストボーカルとして他のミュージシャンとコラボすることも多くなりました。

Tuxedoのようなエレクトロファンクが好きな人はこちらの曲なんか如何でしょう?


I Don’t Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak & Smaak

Kraak & Smaakはブレイクビーツやファンク、エレクトロなどを掛け合わせた楽曲を作るオランダの3人組です。

Ben Westbeechをゲストボーカルに迎えたSqueeze Meはヒットしましたよね。


Kraak & Smaak – Squeeze Me

Mayer HawthorneだったりBen Westbeechだったりオランダだったり。このブログで多く出てくる名前ばかりですね、結局趣味は寄ってくるですよね。

さて、話をI Don’t Know Whyに戻します。

これTuxedoの曲って言われてもわからないぐらい同じ系統の曲になっていますよね。

歌詞とコード進行はどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

I Don’t Know Whyの歌詞について

今現在正確な歌詞は見つかっていないため、割愛させていただきます。

ここも僕の耳コピだとちょっと怪しいので。

歌詞がわかり次第追記しますね。

スポンサーリンク

I Don’t Know Whyのコード進行について

では、コード進行を見ていきたいと思います。

ここではコーラス、ヴァース、ブリッジとして考えていきたいと思います。

コーラス

譜面で
idkw1

キーエディターで
idkw2

キーはGマイナーになります。

Gm7→E♭M7→Dm7add11→C7omit3/B♭なのでⅠm7→ⅥM7→Ⅴm7add11→Ⅳ7omit3/Ⅲです。

なかなか分かりづらいコード進行ですよね。

Dm7add11は5thを抜いて使わないと音がこもってしまうので注意です。

Dm7add11、C7omit3/B♭ともにドとソで完全音程を作ってカッチリした響きを出しています。

エレクトロファンクらしいコード進行といいますか。

ベースラインははっきりとさせたくて、上に乗っかる和音は曖昧にしたい、そんなサウンドです。

ヴァース

譜面で
idkw3

キーエディターで
idkw4

Gm7→Gm6→E♭/GなのでⅠm7→Ⅰm6→Ⅵ/Ⅰです。

Gmのワンコードとも言えます。

繰り返すことで内声がファ→ミ→ミ♭→レと半音で下降してくるようになっています。

ワンコードで行きたいけど、マンネリは避けたいって時に使ってみてはどうでしょうか?

ブリッジ

譜面で
idkw5

キーエディターで
idkw6

Dm/G→C/GなのでⅤm/Ⅰ→Ⅳ/Ⅰです。

こちらもGmのワンコードと言っても良い気もします。

ベースがソで鳴っていることと、Dm→Cの流れは別のような。

Cは借用和音です。これはFへ進むためのドミナントと考えておくと良いです。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

Mayer Hawthorneがその地位を着々と固めてきているような気もします。

現代人が考えるソウルの人=Mayer Hawthorneぐらいになったら嬉しいですね!

GANO

Tuxedoの楽曲はこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.18 分数コードとベースラインで1つのコード進行を引き延ばしている曲。『I Won’t Let You Down / OK Go』

I Won't Let You Down / OK Go どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.117 いたるところに半音の流れ。たくさんの繊細で美しいコード進行。『Back Down To Earth / Michelle Shaprow』

Back Down To Earth / Michelle Shaprow どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.145 元恋人と再び出会い口説き落とそうとする曲。『2nd Time Around / Tuxedo』

2nd Time Around / Tuxedo どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

Vol.114 短3度上のキーへ行ったり来たりして違和感なく場面変化を与える曲。『On My Way / Giovanca』

On My Way / Giovanca どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.125 強進行を繰り返すコード進行を束ねる、半音クリシェが美しい。『Don’t Know Why / Norah Jones』

Don't Know Why / Norah Jones どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.56 半音で動くコード進行がおしゃれ!『If I Ain’t Got You / Alicia Keys』

If I Ain't Got You / Alicia Keys どうも、GANO(@Past_O

記事を読む

Vol.68 ディスコ・クラシックスとして有名!『A Night To Remember / Shalamar』

A Night To Remember / Shalamar どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.1 Ⅴ7の代わりにⅣ/Ⅴを使って上質で柔らかい響きに。『Rock With You / Michael Jackson』

Rock With You / Michael Jackson はじめまして、GANO(@Past

記事を読む

Vol.85 巡り巡ってやっと君と出会えたよ。『Runnin Around / Zak Waters』

Runnin Around / Zak Waters どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

Vol.131 近親調から”トゥーファイブワン”を借用して終止感を薄めるディスコサウンド。『Back Seat Lover / Mayer Hawthorne』

Back Seat Lover / Mayer Hawthorne どうも、GANO(@Past_

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail