Vol.63 たった2小節のループを延々使うBreakbeats。『Forget It / Cut & Paste』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Forget It / Cut & Paste

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

前回のThe Chemical Brothersの記事にて「テクノとかブレイクビーツとか歌詞やコード進行が重視されてない音楽も紹介したい」と書いたんですね。

Vol.62 RapはまたQ-Tipだ!MVはまたMichel Gondryだ!なんだかクセになる『Go / The Chemical Brothers』
Go / The Chemical Brothers どうも、GANO(@Past_Orange)です。 The Chemical Brothersのニューアルバムが出るたびに僕は「あ、今回はダメだな。前のThe…

歌詞とコード進行についての記事がメインだったので、その2つが重視されていない音楽は紹介しづらかったんです。

でも僕が最初に作り始めた音楽はHip Hopだし、その次はHouseだったわけで、いわゆるダンスミュージックってものも好きなのでご紹介したいんですよ!

悩ましいなぁ〜っと思っていたところ、音楽ブロガーのラカさん(@MelodealeRaka)から


と助言をいただきまして、よしやってみるかとなったわけです。ありがとうラカさん。

というわけでBreakbeats曲を紹介してみたいと思います!

Cut and Paste – Forget it

Cut & PasteはイギリスのMatt CantorとAndy Gardnerのユニットです。Cut & Pasteという名前からわかるように、非常に検索しづらい!!どうしてそんな名前にしたんだ〜となりますが、Breakbeats音楽は『切って貼り付ける』音楽なので仕方ないかなとも思います。

Breakbeatsとは様々な曲のサンプリングで成り立っている音楽でして、いろいろな曲からドラムやベースを取ってきてカッコよくなるように変えちゃおうぜ!って音楽です。

Hip HopやDrum’n Bassなどの音楽と近いジャンルで、堺があいまいでもありますね。HouseやTechnoでもこの手法は使われるので、厳密にどこまでがBreakbeatsというのはなさそうです。

Cut & Pasteが有名というよりは、Forget Itが有名な印象ですね。ダンスミュージックはミュージシャンではなく曲に注目されることが多いので、一発屋のようなイメージがつきがちですが、ちゃんと他にも作品は出てます。ユニット名もコロコロ変わっちゃうしいろんな人と作品出すし本人たちが名前にこだわってない感じもします。

さて、どのような構造になっているか見ていきましょう!

スポンサーリンク

Cut & Pasteのドラムパターン

基本的に2小節のループです。その2小節が徐々に変化していくのが気持ちが良いですね!

for1

どうでしょうか、書いてみたんですが見づらいかなぁ。

最初はこの組み合わせで進みます。カッチリとした印象を受けるのは、ほとんどのパートが8分音符で割り振られているところです。大部分のアクセントが8分で流れていくため、その間を縫うように16分音符でベースが鳴るところがForget Itの特徴ですね。

そしてカッコ良いのはSnareパート。2拍目4拍目に叩くかと思いきや、1小節2発目は4拍の裏で叩かれます。この聴き手を裏切りつつもカッコよく決めるのがBreakbeatsの醍醐味と言っていいでしょう!4拍目裏で叩いといて、2小節目はしれっと2、3、4拍で叩くところも音だけですがスカしてる感があり、真似したくなりますね。

for2

そして、新たにSnareが加わります。こちらはしっかりと2拍4拍で叩かれるので安定感がありますね。

サンプリングで多用されまくっているIncredible Bongo BandのApacheのボンゴも登場し、一気に細かいノリに変わります。画像ではボンゴは主要なところだけしか色付けしていませんが、うす〜く細かいボンゴが入ってます。

Incredible Bongo Band – Apache

Hihatのオープンが1発だけ追加されているところも気持ち良さが増すポイントですね。

for3

最後にScratchが加わり大まかなビートの完成です。

このようなビートを打ち込む際は、何でもかんでも裏を取ったり16で刻むのではなく、美味しいところだけをそうすることでスカした格好良さが出ると思います。

ビートメイキングの参考になればと思います!

スポンサーリンク

最後に

ラカさんのブログではDTMに役立つ情報が載っています。

特に僕がお世話になっているのは無料で手にいれることのできるプラグインやサンプリング音源の記事ですね。Forget ItのようなBreakbeats系のドラムループが無料で手に入ったりしてマジで助かってます。

海外のサイト&メールは英語が読めないとよく分からないしなんだか怖くてダウンロードするのをためらってしまうこともあるのですが、ラカさんのところに載っていれば大丈夫だろう!って勝手に思ってます。

DTMで作曲をされる方はラカさんのブログもチェックしてみてくださいね。

GANO

このドラムパターンもかっこよい

Vol.60 別れの気配を感じ取ってる。今日はこんなにも良い日なのに『So Good Today / Ben Westbeech』
So Good Today / Ben Westbeech どうも、GANO(@Past_Orange)です。 恋人との恋愛関係に冷めてしまって、別れを告げようと心に決めている時って、相手もその雰囲気を感じ取って…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.91 流行とか世代じゃなくて、君と話すのが好きなんだ。『Young Folks / Peter, Bjorn & John』

Young Folks / Peter, Bjorn & John どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.17 様々な調からコード進行を借用して期待感を出し感情表現をするパズルのような曲。『A Dream Goes On Forever / Todd Rundgren』

A Dream Goes On Forever / Todd Rundgren どうも、GANO(

記事を読む

Vol.99.5 ポカリスエットのCM曲、これってもしかして『D.A.N.C.E. / Justice』じゃない?

新しいポカリスエットのCM曲 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 4月より放

記事を読む

Vol.46 真夏に起こる切ない雪のラブストーリー。『Snow Men / 星野源』

Snow Men / 星野源 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 7月21日

記事を読む

Vol.98 仕事ばかりであなたに会えない。そんな私に何かしてよね! 『Whatcha’ Gonna Do For Me / Average White Band』

Whatcha' Gonna Do For Me / Average White Band どうも

記事を読む

Vol.133 2コード、1小節のループでも成立するかっこよさ。『Be (intro) / Common』

Be (intro) / Common どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.108 宇宙に放り出された宇宙飛行士の、恋人への想い。『See You Again / GANO』

See You Again / GANO どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.117 いたるところに半音の流れ。たくさんの繊細で美しいコード進行。『Back Down To Earth / Michelle Shaprow』

Back Down To Earth / Michelle Shaprow どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.6.5『サンプリングってなに? Daft Punk編』

サンプリングってなに? Daft Punk編 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.65 傷心な彼女へ仲直りの電話。『Please Please Please Me / Talc』

Please Please Please Me / Talc どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑