Vol.88 やりきれない日常と、自分自身から逃げ出したい。『The Reeling / Passion Pit』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

The Reeling / Passion Pit

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

目覚ましで無理やり起きて、満員電車に揺られて、やりたくない仕事を遅くまでやり、何もできないまま眠りにつく。

同じことをただ繰り返す日々に嫌気がさしているのに、そこからどうやって逃げ出すかも考えられない自分。

そんなやりきれない気持ちになってませんか?

今回紹介するのはこの曲!

Passion Pit – The Reeling

電子音を多用したサウンドと、ハイトーンなボーカルが特徴的なThe Reeling。

電子音に紛れ込むズシャッとした生ドラムと、時たま顔を見せるホーンセクションも気持ちがいいですね!

こうやってアレンジ面を考えるとアッパーなダンスチューンなのですが、どこか物悲しく聴こえます。

いったいどんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

>The Reelingの歌詞について

タイトルのThe Reelingは『よろめき』ですね。歌詞を見ていきましょう!

We dug these holes we crawled into
Now they’re my home
Now here I cannot feel the wind
Can’t feel the rain or cold
僕らは潜りこむための穴を掘ったんだ
もうここは僕の家さ
今じゃ風を感じることはない
雨や寒さだって感じることはないよ

実際に穴を掘ってそこで暮らしているわけではなくて、自分の内面的な動きを比喩していますね。

もう当たり障りのないように生きて、殻にこもっているんだよってことだと思います。

And I believe in gentle harmony
How I loathe all this obscenity
Is the way my life’s got to be
By a single opportunity
僕は穏やかな日々を望んてる
この品のない日常に嫌気がさしてるんだ
僕の人生はこんなものなのか
一度もだってチャンスはないのか

主人公は今の生活に全然満足していないんですね、違う世界を望んでる。

でも自分や環境を変えるチャンスすらやってこなくて、なんだかダラダラとこの生活を続けてしまいそう。そんな危機感を感じているのかもしれません。

Look at me, oh look at me
Is this the way I’ve always been
Now I’m dreaming somebody
Would simply come and kidnap me
Everyday I lie awake and pray to God
Today’s the day
Here I am, oh here I am
When will someone understand
僕を見てよ 僕はずっとこのままなの
今も夢見てるんだ 誰かが拐いに来てくれることを
毎日横たわって神に祈るんだ 今日こそはどうかって
僕はここにいるよ 誰かわかってよ

繰り返されるサビの部分です。

主人公はずっと誰かに助けて欲しいと願っているんですよ、でも祈っても誰も来ない。

自分の人生なので自分でなんとかしなきゃいけないじゃないですか?でもそれすら行動に移せないほどにダメになっている状態なんです。

なんでこんなにも気だるいんだろう?そんな状態ありますよね!!

And all at once I feel this
Oh, how it clings to me
It reels and calls me towards a
Confounding destiny
そして僕は突然気づいたんだ
何かがまとわりついてるって
そいつはよろめいて僕を混乱の運命へと呼び込むんだ

そして気がつくわけです、何か別の意識が自分に取り付いているんだって!

実際に体に何かがくっ付いてるのではなくて、自我に潜む”なにか”のことを指しているのでしょう。

現状を変えたいと思っている反面、実は現状から変わることに恐怖している。そんな感じでしょうか。

And I can feel the madness inch by inch
The more I run, the more I am convinced
I’m colored all these like the branches twist
Just like we settle in the foggy mist
狂気が少しずつ近づいてくるのを感じるよ
逃げれば逃げるほど強くなる
僕はねじれた枝のようだ
僕らはまるで霧の中にいるみたいだね

気づいてしまって、そんな感情から逃れようとすればするほど訳がわからなくなってくるんです!

もう自分自身もねじれちゃってるし、周りも見えないし。もう何もわからない。そんな状態。

 

この曲は心に闇を抱えたまま、でも平然と過ごしている青年の感情を歌っています。

とてつもない絶望感、やり切れなさを感じませんか?

変えたい!と思いながらも自分は祈るだけで他力本願。この心情描写が分かりすぎて辛いですね!

きっと主人公は他力本願な自分にも気づいていて絶望しているんです。

非常に辛い歌詞です!比喩表現が多く直接的過ぎないところが良いですね!!

スポンサーリンク

>The Reelingのコード進行について

ヴァースとコーラスの2パターンとなっています。

ヴァース 譜面で
reeling1

キーエディターで
reeling2

明るく終止しきらないのでわかりづらいですが、E♭メジャーの曲です。

なのでⅡm→Ⅳ→Ⅵm→Ⅴですね!

マイナーコードとメジャーコードが交互に入ってきますね。強進行もなくゆらゆらと漂います。

変えたいと願う気持ちと、変化を恐れる感情が表裏一体となっている様をコード進行でも表現しています。

Ⅵmで止まってくれれば悲しいなぁ〜で済むのに、ちょっとの希望を込めてⅤに行っちゃうんですね!なのにⅠには行けずまたⅡmに帰ってきてしまう。

あいまいな感情を表現しているコード進行です!

コーラス 譜面で
reeling3

キーエディターで
reeling4

ⅣM7→ⅠM7の定番コード進行!2小節ごとにコードが切り替わるのがつかいやすいみたい!!

似たような感情を表現している、同じコード進行の曲はこちら!

Vol.37 無理に明るくして誤魔化してる、本当の気持ちをはっきり言えない『Tongue Tied / Grouplove』
Tongue Tied / Grouplove どうも、GANO(@Past_Orange)です。 みんなといるときは騒いでいるし明るくしていられるんだけど、いざ好きな子と2人きりで真剣なムードになると全然喋れな…

マイナーっぽさを含んだメロディーと合わせて、思春期の葛藤を歌うのがベターなようです。

ただⅣM7→ⅠM7だけだと大人な明るさだけになってしまうので、暗さとの対比で使うのが好ましいかと思います。

最後に

曲だけをなんとなく聴くとかっこよくて踊れるなぁ!って感じの曲なのですが、紐解くと切なくなりますね。

こんな気持ちを抱えたままの生活は何をやってもやりきれないでしょうね。

辛くなっちゃいます!!

GANO

ⅣM7→ⅠM7だけの明るい曲で盛り返そう!

Vol.82 ぶつかっててもクセになるリフ!!『Soul Flower (Remix) / The Pharcyde』
Soul Flower (Remix) / The Pharcyde どうも、GANO(@Past_Orange)です。 Hip Hopというジャンルに大きくて強面な黒人さん達が怖そうなことラップしてると思ってい…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

ARTISTS一覧

ARTISTS一覧 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 ANALYZEでは歌

記事を読む

Vol.40 電気グルーヴ”Shangri-La”の元ネタの曲!『Spring Rain / Silvetti』

Spring Rain / Silvetti どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.131 近親調から”トゥーファイブワン”を借用して終止感を薄めるディスコサウンド。『Back Seat Lover / Mayer Hawthorne』

Back Seat Lover / Mayer Hawthorne どうも、GANO(@Past_

記事を読む

Vol.105 サントリー ウイスキーのCMでおなじみ。『ウイスキーが、お好きでしょ / 石川さゆり』

ウイスキーが、お好きでしょ / 石川さゆり どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.101 複雑なコード進行、展開を感じさせない美しいメロディ。『What A Fool Believes / The Doobie Brothers』

What A Fool Believes / The Doobie Brothers どうも、GA

記事を読む

Vol.28 渋さがさらに切なさを強調する、嘆く男の失恋歌。『美しく燃える森 / 東京スカパラダイスオーケストラ』

美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.143 大雑把なコード進行で美しさよりも大胆さ、流れを重視した曲。『Kids / MGMT』

Kids / MGMT どうも、GANO(@Past_Orange)です。 家族とのつながり

記事を読む

Vol.57 コールセンターでのイライラの曲です。『Thanks For Your Time / Gotye』

Thanks For Your Time / Gotye どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

Vol.92 ピアノとホーンセクションがかっこいいハウスナンバー 『Mousetrap / Sounds Of Life』

Mousetrap / Sounds of Life どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

Vol.149 価値あるものはのし上がらないと分からない。『Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris』

Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑