Vol.57 コールセンターでのイライラの曲です。『Thanks For Your Time / Gotye』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

Thanks For Your Time / Gotye

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

コールセンターに電話して、求めていた回答が得られずイライラした経験はありませんか?

コールセンターの対応されている方って、大抵アルバイトの方なので詳しいことを聞くと答えられない場合があります。マニュアル丸読みで感情のこもってない感謝の言葉を言われたり、もうだったら機械がテープ再生してるのと一緒じゃない?って時も、あったりします。

そんなコールセンターにイライラしてる曲です。珍しいね!

Gotye – Thanks For Your Time

タイトルの『Thanks For Your Time』は「お時間ありがとうございます!」ですね。これ言われてみるとイライラするかも。「あなたの貴重なお時間を割いて電話して頂きありがとうございます!」って、皮肉っぽいじゃないですか?

これを皮肉っぽく捉えてしまう人がイライラしてしまうんでしょうね。Gotye自身とても神経質な印象を僕は持っているので、結構イライラするんだろうな。

MVは絵本から絵を切り取って、それを組み合わせて作られたアニメーションなんだとか。コールセンターの女性がどんどん機械っぽくなっていったり、書類をみんなで床に落としたり、完全に電話をかけている客側の妄想ですが、わからなくもないです。

さて、すでに皮肉たっぷりなこの曲、どんな内容なのでしょうか?

スポンサーリンク

歌詞について

これって歌詞なの?って歌詞です。

You have been placed in a queue
But your call is valuable
It’s very valuable
We hope this doesn’t inconvenience you
Because you’re valuable
You’re so very valuable!

If you wish to make a complaint
We can handle it, we’re well prepared to handle it
Of course you may have to wait
But that’s understandable
Isn’t that understandable?

なんとコールセンターが発する言葉が歌詞となっています!!それっぽく訳してみたのですが、文字列で見ると全然ありがとうございます感ないですよね!マニュアルに書かれているのでしょう。絶対本心じゃないだろ!ってことばかり並べてしゃべるからイライラくるのですが、コールセンターの方もそれがお仕事ですからねぇ。

Gotyeはオーストラリアで活動しているシンガーソングライターです。日本もオーストラリアもコールセンターの対応は一緒なんですね。

Don’t ask me, I just work here man

(It sounds to me like you need help!)
We’re very good to you
I hope you know we’re good to you
(Let me put you through to someone else)
They’ll know just what to do!
I’m sorry, I can’t help you

そして今度はコールセンター側の本音がボロボロと出てきます。コールセンター側もイライラしているんでしょうね!『I just work here man』って言いたいでしょうね、本当は。親切に対応してるんだから怒らないでよ〜、そんなに怒るなら他の人に繋ごうか?って言ってます。

コールセンターだって雇われだからわからないのよ、あなたと立場は同じ!って叫びが聞こえてきますね。

Computer: Directory assistance
Person: Hi, could I please speak to Miss…
Computer: What name please?
Person: Oh, sh*t
Computer: I’m sorry, I didn’t hear that
Person: Just put me through
Computer: I’m sorry, yes or no, did you request Melbourne Zoo?
Person: No, you bi*ch
Computer: Please hold, and an operator will complete your request
Person: Oh, f*ck it

ここはコールセンターと客のバトルシーン!人が出たと思って話しかけたらテープだったってことありますよね!!あれってなんだよって僕も思っちゃうな。

名前を言おうとしたらかぶせて「名前を教えて」ってイライラしますね。その後も全然話が噛み合ってません!音声認識なんでしょうが、throughがzooに聞こえちゃってメルボルンの動物園になぜか繋がれています!

これはイライラするなぁ〜

Why don’t you fill out a form?
We can’t get back to you
Of course we can’t get back to you
But rest assured, we’ll take your comments on board
Your thoughts make change!

Thanks for your time

…Let’s spend some time together, we’ll save you money…

書類に記入するくだり、書かれたことに対してしっかりと対応するとのことですが、MVでは机の上に書類の束をバサー、コールセンターの女性たちが床にバサー。やってないでしょうけどね!それぐらいの対応だろ?ってGotye怒ってます。

最後の違和感たっぷりに差し込まれる歌では、電話してないで当店までお出で頂ければ電話代節約になりますよって歌ってます。こんなコマーシャルがオーストラリアでは流れるんでしょうか??すごい挑発的ですよね。

1曲通してコールセンターってイライラするな!ってことを歌ってます。珍しいですよね〜、こんな変な曲を作るなんてGotye変わってる〜。そこが好きだよGotye!

楽曲のアレンジもパーカッシブで気持ちが良いです。

スポンサーリンク

コード進行について

楽曲内ほとんどが1つのコード進行で成り立っています。

譜面で
tha1

キーエディターで
tha2

マイナーキーのⅠm→Ⅵ→Ⅴm→Ⅰmで、2小節間に1度で始まり1度で完結するコード進行です。以前のGorillazの曲もそうでしたが、3和音のみのマイナーコード進行の場合はベースラインがどう動くかが決め手となってくるようです。


Thanks For Your TimeもFeel Good Inc.も近いアプローチでして、どちらもベースラインが特徴的です。ベースラインがかっこよいから成り立っているような曲なので、このコード進行を使う際は気をつけたいところですね。

最後に

コールセンターへのイライラをコールセンター側も演じて皮肉に歌にする変わった曲を紹介しました。

Gotyeの曲は、このような極端な感情を押し出したものがちょくちょく出てきます。どれも面白い曲なので、今後取り上げられたらなと思っています。

GANO

女々しい男ソングはこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.1 Ⅴ7の代わりにⅣ/Ⅴを使って上質で柔らかい響きに。『Rock With You / Michael Jackson』

Rock With You / Michael Jackson はじめまして、GANO(@Past

記事を読む

Vol.101 複雑なコード進行、展開を感じさせない美しいメロディ。『What A Fool Believes / The Doobie Brothers』

What A Fool Believes / The Doobie Brothers どうも、GA

記事を読む

Vol.93 覚えていないのかい?この深い深い愛を。 『Do You Remember Love / Frank McComb』

Do You Remember Love / Frank McComb どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.86 僕らは若くて、何も知らないままなのか。『The Motorcycle Boy Reigns / Broken Records』

The Motorcycle Boy Reigns / Broken Records どうも、GA

記事を読む

Vol.118 高垣麗子さんが踊る! メタボリック「en Natural」CMソング。『Natural Woman / ビッケブランカ』

Natural Woman / ビッケブランカ どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.84 韓国語と英語が美しく混ざるラウンジミュージック。『You Never Know / Clazziquai Project』

You Never Know / Clazziquai Project どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.65 傷心な彼女へ仲直りの電話。『Please Please Please Me / Talc』

Please Please Please Me / Talc どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.6 ネチネチとした感情をコード進行でも表現した楽曲。『Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra』

Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra

記事を読む

Vol.5 Earth, Wind & Fire や Michael Jacksonへのリスペクトを感じるディスコソング。『Treasure / Bruno Mars』

Treasure / Bruno Mars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.44 私たちは最高の愛を手に入れたのよ!『Best Of My Love / The Emotions』

Best Of My Love / The Emotions どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail