『ラ・ラ・ランド』は心をえぐられる! 夢を見せることで理想と現実のギャップを叩きつけてくる映画

公開日: : 最終更新日:2019/01/20 映画

『ラ・ラ・ランド』は心をえぐられる!

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

2017年2月24日に日本も公開となった映画『ラ・ラ・ランド』を観てきました!

ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞で多く部門を受賞した話題作です。アカデミー賞の作品賞のくだりは拍子抜けしましたが、あれも演出じゃないか? という声も聞きますね。

感想としては「音楽最高! 映像も美しい!! つ、辛い、辛すぎる……」といった感じ。この映画、涙腺をガンガン攻撃してきます!

まず予告編を観てみましょう。


「ラ・ラ・ランド」本予告

映画館で観る前は予告を観て「おぉ〜楽しそう!」という感じだったのですが、観終わってから予告を観ると「つ、辛い。なんて悲しい予告なんだ……」と真逆の感想が出てきます。

では、ネタバレ大有りの本編感想をつらつらと書いていきましょう。

あらすじなんかはググればいっぱい出てくるのであえて書きませんね。というか映画観ないでこの感想読むのはダメだから! 絶対劇場に足を運んでくださいね!!

スポンサーリンク

『ラ・ラ・ランド』で号泣! こんな場面で泣きました

『ラ・ラ・ランド』は後半にかけてドンドン観客を悲しい気持ちにさせていく構成になっているのですが、僕の場合は最初から号泣。たぶん音楽やってて男だったらみんなそうなるんじゃないかと思いましたね。

夢追い人の辛さがよく分かって泣いた


出典:YouTube

女優を目指すミアがオーディションに落ちまくるシーンは泣けます。たった一言で帰らされたり、オーディション中に遮られたり。

オーディションではなく自分で脚本を書いて一人芝居をしよう! と準備するも、小さな劇場にお客がパラパラといるだけ。しかも客からの悪評が聞こえるなんて……。「もうすべて終わったの、もう恥をかくのはごめんよ!」と実家に帰るミアの辛さがひしひしと伝わってきます。

弁護士になる勉強を中断して大学を中退してまでなりたかった女優業。心が折れてまた勉強に戻る。かなり現実味があってえぐられます。


出典:YouTube

そしてジャズピアニストとしてお店を開きたいセブ。日雇いの仕事ばかりで、好きな曲も弾けず苦悩するセブの姿は涙をそそります。

資金調達のため、そしてミアのために好きではない音楽を演奏する。本人的にはゴリゴリのジャズが弾きたいんですが、時代はもっと違うものを求めている。ジョン・レジェンド演じるキースの「革命は新しいものがあってこそ」という言葉も嘘ではないし、ジョン・レジェンド自体そういったミュージシャンなので説得力がありました。

お金がなくて店を開けない、お金があっても忙しくて店は開けないしミアにも会えない。辛い、辛すぎる。

周りの意見なんか気にするな、自分が良いと思うことをしよう! と2人とも奮いたつのですが、やはり周りから認められなければ成り立たない職業です。そのギャップに本人たちも辛くなってしまう。

誰もが一度は夢を持っていたはず。だから共感して泣いてしまうんですね。

夢は叶ったのに恋は実らなくて泣いた

結果的に一旦の別れをし5年、ミアはハリウッド女優に、セブはジャズのお店を出すことに成功します。

しかし、ミアには新しい旦那と子供もいて。たまたまセブのお店に来てしまう。店名はミアが考えた「セブズ」、あんなに拒んでいたのにセブはミアのことを想い「セブズ」とつけてる。そして旦那と一緒にいるミアを発見し「……ようこそセブズへ……」と紹介。もう悲しすぎる! 男はいつでも待っているばかりなのかい……。

そしてセブは2人の思い出の曲を演奏します。その曲を聴きながら、理想的な流れ、2人が別れなかったらどんな5年間だったかをミアは夢想します。ここで大号泣!

もしあの時キースとまともに話さなかったら。もしあの時ミアの一人芝居を見に行っていたら。もしあの時パリについていってたら……。

ミアは女優として成功、セブもジャズバーでピアノ演奏、子供を産み幸せな家庭を築き、フラッとジャズの流れるお店に入る。

理想的であるそのストーリーは、絶対ありえないとわかるので泣けてきます。だってキースと仕事をしなければ資金源はなかったし、ミアはパリで失敗するかもしれない。セブがお店を開かなければそこには店は存在しない……。絶対に叶わない世界なんです!

お互いに夢は叶ったけど、想い描いていた夢とはなんだか違う。特にセブはピアノが弾きたいのに経営と料理に忙しく、自分より上手いピアニストを雇わなければいけない立場に。泣ける……。


出典:YouTube

あんなに怒っていたレストランの経営者ビルも、笑顔で2人を送り出す。絶対にありえないビルの笑顔に涙がボロボロボロボロ。

こんな夢のような世界は、夢でしかないんですよね。そんなに都合の良いことばかりではない、現実は厳しい。女優とジャズ店オープンが叶っただけでも良い方なんですが、だからこその悲しさがそこにはあります。

そして最後のセブの笑顔。


出典:YouTube

これで良かったんだよと、ミア良かったねと言っているようで。きっと後悔の念に駆られていたのでしょう。もうこの笑顔が悲しくて悲しくて。

夢と恋。何かを得るためには何かを捨てなければいけない現実を、夢の世界で表現しています。

期待していたストーリーは夢の中だけだったので泣いた

この作品予告編が秀逸なんですよね、こっちの気持ちを裏切るような作りになっています。


出典:YouTube

例えばこの出合頭ミアにいきなりキスするシーン。これ序盤で出てくるのですが、その時はキスせず肩をぶつけて終わりでした。予告を見た人は「あれ? じゃあいつあのシーンがあるの?」となって物語を追います。まさか最後の夢の中のシーンだったなんて。


出典:YouTube

夜を2人で歩くシーンも、本当はセブではなく新しい旦那が横にいます。予告の多くはなんと夢の中のシーン、僕たちの求めていたラ・ラ・ランドは最後の最後の夢の中だけでした。

だからこそ、ただただハッピーな映画ではなく心に刺さったのだと思います。

スポンサーリンク

ラ・ラ・ランドは音楽が秀逸!

ミュージカルですので音楽が一番重要です。その音楽が本当に素晴らしくて、今サントラを聴くだけで涙が出てきます。

曲数はあれど使われているモチーフは数個。同じメロディをアレンジを変えて何回も流してくるんですよ。だから過去の映像の今が交錯して涙が出てくる。


‘Mia & Sebastian’s Theme

この曲なんか辛い場面でいっつも使われるから悲しくて悲しくて。ミアの一人芝居を見に行きたいのにわけのわからんカメラマンに無理に写真を撮られるセブが、何か弾いてよと言われてこの曲弾くもんだから切なくてですね。


La La Land Soundtrack – Epilogue (Justin Hurwitz)

また最後の夢想シーンでは、これまでの曲がメドレーのようにつながって流れます。たった1年の出来事なのに、こんなにも深く悲しい気持ちになるのも、この音楽があったからこそでしょうね。

どの曲もどこか哀愁があり、100%ハッピーな曲ってわけではありません。だから繰り返し聴くことで味が出て涙が溢れる。

観終わった方はぜひサントラを聴いていただきたい! 劇中のミアのようにラ・ラ・ランドの名シーンが脳内されますよ。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

色彩が綺麗、音楽も最高、話も深く心に突き刺さる映画『ラ・ラ・ランド』。正直辛すぎてかなり引きずっています。

何かを得るためには何かを捨てなければいけない、そして捨てたとしても理想的なラストがまっているとは限らない。

そんなメッセージを受け取りました。辛く悲しい、だからこそ美しいものになっています。

ぜひもう一度観てくださいね!

GANO

ローグ・ワンでも号泣しました。



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

2018年5月に観た映画! 『ファントム・スレッド』『アイアンマン2』『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』などMCU系8本

2018年5月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 5月は劇場で

記事を読む

映画『アクアマン』は映画の楽しいシーンの全部盛り! 強引に繋げてるけど映像と音楽の迫力でオールOK

映画『アクアマン』は映画の楽しいシーンの全部盛り!話 どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

映画『シャザム!』スーパーパワーもらったら大人もこうなるよ! 家族は血ではなく絆で繋がっている。

映画『シャザム!』スーパーパワーもらったら大人もこうなるよ! どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

泣いた!スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒 で泣いた場面ベスト3

泣いた!スター・ウォーズ エピソード7 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

映画『X-MEN ダーク・フェニックス』 手塚治虫「火の鳥」と「キャプテン・マーベル」。駆け足での終了はMCU入りを意味する?

映画『X-MEN ダーク・フェニックス』 手塚治虫「火の鳥」と「キャプテン・マーベル」 どうも、G

記事を読む

2017年12月に観た映画! 高層ビルにぶら下がり貝殻を頼りに偽教師として探偵に同行しウソを本当にして伝統芸能した後ぶっ壊して寝台列車に乗りました

2017年12月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 12月は家

記事を読む

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 2人が実在していたのなら。69年ハリウッドと共に夢を観る

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 2人が実在していたのなら どうも、GANO(

記事を読む

映画『プーと大人になった僕』 灰色になった人生に現れた真っ赤な風船。イマジナリーフレンドとしての側面とディズニー的お約束

映画『プーと大人になった僕』 灰色になった人生に現れた真っ赤な風船 どうも、GANO(@Past_

記事を読む

映画『トイ・ストーリー4』 幸せは生まれた瞬間には決まらない。自由意志と変化の物語。過去作を肯定しつつさらに前進!

映画『トイ・ストーリー4』 幸せは生まれた瞬間には決まらない どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

2018年4月に観た映画! 『ウィンストン・チャーチル / ヒトラーから世界を救った男』 『レディ・プレイヤー1』 『君の名前で僕を呼んで』『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2・3』 『ジュラシック・パーク』 『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』

2018年4月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 4月は劇場

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail