2017年9月に観た映画! 暗号解読して戦場で逃げてベアクロー出してタキシードきめてバイクで走ってクモを食べました。

公開日: : 映画

2017年9月に観た映画!

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

9月は劇場1本、家で5本ですね。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

ベネディクト・カンバーバッチの作品は初めてみたかもしれません! すごく良かったです、魅力的な俳優さんですね。

2015年公開なので結構最近の映画ですね、映画好きからは評判良いのですが、当時そんな盛り上がってましたっけ?

去年に『英国王のスピーチ』を観たばかりなので、第二次世界大戦開戦の前後をつなげたようですんなり内容に入ることができました。

暗号解読がメインですが、それ以外にもテーマ盛りだくさん。何度観ても考えさせられる映画でしょうね。

ダンケルク

実際のダンケルクはもっと建物がいっぱいあっただろとか、兵士少なすぎるだろとか、戦闘機3機ってなんだとか、いろいろ言われていますね。

3つの時間を使ったり、上記のようなリアルなようでリアルじゃない部分など、非常にクリストファー・ノーランらしい作品です。僕はね、大好物。

観るというより体感する、アトラクションな作品ですね。これはこれですごく好きです!

イミテーション・ゲーム観たあとなのも良かった。

詳しくはこちらで。


スポンサーリンク

X-MEN

シリーズありすぎて今更見直すのは億劫でもありますが、改めて1作目を観てみました。

映像の粗さやアクションのテンポなど、あれ、そんな興奮しないなって感じはありますね。当時はもっと興奮したはず。

とは言っても、ミュータントたちの苦悩には心締め付けられるものがあります。マイノリティの辛さがテーマだったり、あとまた第二次世界大戦がらみですね。

アメコミってなんでこうも深いテーマを扱うんでしょう? 子供向けのようだけど、大人が観ても唸る内容になっている。

日本の最近のヒーローにはここまでの深みは感じないような? 手塚治虫作品や石ノ森章太郎作品はまたちょっと違いますしね。

ドラえもんやクレヨンしんちゃんなどは結構感動させられますが、アメコミのような深みもある作品が日本からももっと出てくるといいですよね。

007 / スカイフォール

ダニエル・クレイグのボンド3作目。前作までは若手だったのに急に引退を迫られるベテラン風に!?

スクラップ&ビルドな作品となっていますね。落ちても落ちても這い上がるボンド、カッコ良い〜。

オープニングのADELEがまた良い曲だこと! オープニングだけでも20回は繰り返し観ましたよ。

というかどこもストリーミング配信レンタルとかしてないので、Amazonで買っちゃいました。ボンドになりた、、、いやなりたくはないか。振る舞いだけ真似します。

M:I-2

なんで急にそうなった的展開が多めですが、実際には2倍近く長さがあったようです。

それをなんとか2時間にまとめたので、なんで恋に落ちてんのとか突っ込みたくなる展開。レッドクリフも2部作だもんねジョン・ウー。

ほんと、ジョン・ウー映画。ツイート内容が全てですね。ジョン・ウーであってトム・クルーズな映画。

画面の前で「いけー!」って叫びたくなる映画です。

12モンキーズ

SFの名作ですが、初めて観ました。コールが今は何年だ? どこが現実で何が妄想で記憶だ? と悩んでいますが、観てる側も悩みますねこれ。

果たして運命は変えられるのか? それともタイムスリップありきなのか? 謎が多く、かつ解決しない部分が多い映画。

繰り返し観て、考えたいところですね。

何よりも最後のキャサリンの笑顔。どんな気持ちなんでしょう、複雑ですよね。愛した男は目の前で死んだのに、その男の幼少期も目の前にいる。

どんな笑顔なのでしょう。

いろんな考察を読みたくなるミステリー作品でもあります。良かった。

スポンサーリンク

最後に

軒並み70点越えの良い作品ばかり観れています。

というか、安パイばかり観てる?

インターネットも普及してますし、ハズレを引くことはほぼ無くなりましたよね。

だからこそ、ハズレを引いてしまった時の残念感はえぐい!

10月も良い作品だけ引いていきたいと思います。

GANO

8月はこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

映画『アントマン&ワスプ』 “サイズチェンジ”でスパイアクションはブーストする! 終始笑顔で観れる優しい世界

映画『アントマン&ワスプ』 "サイズチェンジ"でスパイアクションはブーストする! どうも、

記事を読む

映画『X-MEN ダーク・フェニックス』 手塚治虫「火の鳥」と「キャプテン・マーベル」。駆け足での終了はMCU入りを意味する?

映画『X-MEN ダーク・フェニックス』 手塚治虫「火の鳥」と「キャプテン・マーベル」 どうも、G

記事を読む

映画『ブラック・クランズマン』 描かれたKKKとの戦いは現在にスライドする。ユーモアを交えて怒り爆発! Right on!!

映画『ブラック・クランズマン』 描かれたKKKとの戦いは現在にスライドする どうも、GANO(@P

記事を読む

映画『グリーンブック』友情は下らないルールを壊していける。批判も含めて差別を考えるきっかけに

映画『グリーンブック』友情は下らないルールを壊していける どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

2018年6月に観た映画! 『ゲティ家の身代金』 『マイティ・ソー バトルロイヤル』 『インクレディブル・ハルク』 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 『アントマン』 『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』

2018年6月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 6月は劇場で

記事を読む

映画『フォードvsフェラーリ』 勝利の形は1つではない。経営陣vs現場でもあるクリエイター必見の激アツ映画!

映画『フォードvsフェラーリ』 勝利の形は1つではない どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

映画『名探偵ピカチュウ』ひたすらに可愛い! ポケモンを知らなくてもOK。あの映画が元ネタ? なシーンもあり楽しめます

映画『名探偵ピカチュウ』ひたすらに可愛い! どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

映画『ライトハウス』 狂っていくのか狂っていたのか。おかしな状況に恐怖しながらも、やっぱり笑ってしまう!

映画『ライトハウス』 狂っていくのか狂っていたのか。おかしな状況に恐怖しながらも、やっぱり笑ってしま

記事を読む

映画『テネット』 “ドア”はいつも入口で出口だ! 映像体験で小難しさも楽しみに変えてくれるノーランマジックにニヤニヤが止まらない

映画『テネット』 "ドア"はいつも入口で出口だ! 映像体験で小難しさも楽しみに変えてくれるノーランマ

記事を読む

【ネタバレ有】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はジェダイの強さを再認識する映画だ!

【ネタバレ有】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail