2018年6月に観た映画! 『ゲティ家の身代金』 『マイティ・ソー バトルロイヤル』 『インクレディブル・ハルク』 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 『アントマン』 『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』

公開日: : 映画

2018年6月に観た映画!

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

6月は劇場で2本、家で4本でした。

ゲティ家の身代金


記事書いています。

リドリー・スコット監督作品なので案の定濃い味。

実話を元に作られたフィクションです! とフィクション部分をやたら強調するほど生々しい、、、フィクションって強く言わないといろいろ危険なのかな。

音が生々しくてですね、劇場の音の良さが逆に辛いという結果に。目も耳も塞ぎたくなるよ。

でも「リドリー・スコットが好きだから、好きだからー!!」と念じながら頑張って観ました。恐怖!

マイティ・ソー バトルロイヤル

やっとマイティ・ソー3部作完結!

3作目にしてぶち上がりましたね、良かった良かった。

ギャグ要素多し、アート面も抜群に良くて楽しめました。ソーがバナー博士バカにしてる感あって良かった笑った。

スポンサーリンク

インクレディブル・ハルク

ソーにバカにされる前の1作目バナー博士が拝める作品。

1作目だけマーク・ラファロでなくエドワード・ノートンなんですね〜。

正直、エドワード・ノートンだからもっと辛いかなと思ってたんですが。どっちつかずに感じまして。

シリアスに行くのかな〜アクションなのかな〜なまま終わってしまうという。期待値が高くなりすぎました。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

宇宙のアウトローたちが利害一致して共闘する感じは好きですね、団結しすぎな気もしますが。

グルートは小さいんじゃないの? と驚きましたが、それは2の方なのか、まだ観てないので。

内容として結構ライト。重めなMCUに軽ノリを入れてくるという点でバランスいいですね。

アントマン

他のマーベルヒーローがド派手なだけに、勝手に地味な作品だと思ってましたが、なななんとめっちゃ面白い!

小さなヒーロー、しかも名前アントマンて! と思っていてごめんなさい。MCUで上位にくる楽しさ。

一度罪を犯し刑務所に入ると、博士号を持ってようと社会復帰が難しいというのはアメリカも一緒なんですね。

こりゃ新作も観に行かないとね。インフィニティー・ウォー観てないけど大丈夫かな、、、

スポンサーリンク

ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー


記事書いています。

期待値が高くなりすぎるんですよ。舵取り大変だよね。

でもマジに振り回されて焦ってて余裕のないハン・ソロをずっと観続けるのは結構辛いものがあるんやで。

ハリソン・フォードの呪いだと思います。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

結局マーベル漬けになっていますね。仕方ないよ、乗り遅れてしまっているから!

ちょっといろいろ期待値上げすぎで損している気がします、反省。

GANO

先月はこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

映画『アントマン&ワスプ』 “サイズチェンジ”でスパイアクションはブーストする! 終始笑顔で観れる優しい世界

映画『アントマン&ワスプ』 "サイズチェンジ"でスパイアクションはブーストする! どうも、

記事を読む

2018年2月に観た映画! 『ダークナイト』『インターステラー』『グレイテスト・ショーマン』『インセプション』

2018年2月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 2月は劇場で

記事を読む

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でど迫力怪獣バトルを楽しもう! 美しくカッコいい戦いにヒィヒィ!

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』でど迫力怪獣バトルを楽しもう! どうも、GANO(@Pa

記事を読む

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』 AIロボットの適切な教育とメキシコからの移民を扱う新作ターミネーター

『ターミネーター ニュー・フェイト』 AIロボットの適切な教育とメキシコからの移民 どうも、GAN

記事を読む

映画『X-MEN ダーク・フェニックス』 手塚治虫「火の鳥」と「キャプテン・マーベル」。駆け足での終了はMCU入りを意味する?

映画『X-MEN ダーク・フェニックス』 手塚治虫「火の鳥」と「キャプテン・マーベル」 どうも、G

記事を読む

『美女と野獣』はテンポ良し、映像良し。狭いコミュニティでの孤独に悩むなと言われたような映画

『美女と野獣』はテンポ良し、映像良し どうも、GANO(@Past_Orange)です。 2

記事を読む

2017年12月に観た映画! 高層ビルにぶら下がり貝殻を頼りに偽教師として探偵に同行しウソを本当にして伝統芸能した後ぶっ壊して寝台列車に乗りました

2017年12月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 12月は家

記事を読む

映画『アス』 自分自身が襲ってくる! 環境が違えば自分がモンスターになっていたかもしれないという事実からは目をそらしちゃいけない

映画『アス』 自分自身が襲ってくる! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 2

記事を読む

映画『テネット』 “ドア”はいつも入口で出口だ! 映像体験で小難しさも楽しみに変えてくれるノーランマジックにニヤニヤが止まらない

映画『テネット』 "ドア"はいつも入口で出口だ! 映像体験で小難しさも楽しみに変えてくれるノーランマ

記事を読む

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は原作知らなくてもOK! サイバーパンクな映像とアクションを楽しむ映画

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は原作知らなくてもOK! どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail