2017年12月に観た映画! 高層ビルにぶら下がり貝殻を頼りに偽教師として探偵に同行しウソを本当にして伝統芸能した後ぶっ壊して寝台列車に乗りました

公開日: : 映画

2017年12月に観た映画!

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

12月は家で6本、劇場で2本でした。

ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル

JJが監督の前作からしっかりバトンを受け取っているMI4ことゴースト・プロトコル。

シリーズで一番面白いと思ってます。今までのお決まりみたいなものをコメディタッチで取り入れるところもまた違ったミッション・インポッシブルって感じで良いです。

何より今まで作品ごとバラバラだったものを、しっかり回収している。

これでMIシリーズ終わりかな? ってぐらい綺麗に終わる。さすがです!

ファインディング・ドリー

飛行機の中で鑑賞、泣いちゃうという初体験。

前作のファインディング・ニモは未見なんですが、なるほどしっかりしているな! って。

登場するのは海の生き物たちですが、その内容は人間だって共感できるものになっています。

人はそれぞれ欠点をもっていて、それは体かもしれないし心かもしれない。

絶対に克服できないことかもしれないけど、悲観的にならず他者と補い合って前向きに生きていこう。そんなメッセージを感じました。

子供が小さい時に観せたいですよね、そんで大きくなってからふと思い出して、その映画の意味を深く感じる。良い映画です。

スクール・オブ・ロック

みんな大好きスクール・オブ・ロック!

ジャック・ブラックはこういうキャラにぴったりだなと感じましたね。

ロックとはなんなのか、って見方もちょっと入ってて。反骨精神であり支配からの解放である。

子供たちがロック音楽の楽しさに魅了されていく姿に、新しいことを知るのは素晴らしいのだと感じます。

スポンサーリンク

アフタースクール

こねくり回しすぎ感あります。情報量を多くして観る側の頭を追いつかないようにしているような。

それがしっかり回収できているなら良いのですが、投げっぱなしジャーマンな部分もある。政治家いる?

どんでん返しが売りで、騙されるわけですが。やはりどこかこじんまり。アンジャッシュのコントみたいじゃない?

STAND BY ME ドラえもん

号泣です。

フルCGでの『帰ってきたドラえもん』ですね、声優は新しい人ばかり。

『帰ってきたドラえもん』のエピソードは大好きです。

秘密道具「ウソ800」の効果が残っているかもしれないからと、ドラえもんに抱きつきながら真逆のことを泣きながら叫ぶのび太くん。

そして、真逆のことを言っているんだなと理解して抱きしめるドラえもん。あぁ号泣。

途中挟まれる「結婚前夜」も泣けるんだよな〜

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

旧三部作ファンは大喜びの内容になっていて、悪く言えば伝統芸能。

もちろん新三部作からスタートした僕ら世代も好きな人多いはず。だからさ、もうファントム・メナスを吊るし上げるのやめて〜

点数は絶対評価ではなく相対評価なんですが、最後のジェダイを観ると80点は高すぎたなと感じますね。

詳しくはこちら。


スポンサーリンク

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

そこに来ての最後のジェダイ。これ、フォースの覚醒に絶賛した人は大ブーイングでしょうね。

でもよ、JJエイブラムスは全部投げっぱなしジャーマンだったじゃない?

旧三部作を1本に収めた作品も良いけど、ぶち壊した最後のジェダイも良いと僕は思います。

詳しくはこちら。

オリエント急行殺人事件

映像は綺麗です。

映像はとっても綺麗なんですが、脚本がいまいちかな。タイミングの問題かな!

良い作品も出す順番によって印象かわっちゃいますからね。

詳しくはこちら。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

もっと映画を観るつもりだったんですが、風をひいてしまい年末は寝込んじゃいました。

年始はなるべき観るつもり。観たいのが増えていくので大変ですね!

GANO

11月はこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

『ベイビー・ドライバー』は音楽好きにオススメ! カーチェイス&ガンアクションが音楽と共鳴するノリノリ映画

『ベイビー・ドライバー』は音楽好きにオススメ! どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

『ラ・ラ・ランド』は心をえぐられる! 夢を見せることで理想と現実のギャップを叩きつけてくる映画

『ラ・ラ・ランド』は心をえぐられる! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 2

記事を読む

映画『君の名前で僕を呼んで』曖昧だからこそ美しい青年の恋。誰もが経験する友情と愛情の境目

映画『君の名前で僕を呼んで』曖昧だからこそ美しい青年の恋 どうも、GANO(@Past_Orang

記事を読む

『ブレードランナー 2049』は虚無を感じる映画。美しい映像で魅せる偽物とモブの存在。

『ブレードランナー 2049』で虚無を感じる映画 どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』は大人の女性のファンタジー。愛は水のように形を変えて寄り添う。

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』は大人の女性のファンタジー どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

映画『ナイブズ・アウト / 名探偵と刃の館の秘密』 本格ミステリーで人間の本性をあぶり出す! コミカルで強烈な俳優陣も見どころ

映画『ナイブズ・アウト / 名探偵と刃の館の秘密』 本格ミステリーで人間の本性をあぶり出す! どう

記事を読む

映画『名探偵ピカチュウ』ひたすらに可愛い! ポケモンを知らなくてもOK。あの映画が元ネタ? なシーンもあり楽しめます

映画『名探偵ピカチュウ』ひたすらに可愛い! どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

2017年11月に観た映画! 体を乗っ取られ監視され雨に打たれながら頭吹っ飛ばして糸電話で蘇生しました

2017年11月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 11月は家

記事を読む

映画『ファースト・マン』 様々な重力に耐えた男の話。時間と共に映像も変わっていく!

映画『ファースト・マン』 様々な重力に耐えた男の話 どうも、GANO(@Past_Orange)で

記事を読む

映画『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』 続く緊張と躊躇のないプロフェッショナルな戦闘に震える。デル・トロもブローリンもカッコ良い!

映画『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』 続く緊張と躊躇のないプロフェッショナルな戦闘に震える

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail