2017年11月に観た映画! 体を乗っ取られ監視され雨に打たれながら頭吹っ飛ばして糸電話で蘇生しました

公開日: : 映画

2017年11月に観た映画!

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

11月は家で5本、劇場で1本ですね。

ゲット・アウト

視点の切り替えだったり皮肉だったり、コメディアンが作った映画である素晴らしさがわかる作品になっています。

観ている最中と観終わってからでは印象がガラッと変わって、さらに見落としていた部分を探してまた変わる。

こりゃ面白い! と声をあげたくなる内容となっています。

詳しくはこちらで

スノーデン

この映画に触れること自体が怖くなる、SFのようにぶっ飛んだ、数年前にあった実話。

実話だってところがホラー! 知的でスリリングなんだけど、そのハラハラ感は今こうやっている間もカメラで見られているかも? というハラハラでもある。

多くを知ることと幸せであることはイコールじゃないなとも思っちゃう映画です。

ショーシャンクの空に

名作中の名作。なぜか今まで観てこなかったんだけど、これはすごい。

すぐに世界観に引き込まれるし、悔しかったり面白かったり悲しかったり。自分じゃないし、絶対同じ状況にはならないのになんだか重ねてしまう。

どん底でも諦めない、空を見続ける精神に涙が溢れます。完璧な映画ではないでしょうか。

スポンサーリンク

キングスマン

オマージュだらけのドタバタアクションコメディ。掘り下げにかけるため僕は評価しません。

観た感じでは今年頭にやっていた『ゴースト・イン・ザ・シェル』に近いですね。

ファンサービスに走っているのが悪いのではなくて、それだけに終始して、上っ面なぞっただけな気になってしまう。

それが売りなんだろうけど、好みじゃないですね。

たまこラブストーリー

アニメはちらっと見たぐらいで、ラブロマンスではなかったはず。

映画ではたまこともち蔵の恋、思春期の成長にのみ焦点を当てたのでわかりやすくてよかったです。

子供と大人の間で揺れる、変わらないものと変わっていくものに戸惑う10代の心境をうまく表現していると感じます。

スポンサーリンク

M:i-Ⅲ

ミッション・インポッシブルシリーズは毎回監督を変えるので、面白いかどうかはギャンブルです。

で、3作目はエイブラムスなんだけど。僕はこの人のカラーが苦手!

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』でもあった、カメラをぶらして迫力・スピード感を出す手法がどうも気に食わんのです。

エンジンがかかるのも遅いし、冒頭の映像がフェイクに見えなくて、予想がついてしまったところも良くない。

ただその分、次回作の『ゴースト・プロトコル』が面白くなったので、とりあえず観るのもアリな作品だと思います。

最後に

キングスマンは多くの人が話題にしていたので、そこだけガッカリですね!

環境問題とアメリカvsイギリス、どっちを軸にするのかなんなのか。子供向けって言うにはグロいし。

意外なのはたまこラブストーリーでしたね。これだから映画は観てみないとわからない!

GANO

10月はこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

映画『ライオン・キング』 超実写版はシンバの毛並みにうっとりするための作品。アニメ表現の大切さを知る

映画『ライオン・キング』 超実写版はシンバの毛並みにうっとりするための作品 どうも、GANO(@P

記事を読む

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は原作知らなくてもOK! サイバーパンクな映像とアクションを楽しむ映画

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は原作知らなくてもOK! どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

映画『レディ・プレイヤー1』 一時停止を押して確認したいほどの情報量。なぜ人はバーチャルな世界へ行きたくなるのか? 「俺はガンダムで行く」

映画『レディ・プレイヤー1』 一時停止を押して確認したいほどの情報量 どうも、GANO(@Past

記事を読む

映画『ミッション:インポッシブル / フォールアウト』トム・クルーズはほぼジャッキー・チェン。アクションを存分に楽しもう

映画『ミッション:インポッシブル / フォールアウト』トム・クルーズはほぼジャッキー・チェン どう

記事を読む

映画『ドクター・スリープ』 前作で深く描かれなかった”シャイニング”で激しいバトル! ホラーよりもアクション映画です

『ドクター・スリープ』 前作で深く描かれなかった"シャイニング"で激しいバトル! どうも、GANO

記事を読む

2017年8月に観た映画! 懐かしの作品や観ておかんとと思ってた作品をちょろっと観ました。

2017年8月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 せっかく週に

記事を読む

『ブレードランナー 2049』は虚無を感じる映画。美しい映像で魅せる偽物とモブの存在。

『ブレードランナー 2049』で虚無を感じる映画 どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

『ザ・マミー』はトム・クルーズの腹筋を観る映画。週末テレビでやってたら家族で片手間に観てね

『ザ・マミー』はトム・クルーズの腹筋を観る映画 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』 MIBシリーズは俳優に頼りすぎた? きっとニューラライザーで記憶を消されたのだ

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』 MIBシリーズは俳優に頼りすぎた? どうも、GA

記事を読む

映画『トイ・ストーリー4』 幸せは生まれた瞬間には決まらない。自由意志と変化の物語。過去作を肯定しつつさらに前進!

映画『トイ・ストーリー4』 幸せは生まれた瞬間には決まらない どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail