映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』 回帰や修復がテーマ。前作『最後のジェダイ』は修復すべき作品だった?

公開日: : 映画

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』 回帰や修復がテーマ

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

2019年12月20日に日本公開となった『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』を観てきました!

続三部作だけでなくシリーズを完結させる重要な作品です!

では、まず予告編を観ていきましょう!


「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」最後の予告篇

スカイウォーカー家のスター・ウォーズが終わるって感じがしますね!

いつも評価が真っ二つになるので、本作もどう評価されるか注目です。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』はこんな人にオススメ!

どんな人が『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』を楽しめるか考えてみました。

・旧三部作が好きな人
・『フォースの覚醒』が好きな人
・テンポよく楽しみたい人

こんな感じ。

監督であるJ.J.エイブラムスは旧三部作のファンであることも有名です。

なので旧三部作ファン向けの作風に『フォースの覚醒』はなっていたんですよね。JJが好きな人におすすめです。

そしてテンポもかなり早めで間延びしたシーンはないので、どんどん話が進んで欲しい人にもおすすめです。

ではネタバレを含んだ感想を載せていきますね!

スポンサーリンク

『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』 期待値を下げたため普通という感想に


出典:YouTube

最初に言っておきますが、僕は『最後のジェダイ』大好き、新三部作大好きの革新派です。


なので、ここから本作のことほとんど褒めません! やめるなら今のうちですね。

さてさて、そうなんです。本作に関してはもう最初から全然期待していなくてですね。

ハードルを下げて観た分、マイナススタートだったために「普通」という感想になっています。普通、というかまぁそうだよねってぐらいで感情はそんな動かない状態でした。

というのも、監督がJJに戻るって時点で、あぁ世の中の保守派スター・ウォーズファンに寄せる作品になるだろうなと思ってたんです。

そして副題も「The Rise Of Skywalker」でしょ。確かにスカイウォーカー家のお話だったわけですが、もうそれは『最後のジェダイ』で終わったはず。そこでまた名前を出してきちゃうところがもう保守的だと感じてました。

続いてランドの登場。そしてパルパティーンの登場。もういいでしょ、新しいの観せてよって感じ。

そんな気持ちで観に行ったので、予想通りの出来栄えに「普通」という感想を抱きました。

確かにJJも大変だったと思うんです。ディズニーサイドは作品愛というより大衆向けに売れるようにと舵とるため、監督降板劇が続いていましたし。

スター・ウォーズという作品は根強いファンが多いため、どうやって全員を納得させるかで四苦八苦したとは思います。

が! やっぱりJ.J.エイブラムス。保守派に全振りした形になりましたね。

どうやっても批判食らうんだから全部ぶっ壊して新しいスター・ウォーズ観せようぜとバッキバキに組み替えたライアン・ジョンソン監督の方が素敵だと思いますよ。

という普通と言いながらも酷評スタート。

スポンサーリンク

『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』 保守派向けに軌道修正


出典:YouTube

驚くべきことに、保守派でも本作に不満を漏らす人がいまして、その行く末に「エピソード8のせいでこうなった」と言うんですね。

つまり『最後のジェダイ』が革新的すぎて、元に戻すための軌道修正が大変で無茶苦茶になったという意見です。

確かにその通りだなと思います。だから保守派向けに軌道修正せず、ライアン・ジョンソンのぶっ壊しを引き継いで進めばよかったんですよ。

せっかくレイは普通の子であり、血は関係なく誰でもフォースを使うヒーローになり得ると『最後のジェダイ』で子供達に希望を与えたのに。

レイは実はパルパティーンの孫でしたって。やっぱ血の話かよ! で、なんでレイの両親はまともなのよ! 血の話はもう結構です。

その流れでラストの言葉も「私はレイ・スカイウォーカー」って。結局堂々とレイ・パルパティーンと本名を名乗れずじまい。これって名前や出身で差別されることは続きますよって解釈できちゃうんですよね。

血じゃなくて精神なんだって意味でスカイウォーカーを名乗ったと思うんですが、だったらパルパティーンって名乗っても精神はスカイウォーカーなんだからいいじゃないと。

せっかく真っ二つに割ったライトセイバーも直しちゃうし。

ダース・ベイダーからもシスからもジェダイからも逃れ新たな悪の道を見つけたはずのカイロ・レンも、結局マスク直しちゃって原点回帰。

フィンといい感じになっていたローズも、新三部作でのジャー・ジャー・ビンクスのような扱いで空気になってしまうし。ジャナを出してくるんかい。

前作からの修正だけでなく、本作中でも修復しちゃうんです。

C-3POはシスの古代言語を通訳する代わりにメモリーを削除されちゃうんですよね。ドロイドにも悲しい別れが…ってなったはずが、R2-D2がバックアップ取ってて元どおり。さっきの感動シーンなんだったの!?

ラストのルークとレイアのライトセイバーを埋めるシーンでも、あぁ戦いの象徴であったライトセイバーを埋めることで戦争が終わったことを伝えているんだと感じてたんですけど。

すぐレイがビュンッて自分の黄色いライトセイバー出しちゃうのね。あ、戦争を葬ったんじゃなくてルークとレイアを葬ったのねって。笑いました。

まだまだスター・ウォーズは続くよ〜って、非常に商業的な匂いがしましたね。

予告のレイがダークサイドに落ちたような描写も本編ではほんの一瞬! 絶対予告用に作ったやつでしょ。

非常に保守的で真新しさのない作品になっていましたね。

良いところもあったんですけどね。レイからライトセイバーを受け取ったベン・ソロが両腕広げてハイどうぞみたいな戯ける感じとか、アダム・ドライバー全開で笑えたんですが。

『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』で2010年代を振り返る


出典:YouTube

2010年代って、スター・ウォーズの勢いよりMCUやゲーム・オブ・スローンズの時代だったと思います。

本作はシス・ウェイファウンダーを奪い合う宇宙の旅から始まったわけですが、これって『アベンジャーズ インフィニティー・ウォー』なんですよね。

で、王座に座るビジョンであったり椅子取りゲームだったり、ボロボロになった場所で向かい合う男女だったり。これ『ゲーム・オブ・スローンズ』です。

最終的にはパルパティーンとレイの対決になるんですけど、力つきそうになりながらも立ち上がるシーンは『キャプテン・マーベル』で観たし。


パルパティーンとレイのやりとりも『アベンジャーズ エンドゲーム』のサノスとアイアンマンそのもの。

レイが「それなら私は、アイアンマンだ」って言うのかと思いましたよ。そんぐらいそっくり。どっちもディズニーだしね。

本作を観ることで2010年代のことを振り返ることができましたし、その作品をなぞるという安全策を取った保守的な映画だったなという感想です。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

全然期待していなかったので、全然落ち込んでいません。

もうレイが完全にダークサイドに落ちて終わるって感じでも良かったんですが、保守的でしたね〜。新しさ欲しかったですね。

そんな僕は『マンダロリアン』待ちなので元気です。

GANO

オビ=ワン・ケノービを出せ!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

【ネタバレ有】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はジェダイの強さを再認識する映画だ!

【ネタバレ有】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

映画『アントマン&ワスプ』 “サイズチェンジ”でスパイアクションはブーストする! 終始笑顔で観れる優しい世界

映画『アントマン&ワスプ』 "サイズチェンジ"でスパイアクションはブーストする! どうも、

記事を読む

泣いた!スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒 で泣いた場面ベスト3

泣いた!スター・ウォーズ エピソード7 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

映画『アス』 自分自身が襲ってくる! 環境が違えば自分がモンスターになっていたかもしれないという事実からは目をそらしちゃいけない

映画『アス』 自分自身が襲ってくる! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 2

記事を読む

『ブレードランナー 2049』は虚無を感じる映画。美しい映像で魅せる偽物とモブの存在。

『ブレードランナー 2049』で虚無を感じる映画 どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

映画『ブラック・クランズマン』 描かれたKKKとの戦いは現在にスライドする。ユーモアを交えて怒り爆発! Right on!!

映画『ブラック・クランズマン』 描かれたKKKとの戦いは現在にスライドする どうも、GANO(@P

記事を読む

映画『ドクター・スリープ』 前作で深く描かれなかった”シャイニング”で激しいバトル! ホラーよりもアクション映画です

『ドクター・スリープ』 前作で深く描かれなかった"シャイニング"で激しいバトル! どうも、GANO

記事を読む

映画『パラサイト 半地下の家族』 貧富の差を描く悲喜劇に笑い恐怖しつつ現実を見る。寄生しているのは何なのか?

映画『パラサイト 半地下の家族』 貧富の差を描く悲喜劇に笑い恐怖しつつ現実を見る どうも、GANO

記事を読む

『SING』はダメ人間ばっかり出てくる! 歌の力ってすごいよねで全て回収しちゃう映画

『SING』はダメ人間ばっかり出てくる! どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

映画『ボヘミアン・ラプソディ』 チャーミングであり続けることが成功の秘訣。フレディ・マーキュリーの歌が使われているよ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』 チャーミングであり続けることが成功の秘訣 どうも、GANO(@Pa

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail