映画『ロケットマン』 素晴らしい楽曲たちと演技に大興奮! 愛を求め孤独と戦い続けた天才がそこにいた

公開日: : 映画

映画『ロケットマン』 素晴らしい楽曲たちと演技に大興奮!

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

2019年8月23日に日本公開となった『ロケットマン』を観てきました!

今も第一線で歌い続けるエルトン・ジョンの伝記映画ですね。

では、まず予告編を観ていきましょう!


『ロケットマン』本予告

楽しいミュージカル映画のようです。

PG12なのでお子さんとの鑑賞は少々ご注意を。

映画『ロケットマン』はこんな人にオススメ!

どんな人が『ロケットマン』を楽しめるか考えてみました。

・エルトン・ジョンが好きな人
・家族に愛された記憶がない人
・華やかな人生に憧れがある人

こんな感じ。

エルトン・ジョン好きは必見ですね! たしかに事実と異なる部分もあるのですが、楽曲を人生とともに楽しめるのでオススメです。

さらに家族に愛された記憶がない人。幼少期に両親に愛されなく、大人になっても苦悩する人は結構多いですよね。そんな人も自分と重なる部分があって心に響くと思います。

最後に華やかな人生に憧れがある人! お金持ちで有名でって、外から見るとちょっと良さそう? その生活にも部分も注目です。

ではネタバレを含んだ感想を載せていきますね!

スポンサーリンク

『ロケットマン』はエルトン・ジョンの思い出話


出典:YouTube

レジェンドとされるミュージシャンの伝記映画として近年のヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』があります。



本作も、『ボヘミアン・ラプソディ』で最終監督を務めたデクスター・フレッチャーが監督しています。

『ボヘミアン・ラプソディ』は監督交代によりブライアン・シンガーの作風を保ちながら残りの30%ほどをフレッチャー監督が撮ったとされています。

本作はフレッチャー度100%! 『ボヘミアン・ラプソディ』よりファンタジーかつミュージカルな作品になっていますね。

『ボヘミアン・ラプソディ』でも言われていましたが、伝記映画でありつつもドキュメンタリーではないので事実と異なる部分が多くあります。

楽曲を演奏した時期や施設に入った時期、エルトン・ジョンという名前の由来とかですね。

古くからのエルトンファンはそういう部分が気になって楽しめなかったという声も聞きます。

なぜエルトン・ジョン自身が制作に参加しながらも、事実と異なる部分が多くなったのか?

それは、この映画がエルトン・ジョンの思い出話だからです。

冒頭から厚生施設での回想が始まります。この映画はすべてがエルトン本人による回想であり思い出である、嘘もつくよってことなんですよね。

回想では両親にまったく相手にされていなくても、施設内では良い子供時代だったと嘘を言っていますよね。これは映画全体のことでもあるんです。

人の記憶はビデオテープのようなものではないので、都合の良いように、または感情に操作されたように事実とはことなるように保存されています。

バーニーの歌詞とエルトンの曲があって、それが人生とシンクロして、孤独と戦い続けた天才ミュージシャンがいたんだ!

そうエルトンが語ったファンタジーなんです。

特にラスト、施設から出て行く際の『I’m Still Standing』は最高でしたね!

1983年の曲なので施設に入る前なんですけど、まだまだエルトンはやっていくぜ! って感じがぴったりでしたよね。

エルトンの思い出話として、キラキラな部分と孤独な部分、両面を楽しめる素敵な映画です。

スポンサーリンク

『ロケットマン』 まずは自分を抱きしめてあげよう


出典:YouTube

自分に無関心な両親に育てられ、愛を知らぬまま大人になり世界的に売れてしまったエルトン・ジョン。

祖母が寄り添ってくれたので大きくそれることなく音楽の道に進むことができましたが、見ていて辛い人生でしたね。

面と向かって「ハグして」と伝えても「甘えるな」と返してくる父親。大人になって有名になり、再婚した父親の元を尋ねるも愛はまったくありませんでした。

別の子供は抱きかかえるのに、レジーへの接し方は邪魔者扱いしていたあの頃のままだった父親を眺め、涙する姿に見てるこっちも泣けてきます。

母親も父親も理想の愛の形を持っていて、それが得られずにいたために子供を愛せなかったんですよね。どこかで断ち切りたい負の連鎖です。

そして心が大人になりきれないまま、才能を利用し金稼ぎの道具として扱われる日々。

エルトン・ジョンという仮面をかぶって、自分を偽ってステージに立ち続けるのはストレスが半端じゃなかったんでしょうね。

今まで関わってきた人たちが出てきて、それぞれの想いと対峙するエルトン。エヴァンゲリオンみたい。

最後は自分自身、子供のままでいるレジーの心を抱きしめてあげる、自分を許し愛してあげることで再び立ち上がります。

1人では難しかったでしょうが、エルトンにはバーニーがいたのが救いでしたね。

愛されないのは自分のせいではない、自分を責めないことが大切だと言われたような気がします。

『ロケットマン』 タロン・エガートンが抜群!


出典:YouTube

エジャトンのほうが近い発音らしいんですが、公式サイトはエガートンですし、僕もずっとエガートンって言ってきたのでここではエガートンで。

兎にも角にもタロン・エガートンが最高!

演技が抜群に良くて、青年から中年になっていくまでの苦悩の日々を見事に演じきっています。めちゃくちゃ良くて引き込まれました!!

『Saturday Night’s Alright for Fighting』に乗せて暴れるように踊る姿も、ドジャー・スタジアム公演直前での死んだような顔から一転しショーマンの顔になるシーンも、エルトン・ジョンという人物の心境を見事に表現していて堪りませんでした。

そして歌声も超良い!

『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックは口パクでした(それ自体は悪くないです)が、今回はすべてタロン・エガートン本人が歌っています。

映画『シング』でもタロン・エガートンはエルトン・ジョンの曲を歌っているんですよ。



当時からめちゃくちゃ良い声でしたが、今回はよりハードにボイス・トレーニングを行い挑んだんだそうです。

ラストの合成『I’m Still Standing』MVはまんますぎて笑いました。


タロン・エガートンが出ているってだけで観に行きたくなる、名前で呼べる俳優になった感じがします!

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

非常に楽しく観ることができました。マジでロケットになって飛んだのは最高に面白かったです!

小さい頃からエルトン・ジョンの曲を聴いて育ったので、やっぱ名曲ばかりだなと感心しましたよ。影響されまくり!

GANO

エルトン・ジョンが曲やってますよ!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

『ムーンライト』 どこまでがリアルでどこまでがフィクションなのか分からない自分に気づく映画

『ムーンライト』リアルとはなんなのか? どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

映画『トイ・ストーリー4』 幸せは生まれた瞬間には決まらない。自由意志と変化の物語。過去作を肯定しつつさらに前進!

映画『トイ・ストーリー4』 幸せは生まれた瞬間には決まらない どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

映画『マーウェン』 理想と現実の違いを受け入れ、どちらも捨てず生きていく。BTTFネタもあるよ

映画『マーウェン』 理想と現実の違いを受け入れ、どちらも捨てず生きていく どうも、GANO(@Pa

記事を読む

映画『プーと大人になった僕』 灰色になった人生に現れた真っ赤な風船。イマジナリーフレンドとしての側面とディズニー的お約束

映画『プーと大人になった僕』 灰色になった人生に現れた真っ赤な風船 どうも、GANO(@Past_

記事を読む

『ベイビー・ドライバー』は音楽好きにオススメ! カーチェイス&ガンアクションが音楽と共鳴するノリノリ映画

『ベイビー・ドライバー』は音楽好きにオススメ! どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

映画『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』 名作のスピンオフ作品は期待値が高くなりすぎる?

映画『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』 名作のスピンオフ作品は期待値が高くなりすぎる?

記事を読む

映画『レディ・プレイヤー1』 一時停止を押して確認したいほどの情報量。なぜ人はバーチャルな世界へ行きたくなるのか? 「俺はガンダムで行く」

映画『レディ・プレイヤー1』 一時停止を押して確認したいほどの情報量 どうも、GANO(@Past

記事を読む

映画『パラサイト 半地下の家族』 貧富の差を描く悲喜劇に笑い恐怖しつつ現実を見る。寄生しているのは何なのか?

映画『パラサイト 半地下の家族』 貧富の差を描く悲喜劇に笑い恐怖しつつ現実を見る どうも、GANO

記事を読む

映画『キャプテン・マーベル』 抑圧された個を解き放つヒーロー。「お前にはできない」をぶっ飛ばせ!

映画『キャプテン・マーベル』 抑圧された個を解き放つヒーロー どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

映画『ペンタゴン・ペーパーズ / 最高機密文書』 報道が仕えているのは政府ではなく国民である。真実を報じる勇気はあるか

映画『ペンタゴン・ペーパーズ / 最高機密文書』 報道が仕えているのは政府ではなく国民である どう

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail