Vol.24 適度な借用がアクセントに。サビのコード進行がオシャレでクセになる!『オドループ / フレデリック』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

オドループ/フレデリック

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

最近『フレデリック』と『オドループ』という言葉をよく目にするので、僕も早速聴いてみました。

なかなかかっこいいですね!MVも何度も見たくなるような仕上がりでGOOD!

余りグダグダ言ってもしょうがないので、この曲の大まかな解説はこちらの記事をお読みください。

フレデリックのオドループの中毒性がもうほとんど電子ドラッグの域。

 

地下室TIME好きなんだよね。

それでは、ここからは僕が感じるオドループの『中毒性』を解説します!

スポンサーリンク

歌詞について

歌詞についていいますと、ほとんど深い意味はないでしょう!

 

『踊るのって楽しいよね!踊らなきゃ損だよ!!』

 

といったような感じです。歌詞の内容に重きを置くのではなく、聴き心地の良く歯切れの良い言葉を韻を踏んだりしながら並べています。もちろん意図的に。

 

この内容よりもノリを重視するところがダンスロックと言われる要素の1つだと思います。以前のジャスティスもそうですね。

Vol.11『D.A.N.C.E./Justice』

 

この『あえて意味を持たせない』ことがコード進行と絡むことにより、曲の良さになります!

スポンサーリンク

サビのコード進行がクセになる!

なんと言ってもサビのコード進行がクセになる部分でしょう。まさしくループしてしまうコード進行、循環コード進行でございます。

fd1

基本はこの進行の繰り返しです。AメロもGをEmに変えればOK。

キーはDメジャーなのですが、4小節目のDはトニック(安定するⅠ)ではありません。これはG(Ⅳ)に進むためのD(Ⅴ)であり、Gメジャー(Dの下属調)からの借用になります。

 

『気に入らないよ』の部分ではさらにAmも追加されて、よりオシャレな借用になっています。これ好きなんだよね!

Am→D→GはDメジャーで考えるとⅤm→Ⅰ(7)→Ⅳとなり少しヘンテコに見えますが、Gメジャーに置き換えいるとⅡm→Ⅴ→Ⅰとなり「ツーファイブ進行」していることがわかります。

 

さらにこの借用ツーファイブに味付けをほどこしてあるのが、サビの最後の『とってもとっても退屈です』の部分になります。

fd2

よりスムーズに借用するために、BmとAmの間にB♭mを突っ込んでいます。ギターで弾くと手の形を変えず平行移動するだけでいいように、コード全体を半音で移動させています。

 

これを『パッシングコード(経過和音)』と言います。これがオシャレで大好き!!

循環コードの中に借用コードを使用して、知的な雰囲気を出すところにこの曲の良さがあります。

フレデリックの美味しい所

なぜオドループがこんなにもクセになるのか。そこにはやはり理由があったわけですね。

 

『意味を持たせない歌詞』+『オシャレな循環コード』

 

このギャップこそがフレデリックの魅力と言えるでしょう!!

コード進行からの作曲

サビのコード進行を使って1曲BGMを作ってみました。

こういうのはサクサクいかないとね。

フリーダウンロード、ロイヤリティフリーです!2次使用にどうぞ!!
フリーBGM素材「壊れかけおもちゃの行進」by GANO DOVA
「壊れかけおもちゃの行進」by GANO ニコに・コモンズ

最後に

今回出てきた下属調からの借用や、パッシングコードなどはいつも使ってるコード進行に変化が欲しい!というときに役立つと思います。

ダイアトニックスケールだけでの作曲に行き詰まったら、使ってみてはいかがでしょうか?

GANO

こっちのコード進行もかっこいいよ!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.112 エレクトロファンクな1曲! 『I Don’t Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak & Smaak』

I Don't Know Why feat. Mayer Hawthorne / Kraak &am

記事を読む

Vol.144 堺雅人出演、サントリーコーヒー「CRAFT BOSS」のCM曲! 『Haven’t Met You Yet / Michael Bublé』

Haven't Met You Yet / Michael Bublé どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.79 花嫁を奪って駆け落ち。それは道に迷うのか、それとも拓くのか。『Get Lost / Breakbot』

Get Lost / Breakbot どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.139 6/4の大きなノリと6/8の小さなノリが1つのコード進行を怪しく感じさせる。『King And Cross / Ásgeir』

King And Cross / Ásgeir どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.122 ディスコソングらしい繰り返すためのコード進行。『Take Your Time (Do It Right) / S.O.S. Band』

Take Your Time (Do It Right) / S.O.S. Band どうも、GA

記事を読む

Vol.61 UK Music Video Awards 2015に選ばれた。『Don’t Sing feat.Benny Sings / Data』

Don't Sing feat.Benny Sings / Data どうも、GANO(@Past

記事を読む

Vol.54 ひと夏の恋で終わっても、友達のフリをしようよ。『Little Donna / Benny Sings』

Little Donna / Benny Sings どうも、GANO(@Past_Orange)

記事を読む

ARTISTS一覧

ARTISTS一覧 どうも、GANO(@Past_Orange)です。 ANALYZEでは歌

記事を読む

Vol.113.5 ウクレレが可愛いポカリスエットのCM曲。「水色の車とウクレレ」,「こわいこわいは熱中症」&「ウクレレ(たべなきゃ)」篇

ウクレレが可愛いポカリスエットのCM曲 どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.32 たった2小節の終わらないループトラックが、薬物依存に訴えかける『Sometimes I Rhyme Slow / Nice&Smooth』

Sometimes I Rhyme Slow / Nice&Smooth どうも、GANO

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail