Vol.90 どんなに変わろうとしても、元に戻ってきてしまう。『Running / Computer Magic』

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 ANALYZE ,

Running / Computer Magic

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

変化を求めてチャレンジを繰り返し、良い方向に向かったと思ったら結局ダメになって元に戻る。新人クリエイターあるあるでしょうか?

今回紹介するのはこの曲!

Computer Magic – Running

LexusのCM曲に使われていましたね!

うぉう、かっこいい。

車のCMに使われる曲はかっこいいものが多い気がします。特に外車、国産でも海外向けの車のCMはセンスが良い印象です。

さて、歌声がこもっていてアレンジもスカスカなこの曲。

どんな曲なのでしょうか?

スポンサーリンク

Runningの歌詞について

Can you find me
In the dark
I haven’t got anywhere to go
Can we go back to the start
私を見つけて 暗闇の中で
私はどこへも行けなかったわ はじめに戻るのよ

And the clouds all
Look the same as they did before
Maybe the same day
Oh I’m not going anywhere
雲のように同じことばかり 多分いつまでも
あぁ私はどこへもいけない

実際に暗闇の中にいるというよりは、お先真っ暗な沈み込んだ精神状態を歌っていると感じます。

変化しようと試みているけれど、雲のように形が変わって流れているように見えるけど、また同じ場所に戻っている。

そんなやるせなさを感じる出だしです。

I need a reaction
Cause I don’t know if I’m here
Can you do the subtraction
All the places that I fear
リアクションしなくっちゃ
だってなぜここにいるかも知らないの
引き算をしてくれないかしら
私の恐れるものすべてを

And I’m running all the time
Can you catch me before I go
I don’t have any other ties
Can you catch me before I go
私はいつも走っている
私が行く前に捕まえられる?
私を縛るものは何もないわ
私が行く前に捕まえられるかしら

何かがあって放心状態になっていたのでしょうか、辛いことがあってぼーっとしていたのかもしれません。

走っている、変化していくからその前に捕まえていてよと言っていますね。

走っていく前に止めて欲しいんです、本当は走りたくないんですよね。変化せずにずっと同じままでいたい。矛盾しています。

変化の先に必ず嫌なことがあって、どんなに走っても元どおりになってしまうから先に捕まえていて欲しい。そんな感じ。

Are we running
Are we done
Am I going alone
Will you come
走っているの?もう終わったのかしら
一人っきりでいくのよ あなたも来るかしら

And I’m los for
Good and I don’t know why
I even came here
I’m done of all these lies
私は無くしたわ
良いものも わからないものも
ここまできたのに すべての嘘はこのためだったのに

主人公以外にもう一人いますね、その人への歌のようです。

いつの間にかまた一人ぼっちになってしまったけど、あなたに来て欲しかった。そんな言い回しですね。

様々な嘘をついて現在の状況を作ってきたのに、結局いろんなものを無くしてしまう結果になったみたいです。

非常にネガティヴですね。

Can you imagine
What it would be like if you were here
I can’t imagine
Can you imagine it my dear
想像できる?
もしあなたがここにいたらどうなるか
私にはできないわ
愛しいあなたは想像できるのかしら

最後に出ました、my dear。愛しい人ですね。これはきっと元恋人のこと。

今そばにあなたがいてくれたらどんなに幸せか、想像することすらできなくなっている状態なんですね。悲しい!

愛しい人と過ごすために自分を変えて、多くの嘘をついてきたのに、結局何も実らなかった。

走っても走っても、最後には一人ぼっちの自分に戻って来ちゃう。そんな歌詞になっています。しかもそれを悟ってちょっと前向きな印象さえ受けちゃう。

遠くでささやくような歌声と共に非常に切なさが込み上げてくる楽曲です。辛いですね〜。

スポンサーリンク

Runningのコード進行について

3つのコード進行より成り立っています。今回はA・B・Cパートと呼んでみます。

Aパート 譜面で
running1

キーエディターで
running2

Cメジャーの曲なのでⅥm7→Ⅵm7/Ⅰとなります。Am7を弾きながらベースがラ→ド→ラ→ドと動いている感じですね。

なんてただのⅠじゃなくてⅥm7/Ⅰなのかといいますと、マイナーの切なさが残ったままに聴こえるんですね。本来Ⅰのままで良いと思います。

この2コードのみの行ったり来たりをⅠにするのか、Ⅵm7/Ⅰにするのか。鳴らしたら一緒ですがⅠ6にするのか。ここにどう表現したいかが現れるところだと思います。

Ⅵm7/Ⅰの場合Ⅰの音は3度なので上に重ねない方がいいですね。Ⅰ6だったら根音なので大丈夫、同じ響きのコードでも演奏が異なります。

Bパート 譜面で
running3

キーエディターで
running4

ⅣM7→Ⅰです。結局ベースはⅠに戻って来てしまいますね。

これは歌詞との連動でして、動いているようで結局元に戻っている状態をコード進行でも表現していると思われます。

たまにAパートと同じコード進行も差し込まれますし、強進行もなく変化していってるようで同じ。AとBを組み合わせるとそんな印象です。

Cパート 譜面で
running5

キーエディターで
running6

Ⅱm7→ⅠM7です。同じⅠに戻って来ますが今度はⅠM7ですね。

ちょっとずつ変化はしているんだけど、でも戻って来てしまう。でも変化してるわよね?ダメなのかしら??

と、また繰り返してしまう。そんな物悲しさがコード進行にも表れています。

あえてメジャーの明るいコード進行を使うことで悟っているような印象を受けますね!悟っているからこそ切ない。

最後に

非常に非常に孤独で一人ぼっちな印象を受ける曲ですが、微妙な変化を続けている様を写しているので未来はあるように感じます。

元に戻ってはいるけど、少しずつ前に進んでいるような。頑張れ!って応援したくなっちゃいますね。

GANO

物悲しさがたまらない

Vol.81 愛しているからこそ、今言わなければいけない。『Something About Us / Daft Punk』
Something About Us / Daft Punk どうも、GANO(@Past_Orange)です。 愛の告白というものは常に幸せな気分になるとは限りません。 大切な人と別れのとき、愛の言葉が別…

仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •    

関連記事

Vol.110 iPhone iPad向けOS iOS 10のCM曲がカッコ良い!『Hey Hi Hello / Hollywood Wildlife feat.Fran Hall』

Hey Hi Hello / Hollywood Wildlife feat.Fran Hall

記事を読む

Vol.93 覚えていないのかい?この深い深い愛を。 『Do You Remember Love / Frank McComb』

Do You Remember Love / Frank McComb どうも、GANO(@Pas

記事を読む

Vol.50 ディスコを今風ポップにアレンジ!『Wrapped Up feat. Travie McCoy / Olly Murs』

Wrapped Up / Olly Murs どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.25 動かないベース音は心の底でくすぶっている強い想い!『Shout / Tears For Fears』

Shout/Tears For Fears どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.20 AORのような美しいコード進行と転調と借用と完全音程と。『再見! / がんばれゴエモン』

再見! / がんばれゴエモン どうもGANO(@Past_Orange)です。 ゲーム音楽と

記事を読む

Vol.111 悲しい過去と明るい未来の間にある前向きな感情。『ファビュラス / ビッケブランカ』

ファビュラス / ビッケブランカ どうも、GANO(@Past_Orange)です。 悲しい

記事を読む

Vol.86 僕らは若くて、何も知らないままなのか。『The Motorcycle Boy Reigns / Broken Records』

The Motorcycle Boy Reigns / Broken Records どうも、GA

記事を読む

Vol.44 私たちは最高の愛を手に入れたのよ!『Best Of My Love / The Emotions』

Best Of My Love / The Emotions どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

Vol.66 直球すぎて恥ずかしくなるラブソング。『I Like It / DeBarge』

I Like It / DeBarge どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.150 あなたが考えたときにはすでに実現してる! 『You Are The Universe / The Brand New Heavies』

You Are The Universe / The Brand New Heavies どうも、

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail
PAGE TOP ↑