Vol.132 DiscoからWest Coast Hip Hopの流れをオマージュした1曲。『24K Magic / Bruno Mars』

公開日: : 最終更新日:2018/07/23 ANALYZE ,

24K Magic / Bruno Mars

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

24カラット=純金。字面見ただけでお金がなくなりそうです。

お金に目がくらむと言いますが、目どころか理性を失うほどの大金を見せられたら人はどうなっちゃうのでしょう?

今回紹介するのはこの曲!


Bruno Mars – 24K Magic

Bruno Marsの2016年の新作アルバムから先行配信されていた楽曲です。

2016年らしからぬDiscoな楽曲ですね! そしてディスコからの流れでHip Hopな Bruno Marsはいつも古い楽曲をオマージュしている印象。憧れがあるんですね。わかります!

今回の24K MagicはMr. TalkBoxのイントロからZapp感満載です。


Zapp & Roger – California Love

Uptown Funkに引き続き古くさ〜って感じですが、ディスコリバイバルな流れを意識しているのは間違いありませんね。

では、歌詞とコード進行を勉強していきましょう!

スポンサーリンク

24K Magicの歌詞について

歌詞の一部を引用してみていきましょう。

Tonight
I just want to take you higher
Throw your hands up in the sky
Let’s set this party off right

今夜、君をハイにさせたいで始まる歌詞なので、すでに危ない感じがプンプンしてますね。

両手を上げてパーティー開始! チャラチャラしています。もうこれがこの曲のすべてな気がしますね!

Players, put yo’ pinky rings up to the moon
Girls, what y’all trying to do?
Twenty four karat magic in the air
Head to toe soul player

ピンキーリングは小指につける指輪ですね。24カラットとは純金のこと。指輪やら金やら遊び人やら、ギラギラしてますね。

金にまみれて遊びまくろうぜ! そんなコーラスです。危ない男の歌だ、ディスコソングで古くからあるやつですね!

全体を通してこんな感じの歌詞です! 特に読み解いていくと深みが出たり、とかはしません。

やはり80年代のオマージュ的な内容となっています。危ないってわかっていても理性もぶっ飛ぶほどのお金を見せられるとダメなんですね〜。恐ろしい!

歌詞を書く際の参考にしてくださいね。

続いて、コード進行との関わりです。

スポンサーリンク

24K Magicのコード進行について

ではコード進行を見ていきましょう。

ここではイントロ・コーラス・ヴァース・ブリッジとして考えていきます。

イントロ

イントロ1 譜面で
24kmagic1

キーエディターで
24kmagic2

24K MagicのキーはFマイナーになります。

Fm7→Cm7→Am♭5なのでⅠm7→Ⅴm7→#Ⅲm♭5です。

安定のトニックから始まるコード進行です。

Cm7→Am♭5で構成音がシ♭→ラと下降してきますね。この次はさらに半音下降させるのが好ましいです。

m♭5の響きは不安定で、コードとコードの間につなぎとして入れることが多いので、なにかの予兆として使うと良いです。

イントロ2 譜面で
24kmagic3

キーエディターで
24kmagic4

A♭m6→G7sus4→A♭aug/CなのでⅢm6→Ⅱ7sus4→Ⅲaug/Ⅴです。

A♭m6はFm7/A♭と同じ構成音なので安定感がありますね。ベースをFに持ってきてしまうと安定しすぎるため、A♭をベースにしていると考えられます。

そしてG7sus4→A♭aug/C、これはベースラインだけ見るとトゥーファイブになっていますね。

トニックに向かうベースラインに、ファ→ミという半音の流れを作ってFm7へ戻ろうとするコード進行となっています。

不安定で怪しいコード進行ですね!

余談、A♭aug/CはCaugと同じ構成音です。ではなぜA♭aug/Cとわざわざ分数コードにするのでしょう?

Caugの構成音はド・ミ・ソ#です。しかし楽曲はFマイナーキー、フラット系に属します。ソが半音上がっているのではなく、ラが半音下がっていると考えます。

すると構成音はド・ミ・ラ♭、ミについた♭がナチュラルになる、こうなるとA♭augですよね。

でもベースはドなので、A♭aug/Cと表記しています。

シャープを付け足すのではなく、フラットを打ち消す方が適切だと考えました。実際にはA♭aug/CとCaugは同じ構成音です。

ただ実際には曲の流れ次第だと思います。今回はコードを繋げる際にこれが適切だと感じただけなので、他の場合はCaugの方が適切かもしれません。

イントロ3 譜面で
24kmagic5

キーエディターで
24kmagic6

Fm7→Cm7なのでⅠm7→Ⅴm7です。

イントロ1で使われていたコード進行のパッシングコードを抜いたものです。

マイナーコードが2つ並ぶだけ、強烈な進行感もなければ不安定な印象も受けません。

スカしているような印象です。

コーラス

コーラス1 譜面で
24kmagic7

キーエディターで
24kmagic8

Fm7→B♭m7なのでⅠm7→Ⅳm7です。

トニックから始まり強進行するコード進行です。

繰り返す際もサブドミナントからのトニックなので強烈な進行感を与えず繰り返します。

マイナーコードのみなので変化も少なく感じますね。

Fool To Love / Nao も同じコード進行を使っています。

コーラス2 譜面で
24kmagic9

キーエディターで
24kmagic10

Fm7→B♭m7→D♭M7→A♭aug/CなのでⅠm7→Ⅳm7→ⅥM7→Ⅲaug/Ⅴです。

前半部分はコーラス1と同じ、後半は頭に戻るための進行だと言えます。

D♭M7→A♭aug/Cで構成音がレ♭→ドとファ→ミと半音で下降しています。

繊細なコード進行だと感じますね!

ヴァース

譜面で
24kmagic11

キーエディターで
24kmagic12

D♭M7→Fm7なのでⅥM7→Ⅰm7です。

D♭M7とFm7では構成音がほとんど一緒なため、あまり変化を感じませんね。

安定感を保ちつつ、飽きないようにベースを動かしているようなコード進行です。

ブリッジ

譜面で
24kmagic13

キーエディターで
24kmagic14

Cm7→B♭m7なのでⅤm7→Ⅳm7です。

ドミナントからサブドミナントに戻っているので、そのままサブドミナントを持続すると不完全燃焼な印象を受けますね。

不快ではないけど、なにか物足りない。動いて欲しい、そんな風に感じさせることができるコード進行です。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

もう古臭すぎ、もっと音圧がなくて音質も悪ければ80年代にリリースした曲と言われても気がつかないかも。

いつでも楽しませてくれるBruno Mars、最高です。

GANO

こっちは70年代!



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

Vol.31 怒りながら「大好きよ!」って言っているところが女心の難しいところ。男はいつも翻弄される『Man In The Middle / Roos Jonker』

Man In The Middle/Roos Jonker どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

Vol.37 無理に明るくして誤魔化してる、本当の気持ちをはっきり言えない『Tongue Tied / Grouplove』

Tongue Tied / Grouplove どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.76 夢を追いかけたい、だから君とはいられない。『Pots Of Gold / Mamas Gun』

Pots Of Gold / Mamas Gun どうも、GANO(@Past_Orange)です

記事を読む

Vol.131 近親調から”トゥーファイブワン”を借用して終止感を薄めるディスコサウンド。『Back Seat Lover / Mayer Hawthorne』

Back Seat Lover / Mayer Hawthorne どうも、GANO(@Past_

記事を読む

Vol.154 浮遊感の強いノルウェーのひんやりディスコポップ。『Fight or Flight or Dance All Night / Kommode』

Fight or Flight or Dance All Night / Kommode どうも、

記事を読む

Vol.128 NON STYLE石田とトレンディエンジェルたかしがTuxedoのようなディスコソングを歌う! 『I’m PREMIUM / NON ANGEL』

I’m PREMIUM / NON ANGEL どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.91 流行とか世代じゃなくて、君と話すのが好きなんだ。『Young Folks / Peter, Bjorn & John』

Young Folks / Peter, Bjorn & John どうも、GANO(@P

記事を読む

Vol.14 短3度上のキーから和音を借用し、スムーズに元のキーに戻るコード進行。『Let Me In / Benny Sings』

Let Me In / Benny Sings どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.5 Earth, Wind & Fire や Michael Jacksonへのリスペクトを感じるディスコソング。『Treasure / Bruno Mars』

Treasure / Bruno Mars どうも、GANO(@Past_Orange)です。

記事を読む

Vol.6 ネチネチとした感情をコード進行でも表現した楽曲。『Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra』

Somebody That I Used To Know / Gotye feat. Kimbra

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail