2018年7月に観た映画! 『デッドプール』 『トランスフォーマー』 『ルーシー』 『レイダース / 失われたアーク』 『ハドソン川の奇跡』 『ガーディアン・オブ・ギャラクシー:リミックス』 『宇宙戦争』 『スパイダーマン ホームカミング』 『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

公開日: : 映画

2018年7月に観た映画!

どうも、GANO(@Past_Orange)です。

7月は家で9本でした。

デッドプール

マーベル系にハマったので、新作もやってましたし1作目見ちゃいました。

下ネタ多いし残虐だしとR15なのはわかってましたが、結構笑いました。

『X-MEN』系のネタや『グリーン・ランタン』ネタを入れていたり、知らないとよくわからない部分が多いですね。

なかなか面白かったです。

トランスフォーマー

マイケル・ベイ監督作品! 言いたくなる映画監督名ランク1位ことマイケル・ベイ。

やっぱ変形っていいよね、無駄にガシャガシャしててCGの無駄遣い〜って思うんだけどニヤニヤしてしまう。

かっこいい車とロボットとアクションと! 子供なので大喜びです。

ルーシー

リュック・ベッソン監督作品。

スカーレット・ヨハンソンの美しさを堪能する映画ですね。

あとリュック・ベッソンの好きなもの詰め込んだれ精神はほんと好き。僕はね、好きだよリュック・ベッソン。

ルーシーがアベンジャーズにいればな〜、いるけど。ナターシャも強いんでいいですけども。

関係ないですが、最近リュック・ベッソン監督作品のTVCMで僕の曲使われて嬉しかったです。

スポンサーリンク

レイダース / 失われたアーク

何度観ても興奮しますね、インディ!

序盤で顔が写らずシルエットのみで期待値を上げる感じ、この演出最高です。こういうのを『ハン・ソロ』でやってほしかった。

こんなかっこいいのに笑いどころ満載なのが遊び心あって好きなんですよね。

ハドソン川の奇跡

いつもそうなんですけど、クリント・イーストウッド監督作品には泣かされます。

データだけが全てじゃない、データも生身の人間の判断もどっちも大切。

40年積み重ねてきたことがたった数分でダメになるかもしれない部分とか、試行錯誤して努力してきたからと言って報われるわけじゃないとか。

人は間違うし、機械を操るのも人間なんだから間違いがある。

クリエイターなだけに自分に置き換えちゃって、泣いてしまいました。監督に「いいんだよ、それで」って言ってもらえたような。

ガーディアン・オブ・ギャラクシー:リミックス

前作よりも面白いですね。前作よりもアクションがいいし映像も素晴らしい。

そして、今回は生みの親と育ての親はどちらが本当の親なのか話。

ヨンドゥが、、、ヨンドゥの戦闘シーンがもう観られないってすごい悲しい。

急に子供スターロードに戦闘を教える回想入るから泣いてしまった。あぁヨンドゥ。

スポンサーリンク

宇宙戦争

『マイノリティ・リポート』や『A.I.』っぽい映像だったり『ジュラシックパーク』っぽいシーンだったり、あぁスピルバーグ作品だなと。

不器用でダメダメな父親が、子供たちと向き合い苦しむ姿も愛らしい。

自分自身だって子供たちと同じように怖くて逃げ出したいのに、守る立場でい続けようとする姿勢が徐々に強くなっていく様は胸が熱くなります。

スパイダーマン ホームカミング

とうとう『インフィニティ・ウォー』を観るために続けてきたMCU鑑賞もラストに。

トニーとピーターの絡みをもっと観たかったなと思いましたが、なによりマイケル・キートンがカッコ良いんでOK!

ヴィランにもそれなりの苦しさがあるのがいいですよね、恨みを持ってしまう気持ちもわかる。

マイケル・キートン、いつも空飛んでるね。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

新作『フォールアウト』が公開されるので事前チェックです。

公開当初劇場に直行しましたが、家で観ても面白いですね。

ベンジーがヒロインなのが良い。イルサはヒロインでなくライバルというポジションで、女性は守られるものというテンプレをひっくり返してくれました。

ここから『フォールアウト』に繋がるんですけど、もうよかったわ〜。

↓GANOが作った作曲ツールです!↓
thumbnail

最後に

振り返ると7月に劇場行ってなかったんですね!

8月もいっぱい観れるといいな。

GANO

先月はこちら



仕事依頼thumbnail

スポンサーリンク

関連記事

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』 MIBシリーズは俳優に頼りすぎた? きっとニューラライザーで記憶を消されたのだ

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』 MIBシリーズは俳優に頼りすぎた? どうも、GA

記事を読む

映画『パラサイト 半地下の家族』 貧富の差を描く悲喜劇に笑い恐怖しつつ現実を見る。寄生しているのは何なのか?

映画『パラサイト 半地下の家族』 貧富の差を描く悲喜劇に笑い恐怖しつつ現実を見る どうも、GANO

記事を読む

映画『トイ・ストーリー4』 幸せは生まれた瞬間には決まらない。自由意志と変化の物語。過去作を肯定しつつさらに前進!

映画『トイ・ストーリー4』 幸せは生まれた瞬間には決まらない どうも、GANO(@Past_Ora

記事を読む

2017年9月に観た映画! 暗号解読して戦場で逃げてベアクロー出してタキシードきめてバイクで走ってクモを食べました。

2017年9月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 9月は劇場1

記事を読む

映画『ゲティ家の身代金』 増えるほどに人を孤独にしていく金。群がるハエは私たち?

映画『ゲティ家の身代金』 増えるほどに人を孤独にしていく金 どうも、GANO(@Past_Oran

記事を読む

映画『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』 名作のスピンオフ作品は期待値が高くなりすぎる?

映画『ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー』 名作のスピンオフ作品は期待値が高くなりすぎる?

記事を読む

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は原作知らなくてもOK! サイバーパンクな映像とアクションを楽しむ映画

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は原作知らなくてもOK! どうも、GANO(@Past_Orange

記事を読む

映画『ペンタゴン・ペーパーズ / 最高機密文書』 報道が仕えているのは政府ではなく国民である。真実を報じる勇気はあるか

映画『ペンタゴン・ペーパーズ / 最高機密文書』 報道が仕えているのは政府ではなく国民である どう

記事を読む

映画『ボヘミアン・ラプソディ』 チャーミングであり続けることが成功の秘訣。フレディ・マーキュリーの歌が使われているよ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』 チャーミングであり続けることが成功の秘訣 どうも、GANO(@Pa

記事を読む

2018年3月に観た映画! 『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』『リメンバー・ミー』『ペンタゴン・ペーパーズ』『のび太の南極カチコチ大冒険』

2018年3月に観た映画! どうも、GANO(@Past_Orange)です。 3月は劇場

記事を読む

  • gano1
    作詞曲家・DTMer・WEBライター。DTMを中心に歌モノ・BGMを制作しています。シティポップ系やブレイクビーツなどを好んでます。
    詳しくはこちら
  • 仕事依頼
    thumbnail